原付2種スクーターブームの火付け役「アドレス」シリーズの最新モデル登場

アドレス125フロントビュー

アドレス125フロントビュー



バイク全体の販売台数の中で一番大きな割合を占めるのは50ccのスクーターです。しかし近年50ccスクーターの販売台数は減少の一途を辿っています。

その反面徐々に販売台数を伸ばしているのが50cc~125ccの原付2種クラスです。ブームの火付け役はスズキのアドレスV100。原付並みの大きさに元気の良いフットワークで大人気となりブームを牽引しました。

アドレスV125

アドレスV125



環境規制の影響からアドレスV100はカタログ落ちし、後継機としてアドレスV125がリリースされ、こちらも大ヒットとなりました。

のちにヤマハ・シグナスXやホンダ・PCXといったライバル車両が登場し、ライバルがモデルチェンジを繰り返す中でアドレスV125もアドレスV125Sという後継機を発表。

アドレスV125S

アドレスV125S



しかし後継機のはずのアドレスV125SとアドレスV125は併売を続け、ついに2017年にはどちらも新しい環境規制をクリアできず生産終了が発表されました。

新しいアドレスシリーズが待望される中で発表されたのがアドレス125です。旧モデルと違い「V」が入っていないアドレス125。このモデルはアドレスV125の後継機としてリリースされたのか?

アドレスV125を所有するガイドが実際にアドレス125に試乗して確認してみました。

まずはアドレス125の装備をチェック

タイヤサイズは90/90-12undefinedインチ数は大きくなったが幅は変わらなかった

タイヤサイズは90/90-12 インチ数は大きくなったが幅は変わらなかった



アドレス125は車体が大きくなりましたがタイヤのサイズも変更されています。アドレスV125は前後共に10インチを採用していますが、フロントに12インチを採用。リアは10インチという組み合わせになりました。

後ろから見るとボリュームが出ているのがわかる

後ろから見るとボリュームが出ているのがわかる



フロント、リア共にボリュームが出て車体は大きくなりましたので車両重量もアドレスV125と比べると11kgも重くなっています。

スズキ渾身のSEPエンジン

スズキ渾身のSEPエンジン



エンジンは燃焼効率を上げてフリクションロスを低減することで低燃費を実現したSEPエンジンを採用。しかしスペック上は9.4PS/7000rpmと控えめなスペック。ただしカタログスペック上では燃費性能は向上しています。

Mサイズのヘルメットがギリギリ納まった

Mサイズのヘルメットがギリギリ納まった


シート下トランクのサイズ容量は公表されていませんが、ジェットヘルメットが一個ギリギリ入るぐらいの容量です。普段使っているSHOEIのJ FORCE4のMサイズはギリギリはいりました。

フルフェイスヘルメットの収納は難しいかもしれませんが、ヘルメットホルダーが左右に二個ついています。雨天時に使うのは微妙ですがシート下に入らないときはヘルメットホルダーを使えばよさそうです。

アドレス125undefinedリアキャリア

アドレス125 リアキャリア


アドレス125には荷物の積載やリアボックスの装着に便利なリアキャリアが標準装備ですが、アドレスV125と比べて大柄に変更されておりタンデム時にグラブバーとして使うこともできます。

左右にペットボトルが1本ずつ入る

左右にペットボトルが1本ずつ入る



ハンドル下には600mlのペットボトルを左右一本納めることができるインナーラックが左右に装備しており、1.5kgまで使うことが出来るコンビニフックもついています。

メーターはシンプルにアナログ表示のスピードメーターや燃料計がついたシンプルなものが採用されていますが、アドレスV125Sには採用されていたデジタル時計がなくなったのは非常に残念です。

街中の足として使うには便利な装備が一通り採用されていますが走行性能はどうか?いつも通り都内の通勤に使ってみました。

低燃費エンジンらしいフラットな加速感


アドレス125undefinedサイドビュー

アドレス125 サイドビュー



ホンダのeSPやヤマハのブルーコアなどエネルギーのロスを低減したエンジンに共通して言えるのは加速感が極めてフラットであること。どのスピード域からでもストレス無くスムーズに加速するということです。アドレス125に搭載されているSEPエンジンもやはり同じ特性をもっています。

私が所有しているアドレスV125の初期型は軽量な車体とスタートダッシュの早さがセールスポイントでユーザーからは通勤快速というニックネームを与えられていました。

しかし反面60km/h以上の速度域では加速が鈍くなる特徴がありました。アドレス125は初速のダッシュ力こそないものの、中高速域の加速では軍配があがりそうです。

サイズはスペック上の数字で見ても全長、全幅、全高の全ての項目で大きくなっておりホイールベースも長くなりました。

フロントに12インチホイールを採用したこともあり直進時の安定性や旋回性能は向上しています。

ブレーキディスクが少し大径化した

ブレーキディスクが少し大径化した



ブレーキは相変らずフロントにシングルディスクブレーキですが、ホイールの12インチ化に伴いディスクが大径化され制動能力が向上されました。

燃費はスペック上、定地燃費は同じですが、より実走行に近いWMTCモードでは大幅に向上しています。ガソリンタンク容量は変わっていませんが、明らかに連続航行距離は伸びた印象です。

今回の試乗では正確な燃費は計測できませんでしたが、アドレスV125でガソリンの残量が1/3ぐらいになる走行距離でアドレス125は1/2残っていました。

この価格でこの性能なら大いにあり!

アドレス125リアビュー

アドレス125リアビュー



個人的な話ですが、私がアドレスV125に求めたのは原付と殆ど変わらない車格が生み出す小回りのしやすさや街中での使い勝手の良さです。

低燃費化されフラットな加速をするのでアクセルワークは楽になり、ブレーキの制動力が上がり、直進や旋回の安定感も増しました。

しかしそれらを犠牲にしても小型にすることにこだわって欲しかったのも事実です。恐らくスズキもアドレスV125ファンの心情を汲み取り、あえて「V」をつけなかったのではないかと思います。

ただし販売価格を確認すると22万1400円(税込み)。アドレスV125は24万3000円(税込み)でしたしアドレスV125Sは26万8920円(税込み)でしたから価格はかなり抑えてきた印象です。この価格でこの性能はかなりお買い得だと思います。

スズキは過去に新車のアドレスV125を成約するともれなくリアボックスがついてくるキャンペーンを実施したことがあります。このキャンペーン以来、町でリアボックスをつけて走っているアドレスV125を見る機会が増えました。

このキャンペーンでリアボックスの利便性に気がついたユーザーもかなり多いはずです。

現在は2018年3月31日まで新車のアドレス125を成約するとバッグがもらえるキャンペーンを実施していますが、個人的にはリアボックスがもらえるキャンペーンを実施してほしいところです。


■アドレス125関連リンク

アドレス125のエンジン音やマフラー音はこちら
スズキ アドレスV125SSの試乗インプレッションはこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。