メルカリの新サービス!即時買取の「メルカリNOW」

即買取してくれるメルカリNOWが便利!

即買取してくれるメルカリNOWが便利!

古着を処分したいときに、捨てるよりメルカリに出品をして少しでもお金に換えたい……と思っても「忙しいから時間がない」「出品手続きや、購入者とのやり取りが面倒」という理由で利用を断念した経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを払拭する、不用品を登録しただけですぐに売ることができる“即時買取”サービス「メルカリNOW」が2017年11月27日からスタートしました。

メルカリNOWとは

メルカリNOW」はフリマアプリ「メルカリ」内で開始する即時買い取りサービスです。手元にある商品のブランドと状態を選択し、スマートフォンのカメラで撮影するだけで、すぐに査定金額が提示され、金額に了承した場合にはその場でお金(売上金)を手に入れることができます。お金に換えた商品は、2週間以内に自宅まで集荷が来ます。

メルカリNOWでの出品の流れと仕組み

メルカリNOWの出品からの流れと仕組みを紹介します。

「NOW」のタブ

「NOW」のタブ


メルカリNOWは、メルカリアプリのホーム画面にあるカテゴリータブに増えた「NOW」から利用することができます。
メルカリNOWの仕組み

メルカリNOWの仕組み


  1. 商品のブランド・カテゴリ・状態を選択して写真を撮り、査定金額を確認

    出品物の状態は「新品」「美品(一回以上使用したことがある)」「使用感あり」から選択します。出品の際にスマートフォンのカメラで商品を撮影し、写真の登録を求められます。この際、カメラロール内にある写真は登録できないようになっており、手元にある商品のみ出品が可能です。

    価格は1日に出品数が100万件を超えるというメルカリの取引データを利用して査定されます。
     
  2. メルカリグループ会社が商品を買い取り、出品者のアカウントに売上金を支払う

    取引を了承すると、アカウントの「売上金」に入金されてメルカリ内ですぐに利用できすることができます。もちろん、振り込み申請をして現金化することも可能です。

  3. 2週間以内に集荷依頼を受け、出品者の自宅へ集荷

    依頼日に不在など、2週間以内に集荷ができない場合は、買取がキャンセルされて売上金が没収されます。またメルカリの評価にフィードバックされてしまうので注意しましょう。

  4. 買い取った商品を、メルカリグループ会社が「メルカリ」上で販売


メルカリNOWを利用する際には、古物営業法に基づき本人確認書類(免許証、健康保険、住民票、パスポート等)のアップロードが初回のみ必要です。本人確認書類記載の住所に限り商品の集荷が可能となります。また、売上金の振り込み時には本人名義の銀行口座の登録が必須になります。未成年は利用ができません。

メルカリNOWでは24時間体制で違反商品の監視や削除、問い合わせ対応が行われています。また、1日のメルカリNOW全体での買取上限金額は1000万円と決まっていて、そこに到達するとその日の買い取りは終了し、翌日10時に査定が再開される仕組みになっています。

メルカリNOWに出品できる商品

メルカリNOWに出品できるものは限られる

メルカリNOWに出品できるものは限られる

買い取り商品の商品カテゴリは、サービス開始時点ではレディース・メンズの服飾品に限定されています。しかも、ユニクロなどのファストファッション系はまだ登録がありません。

出品物の状態は、「新品」「美品(一回以上使用したことがある)」「使用感あり」の3パターンから選ぶことができますがシミや汚れがある場合は出品ができません。もし買取が成立し集荷された後に状態が粗悪だと判断された場合、ケースによっては取引がキャンセルされ、売上金が没収されてしまいます。また、その場合は返品の措置が無いようなので出品時の登録には注意が必要です。

もし出品物が偽造品または盗難品だと判明した際には、売上金が没収されるとともに「メルカリ」のアカウント利用に制限がかけられたり、警察へ通報される場合もあります。

試しに、新品での購入金額が4~5万円ほどだったadidas(アディダス)のスニーカーを、一度のみの使用のため「美品」として出品してみると、1万2000円と査定されました。

メルカリNOWはこんな人におすすめ!メルカリとの使い分けは

少しでも高く売りたいならメルカリで

少しでも高く売りたいならメルカリで

「すぐに売れるなら、メルカリNOWで売った方が良いじゃん!」と思うかもしれませんが、メルカリNOWにもメリット・デメリットがあります。

メルカリNOWでの査定金額は、メルカリに出品した場合の相場よりも低い額になるようです。そのため「少しでも高く売りたい」と考えている人は、メルカリでの出品の方が良いでしょう。また、メルカリNOWは買取の上限金額が2万円となっているので、それよりも高値が付きそうな商品は、やはりメルカリなど他の買取先を選んだ方が良さそうです。

逆に、「安くてもいいから楽に売りたい」という人はメルカリNOWがおすすめ。大掃除や衣替えなどでブランドものの不用品がでたときに「捨てるのはもったいないし、手間をかけずにお金に換えたい」というときにはぴったりです。

また、メルカリNOWでは、アイテムの汚れやシミなど状態によっては出品できないのもネック。メルカリでは「シミがありますが鞄の底なので気になりません」など、状態を細かく説明したうえで買い手を探すことができるので、アイテムの状態によっても使い分けができそうです。



出品できる商品カテゴリは今後拡大予定。一日の買取上限額も、ニーズにあわせて調整するなど、これからのサービスの成長にも期待できそうです。TwitterなどのSNSでは「早速使ってみた!」の投稿が増えており、「査定額が低い」という反応が多く見られますが、あなたの売りたいアイテムは果たしていくら……? 一度試してみてください!

メルカリNOW公式サイト

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。