LINEの年齢認証とは

LINEは18歳以上と18歳未満で使える機能が異なる

LINEは18歳以上と18歳未満で使える機能が異なる

年齢認証は、新たにLINEアカウントを作成したり、機種変更などでアカウントを引き継いだりする際に行います。

年齢認証とは、いわば18歳以上であることの「証明」です。18歳未満のLINEユーザー、または18歳以上であっても、「年齢認証」を行っていない場合は、LINE ID・電話番号での「友だち検索」、及び「友だち追加」ができません。

18歳以上のユーザーで、LINE ID・電話番号検索機能を使って友だち追加したい場合は、まずは「年齢認証」を行いましょう。

年齢認証する方法

年齢認証を行わず、未設定のままだった場合、LINE IDまたは電話番号で友だち検索をしようとすると、年齢認証を求めるメッセージが表示されます。

メッセージ内で「年齢認証する」をタップすると、契約キャリアでの年齢認証画面に進みます。
LINEの年齢認証画面

LINEの年齢認証画面


また、個人情報の設定画面から、「年齢認証結果」を選択して、年齢認証をすることもできます。
設定画面 → 個人情報:年齢確認(※端末により、表記方法が異なる)→ 年齢認証結果 → 年齢確認 を順にタップして、年齢認証を行う

設定画面 → 個人情報:年齢確認(※端末により、表記方法が異なる)→ 年齢認証結果 → 年齢確認 を順にタップして、年齢認証を行う


 

年齢認証されてないとできないこと

年齢認証が行われていない場合、LINE ID・電話番号による友だち検索、及び友だち追加ができません。

年齢認証が行われていても、18歳未満のLINEユーザーはLINE ID・電話番号による友だち検索ができません。また、LINE ID設定をすることもできなくなっています。

なお、相手側が年齢認証及びLINE ID設定をしていない場合、ID検索機能は使えません。また、相手が年齢認証とLINE IDを設定済みであっても、プロフィール設定で「IDによる友だち追加を許可」していない場合、ID検索機能は使えません。

18歳以上であっても、「年齢認証」ができない条件がある

年齢認証は、docomo、auなどの大手携帯キャリアのサービスを使って行われますが、楽天モバイルなどのMVNO・格安SIMでは、現時点では年齢認証ができません。

ただし、例外として、「LINEモバイル」では年齢認証が可能で、18歳以上であればLINE ID・電話番号検索機能を使用して、友だち追加をすることができます。
「LINEモバイル」は年齢認証・ID検索機能に対応 (LINEモバイル公式ページよりundefinedhttps://mobile.line.me/service/line/)

「LINEモバイル」は年齢認証・ID検索機能に対応 (LINEモバイル公式ページより


LINEモバイル以外のMVNO・格安SIMユーザーが友だち追加をする場合は、「ふるふる」や「QRコード」といった方法を利用しましょう。また、PC版LINEであれば、ID検索が可能です。

また、iPhoneなどの端末をインターネット上で購入した場合も年齢認証ができないため、該当する携帯電話会社のショップで使用者登録をしてから行うようにしましょう。

MVNO・格安SIMユーザーが「年齢認証」を回避する方法は?

MVNO・格安SIMを利用している18歳以上のユーザーは、LINEで年齢認証ができません。これを回避する方法として、年齢認証ができる「LINEモバイル」を契約する、別の大手キャリア端末のSIMカードを使用して年齢確認を行う、といった方法があります。しかし、SIMカードの差し替えは裏技的な方法であり、うまくいかない場合もあるようなので、あまりおすすめできません。

MVNO・格安SIMユーザーにとって、LINEの年齢認証ができないのは少し不便ですが、利用者も増え、利便性が求められているため、将来的にできるようになる可能性も考えられます。それまでは「ふるふる」や「QRコード」といった方法でLINEの友だち追加をするようにしましょう。

【関連記事】



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。