ワイドパンツで着ぶくれしない アウターで好バランス

ワイドパンツコーデ術

アウターとのバランスが大事!ワイドパンツコーディネート術


ゆるやかなシルエットのワイドパンツはフェミニンでのどかな雰囲気を醸し出してくれます。そんなワイドパンツは冬も重宝すること請け合い。でも、春夏と違って気をつけたいのがアウターとのバランスです。ボリューム感のあるボトムスだからこそ、全体がかさばって見えないように意識して。アウターを生かしつつ、着ぶくれをブロックするコーディネート術を素材やシルエットなどタイプ別にマスターしましょう。

異素材ミックスで軽やかに見せる


白パンツで冬コーデをさわやかにundefined(c)Rie Miyata

白パンツで冬コーデをさわやかに (c)Rie Miyata

デニムでヌケ感ある大人カジュアルundefined(c)Rie Miyata

デニムでヌケ感ある大人カジュアル (c)Rie Miyata


ワイドパンツの色や素材を、アウターとずらすことによって、着姿にメリハリを出せます。冬場にありがちなのは、寒いからといって上から下まで厚手素材で覆ってしまうこと。着ぶくれ状態で、だぼついて見えやすくなります。

そこで、あえて白のコットンパンツやインディゴブルーのジーンズなど、春夏をイメージするような素材のボトムスを選べば、冬アウターとの違いが際立って、かさばり感を抑え込み、軽やかな着姿に見えます。パンツのお供はタイツやブーツで防寒対策をお忘れなく。レースやチュールなどのスカートにも同様の効果が得られるのでお試しあれ。

ファーと掛け合わせてボリュームダウン


首巻きスカーフと肩掛けファーストールで視線アップundefined(c)Rie Miyata

首巻きスカーフと肩掛けファーストールで視線アップ (c)Rie Miyata

冬の装いを格上げしてくれるホワイトコーデundefined(c)Rie Miyata

冬の装いを格上げしてくれるホワイトコーデ 
(c)Rie Miyata


量感の豊かなワイドパンツに、さらにボリュームが印象的なファー物を重ねるという上乗せの発想がもたつかない着こなしに導いてくれます。二の腕の高さにファーストールを巻いたのは、視線を引き上げる絶妙のアイデア。ファー部分に立体感が出るので、ワイドパンツの流れ落ちるシルエットが際立ち、スラリとして見えます。

ワイドパンツにはショート丈のアウターを合わせがちですが、着丈が長めの白いファーのコートを羽織ったのは、ニューヨークの老舗百貨店「バーグドルフ・グッドマン」の名物バイヤー、リンダ・ファーゴさん。ボリュームのあるコートを羽織ることでワイドパンツのボリュームが抑えられました。目の錯覚を生かして、すっきりと見せるテクニックは参考になります。

コート前開けで「Aライン」を意識

コート前開けにワイドパンツが好バランスundefined(c)Rie Miyata

コート前開けにワイドパンツが好バランス 
(c)Rie Miyata

赤のワンドパンツに黒レザーが映えるundefined(c)Rie Miyata

赤のワンドパンツに黒レザーが映える (c)Rie Miyata


全体が膨らんで見えないよう、シルエットに動きを付けていきましょう。スタイリングの狙い目は三角形を描く「Aライン」のシルエット。そこで、ワイドパンツに合わせるアウターの前を開ければ、手っ取り早く軽やかにすっきり見せられます。

ダッフルコートの前をさらりと開ければ、大人かわいいムードに。ボーダーのタートルネックとチェック柄パンツとのマリアージュも魅力的に見えます。一方、レザージャケットは引き締まった質感も加わってさらにシャープな着映え。上下で量感が違うと、メリハリのある着姿に。歩くたびに揺らめくパンツ裾で装いにリズムが生まれます。

ライン入り×チェスターでスッキリ魅せ

トラックパンツとチェスターでミックスコーデundefined(c)Rie Miyata

トラックパンツとチェスターでミックスコーデ 
(c)Rie Miyata

ジェンダーレスな着こなしが新鮮undefined(c)Rie Miyata

ジェンダーレスな着こなしが新鮮 (c)Rie Miyata


ワイドパンツ自体で工夫する方法もあります。たとえば、両サイドに縦ラインが走るトラックパンツなら、脚がほっそり見えます。スポーティーなムードもまとえるから、重たく見えがちな冬ルックが軽快に仕上がります。

スポーティーな印象のトラックパンツには、ブルゾンやダウン、モッズなどのカジュアルなアウターで合わせるのが一般的です。しかし、あえてシルエットが細身で着丈が長めのきりっとしたチェスターコートを合わせれば、テイストミックスが効いた新鮮なスタイルに。さらに縦落ちイメージが加わって、スレンダー感を引き出せます。

ワイドパンツ本来の「太さ」から目をそらす


内側にタイツ類を重ねばきしやすいから、ワイドパンツは防寒面でも頼もしい存在。羽織り物とのコンビネーションを上手に効かせれば、大人っぽさと細感をダブルで強調できます。コーデのコツはワイドパンツ本来の「太さ」から目をそらすところ。アウターで膨らみを抑えたり、小物で視線を誘ったりといったテクニックが役に立ちます。厚底の靴を履いたり、マフラーを長く垂らしたりといった小技も縦長イメージを増幅してくれるから、賢く組み合わせてみましょう。

【関連記事】
ワイドパンツで美脚に見せる!太って見せない裏技
ぬくぬく「ファー&ボア」アウター着こなし
秋アウター必勝法!マストハブ6着の最新コーデ
周りと差を付ける「冬デニム」の着こなし技
無敵の白スニーカー!冬ルックの重たさを瞬時にオフ

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。