秋アウター、最新コーデを吟味

秋アウターの着こなし

秋アウターの着こなし


おしゃれが本格的に楽しめる秋からの主役がアウターです。羽織り物にもいろいろな種類がありますが、今回は6種類のおすすめアイテムをご紹介します。愛着の強いアウターは長く着続けたくなるもの。とはいえ、スタイリングに関してはシーズンごとに少しずつ変化があります。最新のアレンジを覚えて、手持ちアウターから別の表情を引き出してみましょう。まだワードローブに迎え入れていない秋アウターがあったら、今回の6着のコーディネートを参考に吟味してみませんか。


1.ライダース

ライダース

ポジティブカラーはライダースルックを元気姿に (c)Rie Miyata


秋から使えるアウターの定番的な存在のライダースジャケットはやはり頼りになります。黒革でおなじみですが、今季のおすすめは色染め物や異素材タイプ。オレンジのようなポジティブカラーはライダースルックを元気に彩ります。

素材の面でも通常のつやめいたレザーに加え、スエードや人工レザー、スウエット生地、ダウンなど、様々な異素材も登場。ハードな顔つきをしたライダースのイメージを覆すような、色や素材で新ムードをまとって。

2.チェック柄ジャケット

チェック柄ジャケット

英国調ジャケットを「はずし」感覚で着こなして (c)Rie Miyata


英国調がブームになるこの秋冬には、チェック柄を取り入れたくなります。このところ、大人っぽさやトラッドが見直されて人気の復活しているジャケットに写し込むと、一気に新鮮な着映えに。さらに、今年らしくアップデートするには、きちんと感とブリティッシュを、「はずし」感覚で着こなすと、こなれて映ります。

車柄や花柄など異なる柄ををあしらったワンピースと合わせて、プレイフルミックスな雰囲気に整えました。今季注目度No.1カラーである赤のチェック柄ジャケットで旬コーデの完成です。


3.スタジャン

スタジャン

スポーティーなスタジャンは大人モードに着こなす (c)Rie Miyata


ブルゾン系の人気はまだまだ健在。裾と袖先をリブ編みで切り替えたスタジアムジャンパーは軽快でアクティブな着映えに仕上がるから重宝します。スポーティーな着こなしが一般的ですが、一回り大きいオーバーサイズを選べば、ボディーの輪郭をぼかせるから、中性的な「ジェンダーレス」風にまとえます。

袖を通さない肩掛けにすると、のどかなムードを醸し出せます。スポーティーな雰囲気をモードっぽく仕上げるスタイリングは大人の女性も取り入れやすいでしょう。

後半3つの旬アウターは続いてご覧ください。≫≫