子どもの生活も波瀾万丈

子ども

親から見ると微笑ましい悩みも、本人にとっては大問題!


お友達とケンカした、テストの点数が悪かった、大事な約束を忘れていた、先生に叱られた、リレーの選手に選ばれなかった、などなど、子どもの生活も色々な凹むエピソードに満ちています。

がっかりして落ち込んで、自分に自信をなくしてしまった子どもに、親はどのように寄り添えばいいのでしょうか。


子どもの頃に戻ってみよう

大人からすると、子どもの抱える問題は、すでに自分が「通過してきたもの」ですから、ほほえましくさえ感じます。ああ、自分もそうだったなあ、なんて、当時の出来事のあれこれを懐かしく思い出したりして。

でもそれは、自分で選択できる事柄の範囲が、その頃より格段に広がっているからかもしれません。学校や園など、狭い人間関係や行動範囲しか持たない子どもにとっては、その世界がすべて。そのことを頭に置きながら、まずは子どもの話を詳しく聞いてみましょう。

「お友達とのケンカ」なら、相手の子の特徴のみならず、クラスの勢力図も頭に入れる必要があります。「テストの点数が悪かった」ことで自信をなくす背景には、その子の壮大な夢があるのかもしれません。あるいは、親の期待に沿えていない自分を責めているのかもしれませんし、ライバルのお友達との関係があるのかもしれません。

話を聞いていくうちに、問題の本質は別のところにあったと気づくかもしれません。

幼稚園・保育園に通う年頃になると、その子にはその子なりの世界観が育まれています。まずは、たくさん話を聞いて、その子の目線で物事を見られるようになることを目指しましょう。

私たち人間が抱える悩みは、古今東西老若男女、ほとんどが人間関係です。子どもが自信をなくした出来事に、どんな人間関係が関わっているのか。相手のことをどう思っているのか、どんな感情が揺れ動くのか。それらを意識しながら聞いてみましょう。「そうだよね」「それは凹むよね」といった共感の言葉をはさみながら。色々なものが見えてくると思います。

親の自分はどうやって乗り越えてきた?

話をしてもろくに聞いてくれない人から「こうすれば」とアドバイスされても、なんだかなあと思ってしまいます。でも、たくさん話をして「受け止めてもらえた」と感じた人の助言には、耳を傾けてみようと思うもの。

そこで、親として大人としての出番です。経験者の出番です。同じような経験をした時、自分はどんなふうに思って、どのように行動し、それによってどんな結果となったのかを話してあげましょう。成功談だけではなく、失敗談も交えられるといいですね。失敗してもまたチャレンジして乗り越えればいいんだ、たとえ乗り越えられなくても道は一つじゃない、人生なんとかなる、と思えるようになれば気が楽になりますよね。

どんな自分になりたいのか聞いてみよう

親子といえど別々の人間。個性も違えば、生きている時代も違いますので、親のアドバイス通りにやっても、うまくいかないことが多いかもしれません。

ですから、子どもに、「その問題を乗り越えたら、どんな自分になっているだろう?」と聞いてみましょう。うまく答えられない時には、とりあえず今の問題は置いておいて「1年後、どんな自分になっていたい?」と聞くのもいいかもしれません。結構難しい質問ですが、子どもなりに答えてくれると思います。

「友達と仲良くできる自分」という答えが返ってきたなら、友達とは誰なのか、何人くらいなのか、仲良くするってどういうことだろう?と、具体的に絞り込んでいき、「世界中の人と仲良くできればステキだけれど、自分の人生で出会える人って限られてるよね」とか「クラスの人たち全員と仲良くするってできるかな?」といったやりとりの中で、現実的な目標設定をしていきましょう。「友達とケンカしても、まあいいやって思える自分」みたいなのが出てくると面白いですね。

今の自分にできることを考える

現実的な目標が見えてきたら、そのために「できること」を、できるだけたくさん考えましょう。それが「したいこと」なのか「したくないこと」なのかについても聞いてみましょう。

またそれが、「今すぐできること」なのか、「時間が経てばできるかもしれないこと」なのか、「できないこと、してはいけないこと」なのか、についても検討しましょう。

「お友達に今すぐ謝るのは嫌だけれど、少し経てばできそう」とか「ケンカなんてなかったかのように、いつものように遊びに誘ってみよう」とか「しばらく放っておいて、別の友達と遊ぶ」とか、色々なバリエーションがありそうです。これは、うまくいかなかった時の、次の選択肢を増やす作業でもあります。「これがダメなら、あっちでいこう」と思えると気持ちに余裕ができてきます。

「もっと上手になりたい」と思っているからこそ、自信をなくしているのです。子どもの前向きな部分を引き出すチャンスだと考えましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。