2017年秋のコンビニモンブラン食べ比べ!

コンビニモンブラン食べ比べ!マロンクリームの絞り方にも個性が見えます

コンビニモンブラン食べ比べ!マロンクリームの絞り方にも個性が見えます

年間を通してコンビニのショーケースで見かけることの多いモンブランですが、実は季節ごとにリニューアルを繰り返していることを知っていましたか?

原料となる栗や生地の種類、マロンクリームを絞る口金の違いといった見た目や素材の違いだけでなく、甘みや乳風味の強弱といった味わいの面まで微妙に変えているそうです。
モンブラン

モンブランの背の高さも、コンビニによってまちまち。

では、2017年のこの秋に発売されているモンブランは、どんな味わいが揃っているのでしょうか!順番に紹介していきたいと思います。


【セブンイレブン】軽やかな食感でバランスよし!

セブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」(税込270円)

セブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」(税込270円)

まずは、セブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」(税込270円)。

ホームページの説明によると、「イタリア栗を使った濃厚なモンブランクリームとマロンクリーム、なめらかなホイップクリームを組み合わせたケーキです。甘さ控えめのクリームが、マロンクリームの濃厚な味わいを引き立てます」とあります。

断面

断面からも、ふわふわ感が伝わります

仕立ては4層で、下から、スポンジ、マロンペースト、ホイップクリーム、マロンクリームというシンプルな構成。土台の生地にスポンジを使っているのが、以前から変わらないセブンイレブンのモンブランの特徴です。

特筆すべきは、マロンクリームとホイップクリームの軽さ。ふわふわっとした口溶けで、すっと消えてなくなります。土台もふわふわのスポンジなので、全体的に軽やかな食べ味である反面、食感のメリハリがないのでアクセントが欲しくなる一面も。

ホイップクリームの風味は今回食べた中でもっとも濃厚で、しっかりとしたコクが感じられました。洋酒の風味も感じられ、しつこすぎず、バランスのよい味で万人受けするモンブランだと感じました。カロリーは、1個282kcalです。
 

【ローソン】異なる産地シリーズ、第2弾はスペイン栗!

スペイン栗のモンブラン

ローソンの「スペイン栗のモンブラン」(税込295円)

これまで、多彩なバリエーションのモンブランを発売してきたローソン。今秋は、産地の異なる栗を使ったモンブランを展開中。第一弾の「フランス栗のモンブラン」に続き、9月19日より販売されているのが、「スペイン栗のモンブラン」(税込295円)です。

スペイン栗の特徴は、甘みや風味が濃いこと。その特徴をより引き出すために、約600℃の火で皮をむく「ファイヤーピーリング」という方法で作られており、香ばしさを感じられるマロンクリームに仕上げられています。

断面

すべてのパーツが同じくらいの比重。

構成は、下から、アーモンドとキャラメル入りのスポンジに、カスタード入りのムース、ホイップクリーム、マロンクリームの4層。一般的なモンブランのようなドーム型ではなく、それぞれの層が均一に近く、生地の比率が多め。そのため、キャラメルの味わいが強く、栗の風味がやや押されてしまっている印象も。

マロンクリームは今回試食した中でもっとも固く、しっかりめの食感。1つ1つのパーツが濃く、食べごたえのある印象。気になるカロリーも1個当たり355kcalと、やや高めでした。

ちなみに、フランス、スペインと続き、もう1か国、違う国の栗で作られたモンブランが発売予定だそう。個人的には、最後はやっぱり日本の和栗かな、と予想していますが、果たしてどんなモンブランが発売されるのか、楽しみですね!
 

【ファミリーマート・サークルK・サンクス】軽やかな食感のメレンゲが本格的!

サクサクメレンゲのモンブラン

見た目が本格的!ファミリーマート・サークルK・サンクスの「サクサクメレンゲのモンブラン」(税込298円)

ファミリーマート・サークルK・サンクスの今秋のモンブランは、「サクサクメレンゲのモンブラン」(税込298円)。商品名の通り、メレンゲを使ったサクサクとした食感が持ち味です。

断面

パーツが多く、食感や味わいの変化に富んでいます

構成は、下から、スポンジ、メレンゲ、マロンペースト、ホイップクリーム、マロンクリームの5層。スライスアーモンドがトッピングされており、今回試食した中ではもっともパーツの数が多く、見た目も本格的。そのため、変化に富んだ食感を楽しめるようになっています。

フォークを入れた瞬間、サクッという音がして、メレンゲの軽快な食感が本格的な味わい。マロンクリームはなめらかな食感で、ホイップクリームも軽めの味わい。メレンゲの比重が大きいので、1個ぺろりと食べられてしまいます。カロリーは1個当たり234kcalで、見た目に反してもっとも少なかったです。

また、モンブランとプリンを一度に楽しめる商品なのが、「イタリア栗のモンブランプリン」(税込238円)。卵の風味豊かで固め食感のプリンの上に、なめらかなモンブランクリームとホイップクリームがたっぷり!プリン部分の面積が大きく、食べごたえも満点です。
 

【ミニストップ】絶品!他では食べられない個性派モンブラン

ミニストップでは2017年9月半ば現在、いわゆる普通のモンブランは発売していないようで、代わりに「プレミアム和栗モンブランソフト」(税込330円)と「安納芋もんぶらん」(税込320円)を期間限定で発売しています。

「プレミアム和栗モンブランソフト」

見た目もゴージャス!「プレミアム和栗モンブランソフト」(税込330円)

「プレミアム和栗モンブランソフト」は、ミニストップがこだわり抜いた素材と製法で作る「プレミアムソフト」シリーズの新作。2015年11月に発売した「プレミアム和栗モンブランソフト」のヒットを受け、この秋、さらにパワーアップして発売となりました。焼き栗の香ばしさを加えた和栗ソフトクリームと、和栗ペーストを粗挽きにして風味を引き立たせた和栗モンブランソースの相乗効果で、和栗の存在感がアップ。さらに、栗と相性のよい黒糖風味のワッフルコーンと合わせることで、和の味わいをより感じられるようにしています。

安納芋もんぶらん

鮮やかな黄色!「安納芋もんぶらん」(税込320円)

一方、「安納芋もんぶらん」は、甘みの濃厚な安納芋が主役のモンブラン。鮮やかな黄色のクリームが、スイーツ売り場で目を引きます。

断面

土台のスイートポテトがしっとり美味!

構成は、下から安納芋のスイートポテト、蜜漬けリンゴ、ホイップクリーム、安納芋クリームの4層。スライスアーモンドと黒ごまのトッピングが食感と香りのアクセントを加えています。とくに際立っていたのは、土台のスイートポテトの存在感!ホクホクとした安納芋の食感と甘みを感じられ、濃厚な味わいが芋好きにはたまりません。トップの安納芋クリームとのW使いで、安納芋のおいしさを満喫できるモンブランです。

間に隠れた蜜漬けのリンゴの爽やかな甘みが軽さを加え、重すぎず最後まで食べ飽きません。カロリーは、1個当たり365kcal。さつま芋をふんだんに使っているせいか、今回試食した中では最も高い数字でした。

ミニストップでは他に、シュークリームの中にモンブランが丸ごと入った「モンブランシュー」を2017年6月に発売するなど、他では味わえないモンブランも多く見られます。

コンビニのモンブランは、クリスマスシーズンにはホールケーキで発売されることも多い人気商品。食べ比べて、お気に入りを見つけてみてくださいね。

<合わせて読みたいコンビニ食べ比べ記事>
おいしく腸活!コンビニの飲むヨーグルト飲み比べ
おいしい?話題の「機能性チョコレート」食べ比べ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。