早期リタイア希望、現在の金融資産で老後生活は問題ないですか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、早期リタイアを希望する40代の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
50歳で早期リタイヤできますか?

50歳で早期リタイヤできますか?



■相談者
たぁ坊さん(仮名)
男性/会社員/48歳
神奈川県/実家

■家族構成
両親

■相談内容
早期リタイア可能でしょうか。定年扱いとなる50歳での早期リタイアを考えています。50歳で退職した場合、60歳以降に厚生年金と企業年金が支給されます。また確定拠出型年金の残高が現在約490万円あります。保険は死亡・高度障害で1000万円に加入しています。趣味の金額が大きいのは、長期休暇のたびに海外に出かけているからで、これはリタイアしても体力のある限りは続けたいと思っています。他に、未記載の支出は、60歳まで約16万円/年の個人年金があります。車は保有しておらず、自宅(父親名義/築32年)は4年前に全面リフォームをしています。両親ともに80代で年金暮らしですが、お金には全く困っていないようです(笑)。今のところ、年齢相応には元気ですが、そのうち介護が必要になると考えています。両親(+自分)の介護費用は今後必要となり、費用が予想できない大きな出費です。

■家計収支データ
「たぁ坊」さんの家計収支データ

「たぁ坊」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)リタイア後の生活費について
社会保険料等込みで月20万円を予定。

(2)ボーナスの使いみちについて
貯蓄60万円、投資280万円(持株会80万円、金銭信託200万円)

(3)企業年金の支給内容
・第1/終身支給
60歳開始で月2万6000円、65歳開始で月3万円
・第2/有期支給
65歳から10年間、月3万9000円

(4)厚生年金の支給額
60歳開始で月8万円、65歳開始で11万5000円、70歳開始で月16万3000円

(5)確定拠出年金について
企業型。 個人の拠出はなし。また、退職一時金が別途支給される予定。50歳0か月で退職の場合400万円程度。退職後は個人型で継続する予定。

(6)加入保険の保険料の内訳
・本人/終身保険(死亡保障77万円)=払済保険
・本人/終身保険(65歳払込終了、死亡保障1000万円)=保険料17万円(年払い)
・本人/医療保険(終身保障終身払い、入院・通院1万円)=保険料3700円
・本人/がん保険(終身保障終身払い、診断給付金100万円、入院3万円、がん死亡150万円)=保険料2380円
・本人/個人年金保険(名議/本人、60歳から10年確定、 年金額62万円)=保険料16万円(年払い)

(7)相続について
単独で相続。

■FP深野康彦からの2つのアドバイス
アドバイス1 50歳でのフルリタイアは問題なし
アドバイス2 使い切れない場合の対策を立てておく
 
アドバイスの詳細はこちら>>