外国船「スーパースター ヴァーゴ」の魅力をたっぷり紹介!

アジア発の外国船スーパースター ヴァーゴが、7月8日大阪を出航し、日本発着クルーズが始まりました。2017年11月まで大阪、及び横浜を母港に、週末発着で7泊8日のクルーズを実施。清水、鹿児島、上海に寄港します。

今回はクルーズコンサルタントを持つガイドが乗船し、クルーズ客船スーパースター ヴァーゴの魅力や楽しむポイントを紹介。欧米発のクルーズとは異なる魅力や注意点、また上海からもお客様が乗船するということで、船内の様子もお伝えします。

スーパースター

7月9日に横浜へ初寄港。セレモニーの後、清水へ向けて出発!


<MENU>
■豪華な船内施設。甲板にはスライダーも!
■船内の雰囲気は?ショーには吉本の芸人も
■一番多い客室「バルコニー海側」の居心地は?
■日本語対応やスタッフのホスピタリティにも満足
■和洋中に加えインド料理も!日本人好みの味
■注意!キッズクラブは大人同伴、寄港地の観光
■スーパースター ヴァーゴ データ&問い合わせ

豪華な船内施設。甲板にはスライダーも!

硬貨でできたオブジェ

硬貨でできたオブジェ

船内へ足を踏み入れると、出迎えるのが吹き抜けの開放的なロビー。シースルーのエレベーターが行き交い、大きな3頭の馬のオブジェは23金の金箔がコーティングされているという豪華さ。幸運といわれる8の数字にちなみ288個の硬貨を使ったオブジェがあり、写真スポットになっています。他にもカジノの前には、狛犬がいるなど、アジア船らしいあつらえが各所にあります。
フロント

フロントは吹き抜けになっており様々なイベントを開催。金の馬が印象的。


甲板には水深約2.0Mのメインプール、船尾には幼児連れOKのプールがあり、驚くべきことにウォタースライダーもあります(無料・悪天候時には停止、利用は6歳以上で身長115cm以上)。外にせり出した部分はシースルーになっていて、下は海でスリル満点。恐る恐る挑戦をしましたが、思ったほど速度は出ませんので、ゆったりと景色を楽しむ余裕も。どちらかというと階段を上ったスタート地点の高さに、恐怖心が募ります。
ウォたー^スライダー

甲板にはウォタースライダーが!

スポーツコートでは、パターゴルフや打ちっぱなし、バスケットコードなどもあり、アクティビティセンターでは、各種ボードゲームの貸出しも無料。スパ(18歳以上・有料)やジム(16歳以上・施設使用無料、有料プログラムあり)もあります。