ちょっと贅沢なそれ専用のニッチなキッチンツール

たったひとつの用途のためだけに存在する……そんなニッチなアイテムだけど、じつはそれがあると無いとで大きな差がでる。今回はそんなアイテムをご紹介します。
ng

専用のツールは製作意欲をそそられます

ng

肉専用のフライパンとか……



一度使うと手放せなくなる「サラダスピナー」

最近は、普及率がぐんとあがりニッチなアイテムという印象が薄いかもしれませんが、でもこれ、改めて考えればサラダ野菜の水切りのためだけにあるもの。

大き目のざるに入れて振って水切りしたり、レタスなどの大きなものは手で振って水気を切ったり、キッチンペーパーで拭いたりしていた人も、一度使うと手放せなくなるはずです。

遠心力を使って水を切るだけのシンプルな構造ですが、デザインはさまざまですね。美味しいサラダは水切りが重要です。


液体を移すときのマストアイテム「漏斗(ジョウゴ)」

何十年も前、いまのようにペットボトルや小さな容器での調味料が販売される前は、一升瓶から酢や醤油を小さな入れ物に注いでいました。このときに使われていたのがジョウゴ。液体を注ぐだけのものですが、これがあると無いとではストレス度がまったく違います。

さすがに一升瓶から注ぐことは少なくなったかもしれませんが、最近では梅シロップや果実酒作りも盛んになっていますので、広口瓶からボトルに移すときに使うとこぼしたりする心配もありません。また、口の広いジョウゴもあって、こちらはジャムや保存食作りをする人にはマストアイテムです。

年に数回しか出番がなくても、これらの代わりになるものってないのでやはり持っていたいアイテムですね。

▼こちらはシリコン製のジョウゴ。収納場所を取りませんが、必ず手を添える必要があるので、両手が使えないデメリットも。

▼ジャム作りをする人にはマストアイテムのジャムロート。

▼ステンレスのジョウゴは色移り、におい移りの心配もなくシンプルなデザインでキッチンにあがっていてもイヤじゃないデザインです。瓶の口に乗せて使えるので、重い容器を両手で持つことができて作業しやすいですよ。

トーストにも料理にも、使いやすくなる「バターカッター」

パンに塗るほか、料理にひとかけらを入れるなど使う機会が多いバター。バターカッターを使ってキレイにカットしておけば、手がベタついたりせずとても便利です。

ナイフでいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、バターをナイフで切るとくっついてしまい意外と扱いづらいのです。下で紹介している商品は、カットして、そのまま保存できる容器もかねているので便利です。


昔ながらの元祖ニッチアイテム「卵カッター」

ng

昔からある使い勝手の良い道具は無くならない。

ゆで卵を包丁でキレイかつ均等にスライスするのは至難のワザ。そんなときに役立つのが、ゆで卵をカットするためだけの道具「卵カッター」。昔からある、元祖ニッチアイテムと呼べるかもしれません。

最近は、卵以外にアボカドなど軟らかいものをカットするのにも便利といった情報も目にしますが……1つ持っておくととても重宝します。


「ガーリッククラッシャー」と「ポテトマッシャー」

丸ごと使うよりも、微塵切りやすりおろして使うことが多いニンニク。ガーリッククラッシャーを使えば、手に匂いがつかず、小さくて切りにくいニンニクのみじん切りが一瞬ででき、うれしい限りです。


毎日マッシュポテトを食べることはなくても、コロッケ、ニョッキ、サツマイモならスイートポテトなど、簡単に滑らかにジャガイモをマッシュできますよ。皮ごとゆでてそのままマッシュしたら皮だけきれいに残るのもうれしいですね。


大人も子供も大好きなスナック「ポップコーンメーカー」

フライパンで作れなくはないけれど……黒く焦げたり、うまくはじけなかったりするポップコーン作り。簡単に失敗しないで作れて、出来立ての熱々を食べられるのであれば、専用ツールを持っておきたくなりますね。


いつでも新鮮な香りと味が楽しめる「卓上ゴマすり」

すりたてのゴマの香りと味は格別です。一方で、すりごまは酸化が早く、ヘルシー素材なのに酸化した油をとる懸念もあります。卓上ゴマすりがあれば、いつでも新鮮な状態で楽しめるでしょう。下のリンクで販売されている商品はかわいい木製で、しっかり閉まるふた付きなので、飛び散りやこぼす心配もありません。

■木製擦り器の販売(ごまあたり器・あらまっちゃ・うっでぃみる)



粒がきれいに取れる「トウモロコシピーラー」

トウモロコシの実は、包丁で削ぐと芯に実が残ったり、逆に芯まで削ってしまたり……といったことが起こりがち。でも、専用ツールのトウモロコシピーラーがあれば、きれいにスルっと実だけを取り除くことができますよ。


今回紹介したアイテムはどれも、なくても何とかなるもの。しかし、やっぱり専用のツールを使うと、料理の出来栄えがまったく違ってきたり、作業効率がよくて時短につながったりするものです。気になるものがあればぜひお試し下さい。
ng

使いやすいツールがあると料理が楽しくなる




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で生活雑貨を見る

Amazonで生活雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。