LINEで普通のQRコードも読み込める

LINEの「QRコードリーダー」は、もともとはLINEで友だちを追加するために備わっている機能なのですが、実はWEBページにアクセスするためのQRコードを読み取ることもできるのです。

QRコードを読み取りたいときに専用アプリがなくても大丈夫! LINEを起動して、アクセスしたいWEBページのQRコードを読み取りましょう。LINEの「QRコードリーダー」は、メニューバーの「その他」タブなどから起動できます。
メニューバーの「その他」タブをタップし、タブ下のQRコード画像をタップ

メニューバーの「その他」タブをタップし、タブ下のQRコード画像をタップ

「QRコードリーダー」が起動するので、読み取りたいQRコードを画面に合わせる

「QRコードリーダー」が起動するので、読み取りたいQRコードを画面に合わせる

QRコードが認識されるとWEBページのURLが表示され、「開く」をタップするとWEBページにアクセスできる

QRコードが認識されるとWEBページのURLが表示され、「開く」をタップするとWEBページにアクセスできる

LINEの「QRコードリーダー」は、メニューバーの「その他」タブの他に、「友だち追加」画面からも起動が可能です。
「友だち追加」画面上部に表示される「QRコード」をタップすると、「QRコードリーダー」が起動する

「友だち追加」画面上部に表示される「QRコード」をタップすると、「QRコードリーダー」が起動する

また、「プロフィール設定」にある「QRコード」をタップし、表示された自分のQRコード画面の下部に表示される「QRコードリーダー」をタップしても起動することができます。

スマートフォンにLINEさえインストールされていれば、QRコードリーダー専用のアプリは不要かも?と思えるような便利な機能ですね。

しかしながら、どんなQRコードでも読み取れるわけではないようです。QRコードに登録されている情報は、URLやメールアドレス、テキストなどいろいろですが、LINEの「QRコードリーダー」で読み取れるのは、WEBページを開くためのURLが登録されたQRコードに限られるので、ご注意を! 
QRコードが読み取れない場合に表示されるメッセージ

QRコードが読み取れない場合に表示されるメッセージ

【関連記事】
上級者しか知らない? LINEの裏ワザ5選


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。