歯科インプラント治療における様々な骨造成術

さまざまな骨造成法を検討することでインプラント治療の可能性が広がります

さまざまな骨造成法を検討することでインプラント治療の可能性が広がります。

歯科インプラント治療において様々な方法がある骨造成術。これまでの記事でも触れてきましたが、今回は総集編として解説させていただきます。

インプラント治療に不可欠なのは、インプラントを埋め込むための土台となる顎の骨です。骨というのは体の一部であり、例えそっくりに生まれてくる双子であっても同じ骨の形や厚さが全く同じであり続けることはありません。ましてや年を重ね別々の場所で生活したり食べ物の好みが違ったり生活環境が異なればそれに伴って口腔環境も変化してくるのでインプラントを必要とするタイミングでの顎の骨の状態は十人十色なのです。

一方でインプラント治療後にインプラントを快適に機能させるためには、最低でも8ミリ、できれば10ミリはインプラントを埋め込みたいところです。そうなるとそれ以上の厚みの顎の骨が必要になります。インプラント治療に入る前にはカウンセリングや3DCTといった多角的な診断をしっかりと行い、今の状態にぴったりの治療方法を選ぶことが大切です。では、その判断によりインプラントをいれるには土台が十分ではないと判断された場合、治療そのものを諦めなければならないのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。それを可能にしてくれるのが骨量を増やす「骨造成術」なのです。

インプラントにおける骨造成術:サイナスリフトとは

サイナスリフトによる骨造成

サイナスリフトによる骨造成

サイナスリフトとは、もっともメジャーな骨造成術です。上顎洞(副鼻腔)の内面の粘膜を剥離し、そのスペースに骨造成を行います。上顎洞の中にある上顎洞粘膜を周囲から剥離してできた空洞に、自家骨や様々な人工材料を充填し、周囲の既存骨と一体化させます。条件が良ければ同時にインプラントを埋入することもあります。

サイナスリフトの方法には、頬側面に直径約15ミリの穴をあけて行い大量に骨補填できる「ラテラルアプローチ」、インプラント埋入する約4ミリの小さな穴から行う低侵襲のため術後の腫れが少なく済む「バーティカルアプローチ」の2種があり、それぞれのメリット、デメリットがありますので状況に応じて選択するとよいでしょう。

インプラントにおける骨造成術:ソケットリフトとは

ソケットリフトとは、インプラントを埋入するためにあけた直径4ミリほどの穴から専用の器具を槌打し上顎洞底を挙上し、それによってできた空間に骨補填を行い、インプラントを安定させる方法です。サイナスリフトラテラルアプローチと同じ目的になります。元々骨質が軟らかめのこの付近にインプラントを入れる穴を形成するために、「オステオトーム」という器具を使うことがあります。オステオトームは、上顎洞底骨を持ち上げる目的のコンケーブと、軟らかい骨を押し広げる目的のコンベックスの2種類からなり、それを交互に使用します。元々は挙上量が2~3ミリと少ない時に行われるテクニックでしたが、近年は5ミリほどの挙上時にも低侵襲手術を目的に行う術者も増えました。ただし盲目であるため、上顎洞底を貫通するときの感覚や、できた空洞にどの程度の量の骨補填を行えばいいかなど、熟練したテクニックなしではできません。

インプラントにおける骨造成術:べニアグラフトとは

ベニアグラフトによる骨造成

ベニアグラフトによる骨造成

上顎の前歯部は唇側の骨の厚みが薄く、抜歯すると吸収されてしまうことがあります。骨が吸収されると骨に付いていた歯肉も退縮してしまいます。欠損部の見た目を補うために接着した仮歯周辺の骨吸収が進んでしまった場合など、特に前歯部の骨吸収は審美的にも気を配りたい箇所。上顎前歯部のインプラント治療において、手術後もしっかりとした骨と歯肉を維持するために行う骨造成法が「ベニアグラフト」です。主に自家骨からブロック骨を採取して、前歯部に貼り付け固定しさらに、形態を整えるために人工骨を併用して固定していきます。

インプラントにおける骨造成術:オンレーグラフトとは

臼歯部が欠損した為インプラントを埋入したいが骨の高さが足りず、隣の歯との骨の状態が大きく異なる場合の骨造成法が「オンレーグラフト」です。上顎は親知らずの奥から、下顎は奥歯の下から自家骨をブロックで採取し、骨量が不足した部位に貼り付けまます。人工骨を使用してこの治療を行う場合もありますが、その場合は粒状の素材を固定するためにチタンメッシュなどを用いる必要があります。インプラント治療が出来るように安定するまでに約半年かかります。

治療箇所や状況により対応する骨造成法は様々です。今回挙げた方法のほかにも様々な可能性がありますので、あきらめずに相談して健康な口腔環境を目指しましょう。治療の第一歩は自分の状況を知ることです。まずは信頼できる専門的な治療を行っている歯科医院で相談されることをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項