【ミニストップ】2強は「練乳いちごパフェ」と「プレミアム安納芋ソフト」!

練乳いちごパフェ

いちご感とミルク感にこだわった、2016年の「練乳いちごパフェ」(税込350円)

ミニストップの看板スイーツといえば、ソフトクリーム、パフェなどの“コールドスイーツ”。広報の山盛雅美さんによると、2016年、もっとも売れたコールドスイーツは、「練乳いちごパフェ」(税込350円)と「プレミアム安納芋ソフト」でした。

「『練乳いちごパフェ』は、例年1月に発売していましたが、昨年は暖かくなり始める3月に発売したところ、爆発的なヒットを記録。パフェの2大看板商品である『マンゴーパフェ』と『プリンパフェ』をしのぐ売れ行きでした」と山盛さん。

また「プレミアム安納芋ソフト」は、素材にこだわった“プレミアムソフト”シリーズの第4弾として10月に発売。昨今人気の素材である安納芋を贅沢に使用したソフトクリーム。素材のプレミアム感に加え、トレンドキーワードの“和洋折衷”感もヒットした要因かもしれません。2017年はどんなプレミアムソフトが発売になるのか、今から楽しみです!

函館メルチーズ

「函館メルチーズ」は、プレーン、パンプキン、生キャラメル風味、チョコレート味の4種を販売(各税込178円)

また、オリジナルスイーツではありませんが、北海道の人気スイーツ「函館メルチーズ」(税込178円)」をコンビニで初めて販売し、好調な売れ行きをみせています。様々な地方の名店の味がコンビニで買える時代も、そう遠くないかもしれません。
ハロハロ

2016年のハロハロは、冷凍みかん、黒蜜きなこ、ソルティレモンなどを発売

2017年のミニストップのスイーツの見所はたくさんあります。まずは、人気スイーツ「ハロハロ」の新展開です。今年も4月末から発売が予定されていますが、山盛さんによると今年は「かき氷の新市場を開拓する、新しいハロハロが登場予定」だそう。

「ハロハロはこれまで男性客が主なターゲットでしたが、新たな客層に向けた味に仕上がっていると思うので、楽しみにしていてください」と山盛さん。また、人気のフルーツパフェでも、新しいフルーツが登場予定。2016年はイチゴ、マンゴー、ブドウ、白桃の4種でしたが、2017年はどんなラインアップになるのでしょうか。

袋スイーツ

手土産になるような品質、パッケージを目指して改良していくという袋スイーツ

一方、チルドスイーツでは、シュークリームやエクレア、ワッフルなど、コンビニスイーツの定番である”袋スイーツ“をはじめとする定番商品を強化していく方針だそう。「2016年は、コンビニスイーツで人気の高いプリンを“固め”と“やわらかめ”の2商品で定番化したところ、売上も好調でした。弊社はこれまで『ベルギーチョコパフェ』のようなカップスイーツを強みとしてきましたが、今後は袋スイーツをはじめ定番商品をしっかりとブラッシュアップし、より認知度を高めていきたいです」と山盛さんは語ります。

ドリンク売り場

どれにしようか悩むこと間違いなし!充実のチルドカップ飲料売り場

そして、個人的に注目しているのが、ミニストップの“チルドカップ飲料”です。ミニストップの売り場をご覧いただくとわかるのですが、とにかく種類が豊富!コーヒー系だけでも、普通のカフェラテ、モーニングラテ、豆乳ラテ、豆2倍、カフェモカ、あんこラテなど10種類以上!さらに、ショコラミント、いちご香るチャイといったスイーツ系や、スムージー各種もあり、ドリンクも“スイーツ化”していることがうかがえます。

「同じコーヒーでも、朝一番に飲むのと、ランチの後などに飲むのでは、求める味が違うと思います。そうした時間帯ごとのニーズにも細かく対応したいと考え、現在では25品ほどを揃えています。女性がデスクに置いてカワイイ!とテンションが上がるようなパッケージもこだわりです」と山盛さん。2017年も、個性的なフレーバーが登場しそうです。


【スリーエフ】引き続き「至福の~」シリーズが2017年もヒットの予感!

至福のガトーショコラ

2016年10月の発売以来好調の「至福のガトーショコラ」(税込160円)

スリーエフで2016年に売れた商品は、「至福のガトーショコラ」(税込160円)。小麦粉を使わずにチョコレート、卵、マーガリン、砂糖のみで仕上げた、チョコレート本来の風味が味わえる本格ガトーショコラです。また、さっぱりとした味わいが好まれる夏に向けて発売したKIRIクリームチーズとのコラボ商品も好調で、岡山の老舗パン店「清水屋」と共同開発した「清水屋KIRIクリームチーズパン」(税込230円)や、看板スイーツのアレンジ「もちぽにょクリームチーズ」(税込140円)などが販売されました。

清水屋KIRIクリームチーズパン

冷やして食べるデザート感覚の“生クリームパン”。「清水屋KIRIクリームチーズパン」(税込230円)

2017年は、幅広い客層やシチュエーションを意識し、チルド和菓子に注力するとともに、コンビニスイーツの本来の顔である“ワンハンド洋菓子” の簡便性をいま一度見直し、強化していく方針だそう。

至福のくり~むプリン

「INOUE EGG FARM」(相模原市)で生産された「Natural&Rich さがみっこ」を使用した 「至福のくり~むプリン」「至福のくり~むプリン」(税込280円)

また、先に紹介した「至福のガトーショコラに続き、「至福の~」シリーズが立て続けに発売。1月18日には、「至福のくり~むロール」(税込180円)、25日には「至福のくり~むプリン」(税込280円)が発売されています。

「神奈川県発祥のコンビニとして、地産地消への取り組みは継続して提案していきたいと考えています。弊社の規模だからこそ出来る、手作り感のある商品を今後も展開していきます」と、広報の露木里美さんは語ります。


【まとめ】2017年コンビニスイーツは原点回帰!

コンビニ各社へのインタビューを通じて感じたことは、コンビニスイーツは一回りして、改めて原点回帰のおいしさへ立ち戻ろうとしているのではないか、ということでした。

数年前に比べ、コンビニスイーツは飛躍的に身近な存在になり、スイーツの購入手段として一般にも広く浸透してきました。しかしその反面、スイーツ業界全体で見ると、消費者のスイーツの購入手段は年を追うごとに多様化し、競合はますます激しくなっています。加えて、スイーツの流行のスピードも速く、プレミアムロールケーキのような爆発的なヒット商品はここ最近、生まれにくくなっています。

そうした背景もあり、コンビニ各社は、新商品で爆発的なヒットを狙うのではなく、定番のアイテムをしっかりとおいしく作ることでリピーターを着実に増やす路線にシフトしているように思います。

とはいえ、コンビニならではの遊びの部分も、コンビニスイーツにとってなくてはならない要素。定番アイテムのさらなる魅力アップと、新しいスイーツの展開に2017年も注目です!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。