ありきたりを超えるアイデア

手首巻きで華奢見え効果も発揮undefinedmanipuri 2017春夏コレクション

手首巻きで華奢見え効果も発揮 manipuri 2017春夏コレクション


スカーフの定位置は首の周辺ですが、居場所を広げるアレンジが活気づいています。手首にバングルのように巻けば、軽やかでこなれたムードに。コットンのバンダナより、シルク素材のスカーフはフェミニン感や上質さを印象づけられます。金属ではないので、じゃらじゃら音がしないうえ、しっかり結べばずれたり動いたりしないのも便利ですね。手首を華奢に見せてくれる効果も見逃せません。

結んで垂らして斬新にエレガントにundefinedmanipuri 2017春夏コレクション

結んで垂らして斬新にエレガントに manipuri 2017春夏コレクション


プリント柄を生かして、まるで服を着るかのようなまとい方も試せます。上質なシルクだからこそ、このような緩やかに流れ落ちる風情が生まれます。3枚の正方形スカーフを結んでつなげました。異なる柄がハーモニーを生んで、シンプルな服にも華やぎを乗せてくれます。ヴィンテージライクな風合いも装いに深みを与えます。

たすき掛けで動きを強調undefinedmanipuri 2017春夏コレクション

たすき掛けで動きを強調 manipuri 2017春夏コレクション


ボディを斜めに横切る「たすき掛け」がバッグや小物で注目を集めています。ダイナミックな動きが意外感を呼び込みます。大判のスカーフを肩から斜めに掛ければ、鮮やかな柄が服に重なって、レイヤードのような立体的着映えに。割とさっぱりした印象の服にも、スカーフがつやめきを添えてくれます。

メイド・イン・ジャパンの丁寧なものづくりundefinedmanipuri 2017春夏コレクション

メイド・イン・ジャパンの丁寧なものづくり 
manipuri 2017春夏コレクション


「マニプリ」は、ヨーロッパで1940~70年代に使われていたヴィンテージスカーフの魅力を、新たなアレンジで現代に伝えています。メイド・イン・ジャパンにこだわった丁寧なものづくりでファンを増やしてきました。コットンが主流のバンダナまでシルクで作り、上品さを際立たせています。

スカーフは割と見慣れたアイテムだけに、みんなとは違う巻き方や、特別なモチーフなどで差を出していきたいもの。ヴィンテージ柄が落ち着きをもたらす「マニプリ」はオンリーワンの装いに導いてくれます。これからの季節の変わり目にもスカーフは欠かせないだけに、ワンパターンに見えない操り方を覚えておいて損はなさそうです。


【画像協力】
FLAPPERS
http://www.flappers-unit.com/



投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。