松本隆一の値引き生情報「ステップワゴン同士の争いにもち込むべし」

雑誌「月刊自家用車」で私が担当する「松本隆一の値引き生情報」に寄せられた読者からの値引き体験談をお届けするこの連載。

今回はステップワゴンの値引きに成功した群馬県在住の41歳会社員・X氏からのレポートです。
ホンダ・ステップワゴンG ホンダセンシング(8人)

ホンダ・ステップワゴンG ホンダセンシング(8人)


ホンダのディーラーは各地に経営資本の異なる店があるので、ステップワゴン同士の争いにもち込むのが一番効果的。ただし、いきなりこの手を使うと警戒されることもあるので要注意。当初は新型セレナやヴォクシー/ノアとの競合で揺さぶりをかけて、煮詰まったところで「同士討ち」にもち込むといいですよ。

では、X氏からのレポートをどうぞ!

先進機能の新型ステップワゴンを目標250万円で値引き交渉

大事に乗っていた16年目のエクストレイル(走行距離約19万km)だが、2016年8月のこと、猛暑の中でエアコンが突然、効かなくなった。ディーラーで診てもらうと、修理見積もりは8万円! 20万km走破を目標にしていたが、買い替えを決意する。

翌週、軽自動車を購入したことのあるホンダへ。以前の担当は退職されていたが、代わりに爽やかなイケメンが応対してくれた。ステップワゴンの見積もりを出してもらうと、支払い総額は275万円。逆算すると値引きは15万円程度だ。

担当セールス「決めていただけるなら、もう少しなんとかします」

X氏「エアコンが故障したクルマで過ごすのは厳しいので、代車を用意してもらえますか?」

担当セールス「契約していただければ納車まで代車を用意しますよ」

次の日は午前中に日産へ。発売前の新型セレナを勧められるが、値引きが厳しく、完全に予算オーバー。そこで「旧型を検討したい」と申し出たが、「もう販売していません」。残念。

午後から家族揃ってホンダへ。月刊自家用車に載っていた「純正ナビプレゼントキャンペーン」を尋ねると「まだやっています」。

商談を進めるが、支払い総額は264万7000円になったところでストップ。こちらの予算は250万円なので、まだ隔たりがある。

気分を変えるため、商談を中断してステップワゴンに試乗。視界が広く、エンジンは1500ccながらパワー不足を感じない。子供は3列シートとわくわくゲートに大喜び。

ショールームに戻って、再び商談を開始。

担当セールス「250万円は無理ですが、なんとか260万円にします。これで決めてください」

X氏「納車の際にガソリン満タンをお願いできますか?」

担当セールス「わかりました」

これで契約。最終的な値引き条件は車両本体から18万9974円引き、付属品15万5844円から11万7720円(ナビプレゼント)引き。さらに、16年落ち/走行距離19万kmのエクストレイルに5万円(リサイクル料1万2470円を含む)の下取り査定額を付けてくれた。なお、クレジット払いの上限40万円を使って、約1万2000円分のポイントをGET。

下取り車のエクストレイルを引き渡して、納車(9月上旬から中旬)まで代車を出してもらう。猛暑の最中、エアコンの効くクルマが確保できたのは嬉しい限り。

松本隆一の値引き採点 評価は5点満点で「4」

ということで、X氏からのレポートをお届けしましたが、私の値引き採点は5点満点で「4」。
「ステップワゴンは先進の機能に驚きました。前車が動いたら音で知らせたり、ぶつかりそうになったらブレーキが作動したり。15年半乗ったエクストレイル以上に大事に乗ろうと思います」(X氏)

「ステップワゴンは先進の機能に驚きました。前車が動いたら音で知らせたり、ぶつかりそうになったらブレーキが作動したり。15年半乗ったエクストレイル以上に大事に乗ろうと思います」(X氏)

  • 車両本体価格 263万1600円
  • トータル値引き 30.8万円(8%税込み)
  • 値引き率 11.0%
合計30.8万円/値引き率11%なら合格。「約1か月間の代車」も大きなメリットです。ただし、前述した通り、経営の異なるホンダとの競合にもち込めば違った展開になった可能性があります。なお、エクストレイルは海外輸出ができるのでそれなりに価値があります。

さらに値引きについて知りたい方は「月刊自家用車アーカイブスforカーコン・マーケット」もチェック!

月刊自家用車(内外出版社)

月刊自家用車(内外出版社)

■こちらのコンテンツは「月刊自家用車」2016年12月号(内外出版社)内の記事を転載・一部改変したものです。

「月刊自家用車」は車を安く買って、かしこく付き合うための、お役立ち情報が満載の自動車専門誌。ユーザーの立場から編集する新車バイヤーズガイド、 ニューモデルのスクープ、試乗インプレッションをはじめ、知っておきたい値引き情報をお届けしています。「月刊自家用車」オフィシャルサイトはこちらから!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。