新たな商品戦略が実を結んだ大型SUV

ボルボXC90

新世代プラットフォームのSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を採用した3列7人乗りのフラッグシップSUV。プラグインハイブリッドのT8 ツインエンジンAWDインスペクション(1009万円 写真)、T6 AWDインスペクション(909万円)、T6 AWD R-DESIGN(879万円)、T5 AWDモメンタム(774万円)をラインナップ

世界中のラグジュアリーブランドがドイツ・プレミアム三兄弟、アウディ、BMW、メルセデス・ベンツ、を追っかけている。ドイツ勢もただ手をこまねいているはずもなく、ラインナップの強化と進化を計りつつ、商品群を小型車領域にまで拡げることで影響力の拡大を目論む。クルマ業界の場合、追われる方がダンゼン有利。追っかける方には、乾坤一擲の大勝負が必要だ。

フランスのDS、イギリスのジャガー&ランドローバー、イタリアのアルファロメオ&マセラティ、アメリカのキャデラック、日本のレクサス、あたりが“追っかける方”というわけだが、なかでも今、もっともドイツ勢に肉薄しうる商品力を整えつつあるのが、スウェーデンのボルボだ。1兆3000億円以上の投資を経て生まれた新たな商品戦略=新プラットフォーム+新デザイン+新パワートレーン、が、にわかに実を結び始めた。
ボルボXC90

ボディサイズは全長4950mm×全幅1960mm×全高1775mm、ホイールベース2985mm

第一弾が、大型SUVのXC90である。発売直後から世界中のSUV市場で話題となり、特にアメリカ市場において、これまでにない人気を博した。日本でも、昨年の発表以来、輸入される絶対数が少なかったとはいえ、品薄状況が続いているという。

しかも、輸入元の予想に反して、廉価グレードではなく、T6インスクリプションという上級グレードからまず売れていったという。要するに、ユーザーは、新型XC90のスタイリングや見映え質感を実際にみて、これはプレミアムカーだと自ら判断したということ。それだけ、XC90という商品に魅力があったということだろう。
ボルボXC90

T8は320ps/400Nmの2L直4ターボ&スーパーチャージャーに、後輪を駆動させる87ps/240Nmのモーターが備わる。JC08モード燃費は15.3km/l

途中からT8と呼ばれるプラグインハイブリッドモデルも加わった。昔ながらのボルボユーザーからすると、T6は6気筒で、T8は8気筒ということになるが、もはやそうではない。ボルボは今後、5気筒以上のエンジンを、ガソリン、ディーゼルを問わず造らない、と宣言した。つまり、T6にも、T8にも、4気筒エンジンが搭載されている。

ベースとなる4発に比べて、従来の5気筒級パフォーマンスを発揮するグレードがT5、同様に6気筒並みのT6、8気筒並みのT8、というわけだ。T8には、320ps&400Nmの4気筒ターボ&スーパーチャージャーエンジンに加えて、87ps&240Nmという大きなリアモーターアシストが加わっており、しかも燃費成績も大幅に向上しているから、正に“現代の高性能ラグジュアリー”を実現したと言っていい。
ボルボXC90

メーター部の12.3インチディスプレイと縦型タッチスクリーンのセンターディスプレイを用い、直感的操作が可能な独自システム(センサス)を採用。インテリアはスカンジナビアンラグジュアリーを体現したというクリーン&モダンなデザイン

安全装備も、世界一充実する。2020年までにボルボは、ボルボ車に搭乗中の死亡事故ゼロを目指している。それゆえ、乗用車に比べて安全装備が省かれがちな大型SUVにも“持てる限りの最新装備”を標準で与えた。自らも、そして対物、対人的にも、今、世界で最も安全なSUVと言っても過言ではない。
ボルボXC90

シートにはレザーを使用、R-DESIGNとインスペクションにはパーフォレーテッド・ファインナッパレザーが用いられている

ボルボXC90

ラゲージ容量はT8が262~1816L、T5とT6が314~1868Lに。T8は前輪をエンジン、後輪をモーターで駆動、車両の真ん中(ドライブシャフト部分)にバッテリーを配置している


ボルボの走りが生まれ変わった

ボルボXC90

歩行者・サイクリスト検知機能付きフルオートブレーキなど安全装備も充実。右折時に直進車との接触を回避・軽減するインターセクション・サポートも備わる

新しいプラットフォームの仕上がりも素晴らしい。特にT6インスクロプションの乗り味が印象に残った。大型SUVであることを、さほど感じさせない塊感があって、操作性もいたって素直。全般的に北欧ブランドのイメージどおり、すっきりとクリーンな乗り味で、とても運転しやすい。ボルボの走りが生まれ変わった、と言っていい。

同じT6のRデザインになると、ちょっと見映え重視で、足元にバタツキが見受けられた。これは、重いバッテリーを積むT8にも同じことがいえる。段差や凸凹がいくつか続くと、下半身で抑えきれず、車体全体がかすかにわななく。
ボルボXC90

SPAプラットフォームの採用などにより先代比120kgの軽量化を実現。北欧神話のトール神がもつハンマーをモチーフとしたT字型LEDポジションライト、シャープなショルダーラインなどをもつ新世代ボルボデザインを採用した

大型SUVということで、オススメできるユーザー層も限られてしまうが、新生ボルボへの期待はこれからだ。この新アーキテクチャーを使ったステーションワゴンやサルーンがこのあと、日本市場にも登場する。こちらにも大いに期待したい。

さらに、このクルマ造りが小型車部門へも生かされたとき、ボルボはドイツブランドのオルターナティブとして、世界的な人気を博するようになるに違いない。
ボルボXC90

エアサスペンションをオプションで用意、ドライブモードにより車高も調整する。AWDモードを基本に、デフォルトモードのハイブリッドモードと走りのパワーモードでは?20mm、オフロードモードでは+40mmに

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。