マセラティが作る、現代のスぺシャリティカー

マセラティレヴァンテ

地中海の暖かな風の呼び名に由来した名前をもつ、ブランド初のSUVモデル。国内では350psの3L V6ツインターボを搭載するベースグレード(1080万円)と420psのS(1279万円)、3L V6ディーゼルターボのディーゼル(価格未定)をラインナップ


マセラティがSUVを作る。その第一報を聞いたとき、世界のSUVブームは本物だと確信した。

マセラティといえば、世界でも屈指のスポーツカーブランドであり、ラグジュアリーカーメーカーだ。フェラーリを上回る歴史をもち、イタリア屈指のハイエンドブランドである。そんなブランドがSUVを造るというのだから、驚くほかない。もっとも、英国の名門、ベントレーのSUVにも同じくらい驚いたものだが。

マセラティレヴァンテ

ギブリのシャーシをベースに設計。同クラスのSUVで最も低い重心、前後50:50の理想的な重量配分を実現している。軽量化などのためボディやサスペンションなどにアルミを幅広く用いている


とはいえ、最近のマセラティをみていると、SUV生産は必然だったとも言える。マセラティが純粋にスポーツカーブランドだったのは戦前までの話で、以後は超高級GTカーメーカーとしてその名を馳せ、紆余曲折のすえにフィアットグループの一員となってからは、セダンのクワトロポルテに代表されるラグジュアリーカーブランドとなった。マセラティの今は、セダンが主役。となれば、セダンとクーペの魅力を併せ持つ現代のスペシャリティ、SUVを造らないという戦略を選ぶことは不可能だった。

フィアット・アウトによる、クライスラー・ジープの買収も、その方向性に拍車を掛けたようだ。もっとも、当初こそ優秀なオフロード走破性を秘めたグランドチェロキーをベースにする案もあったというが、マセラティを名乗る以上、たとえSUVであっても、オフロードよりオンロードでのパフォーマンスが重要視される。それが、ヨーロッパの潮流だからだ。そこで、マセラティは、ジープ系のSUVプラットフォームではなく、他のラグジュアリーブランドと同様に、セダン系をベースとした高性能SUVを企画することにした。そうして誕生したのが、このレヴァンテである。

SUVを超越した、流麗なエクステリアと色っぽいインテリア

マセラティレヴァンテ

ボディサイズは全長5003mm×全幅1968mm×全高1679mm。ガソリンモデルの車両重量は2109kg


スタイリングは、最近のSUVトレンドに則り、クーペ風味の効いた2ボックススタイルとし、ノーズや前後フェンダーの形状にマセラティらしさを表現する。全長5mというから、近くによってみると、かなりの大きさだ。ホイールベースが3m以上もあるから、セダンのオルターナティヴとしても十分に使えるだろう。

最近登場したラグジュアリーブランド系のSUVのなかでも、群を抜いてスタイリッシュ。ルーフラインやサイドウィンドウのデザインだけを見れば、とてもSUVとは思えないほど、流麗。フロントマスクの大きなグリルはエアシャッター付きで、エンジンルームへの空気流入をコントロールしている。

マセラティレヴァンテ

クラシックなアナログ時計などを備えたマセラティらしいインテリア。ダッシュボード中央には各種設定やなどを操作する、8.4インチのマセラティ タッチ コントロール プラスを備えた

マセラティレヴァンテ

身体をしっかりとサポートする設計のフロントシート。インテリアは好みに合わせてカスタマイズ可能、スポーティな専用シートやカーボン素材を用いたスポーツ・パックや、エルメネジルド・ゼニアによるシルクやイタリアン・レザーを用いたゼニア・エディション・インテリアなども選べる


インテリアにいたっては、他のマセラティラインナップよりもスペシャリティ色が濃く、色っぽい。シートデザインも含め、SUVを超越した雰囲気を湛えている。

日本仕様は3グレードで、パワースペック違いのガソリン3L V6ツインターボが2種類と、3L V6のディーゼルターボを用意。いずれも8AT+電子制御4WDを組み合わせた。Q4と呼ばれる4WDシステムは、完全後輪駆動から前50:後50まで駆動配分するもの。ギブリQ4と同様のシステム内容からも、オンロード重視であることが伺えよう。

マセラティレヴァンテ

フェラーリのマラネッロ工場で製造される3L V6ツインターボ・ガソリンエンジンと、イタリアのVMモトーリ社が製造する3L V6ターボ・ディーゼルを搭載


加速フィールとサウンドで“SUV”を忘れさせる

マセラティレヴァンテ

ノーマル、スポーツ、オフロード、I.C.E(制御性&効率性向上)の4パターンからセレクトできる走行モードを採用。ZF製8ATを搭載する


ハイスペック仕様のガソリンターボモデル、レヴァンテSに試乗した。結論からいうと、セダンのギブリよりも楽しいかもしれない! 加速やパワー感といったファーストインプレッションの類は、ギブリとほぼ同等と言っていい。レヴァンテとギブリの間には、重量差が、実は見た目ほどには“ない”ため、フェラーリ製3L V6ツインターボエンジンによるビートの効いたパワフルな走りは、SUVとなっても、いささかの見劣りもないのだ。相変わらず、エグゾーストノートは官能的で、乾いたラウドサウンドを響かせる。そう、この、セダンに負けない加速フィールとサウンドが、SUVに乗っているという事実をたやすく忘れさせ、ドライビングに夢中にさせるのだった。

さらに、がっちりと固められたアシが、背の高いボディをひとつの塊として支えている。ソリッドな乗り心地だが、妙な揺れなど微塵もない。ハンドリングもまたギブリゆずりで、後輪を中心とした圧倒的な高スタビリティのもと、適切な手応えをもって前輪が自在に進路を変え、車体がコンパクトにまとまってついてくる。そんな、実にSUVらしからぬハンドリングを味わうにいたって、もはやこのクルマは、背が高いだけのスポーツカーだと思えてくるのだった。

マセラティレヴァンテ

5+1段階の可変車高を備えたエアサスペンションを装着。通常車高のノーマル(地上高207mm)に加え、ノーマルより40mm上がるオフロード2、25mm上がるオフロード1、20mm下がるエアロ1、35mm下がるエアロ2、乗降時に45mm下がるイージーエントリーが選べる


唯一、心配のたねは、レヴァンテがセダンとクーペの魅力を、パフォーマンスと内外装デザインの両方で実現しているという点である。それがどうしたって? ギブリやクワトロポルテ、グランツーリズモが売れなくなってしまうじゃないか!

マセラティレヴァンテ

バルブの開閉によりエグゾーストノートを変えるエグゾースト・システムを採用。スポーツモードに切り替えるとハンドリング・パラメーターが変化するのに合わせてバルブが開き、排気ガス流路を最短化する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。