喧嘩の原因「イラっと」を食い止める方法とは

イライラが収まらない!

イライラが収まらない!

イラっとしてしまい、相手にひどいことを言って取り返しのつかないことになってしまった…なんて経験はありませんか?

夫婦やパートナー、彼氏彼女など、大切な相手につい怒りがこみあげてしまって、口喧嘩などに発展しそうなときに使いたい、イライラ対処法をお伝えします!


イラっとするのは「信頼が裏切られた」と感じるから

「イラっとする」には、様々なレベルがあります。

街で「迷惑な人」「マナー違反をする人」を見かけてイラっとするというような場面もあるかと思いますが、おそらく一瞬だけでおさまると思います。実は、親しい人や心を開いていれば開いているほどイラっとレベルは上がります。

たとえば自分をわかってほしいパートナーに、「ちゃんと片付けろよ!」「またミスしたの?」などと言われると、異常に腹が立ったりしませんか?

相手が自分の信用している人だと、「信頼していたのにヒドイ!」「本当はわかってほしいあなたに、そんなこと言われるなんて!」というふうに感じてしまい、イラっとレベルが上がるのです。

恋愛でもそうですよね。例えば、気になっている人に「太った(笑)?」などと言われると、「なんでそんなこと言うの(泣)!」と深く傷ついてしまうこともあります。

大切な相手だからこそ、一度燃え上がった怒りはなかなか収まらず、深く傷ついてしまったりするのです。でも、大切な人だからこそ、相手との関係性を壊さず上手に「イラっとする気持ち」を解消できるととても便利だと思いませんか?


1.別の空間に移動する

クールダウンのために、3分違うことを考えてみる

クールダウンのために、3分違うことを考えてみる

とっさにイラっとして、暴言をはいたり、怒ってしまった場合、きっと相手も同じように怒って返してくるはずです。

たとえば、
男性「またミスしたの? 何回目だよ」
女性「ひどい、なんでそんなこと言うの?」
ここで、あなたがイラっ!としたとします。

「ダメだ、冷静になろう!」と思っていても、残念ながら相手が近い間柄であればあるほど、その怒りはそう簡単にはおさまらないもの。そのまま話を続けていると、どんどんイライラが増大して、ヒドイ言い合いになり、大惨事になってしまうこともあります。

そんな時はいさぎよく、その場から離れてしまいましょう!

たとえば、「ちょっとトイレに行ってくるね」と席を立ってみてください。トイレならし、相手も「こんな時に何だよ!」「話の途中だろう!」などとは言えませんからね。

そして、トイレに入ったら、喧嘩の内容やイラっとしたことを思い出すのではなく、別のことを考えるようにしてみてください。洗面所で思いっきりうがいをしてみたりするのもいいかもしれません。

イラっとした相手の元を離れて一息ついてみると、頭に血がのぼった状態から、すこし冷静に状況を考察できるようになります。


2.たった3分、楽しいことをする

席を立ってトイレなどの別空間に行っても、まだまだイラっとした気持ちがなかなか収まらない場合は、楽しいことを考えて頭をリフレッシュさせましょう。ほんの5分でも3分いいんです。

スマホでお気に入りのパズルゲームなどはどうでしょう。ゲームに集中できて頭のリフレッシュには最適です。1ステージでもクリアをできれば達成感や満足感が満たされ、気持ちをスッキリさせることができます。漫画や雑誌などが用意できるのであれば、自分の好きな写真や場面を読み返してみるのもいいかと思います。

このように数分間、別空間で別のことに集中することが重要です。

これにより、「大したことじゃないのに、ついイラっとしてしまった」「冷静な判断をできなかった」と自分を振り返ることができ、「言い過ぎてとりかえしのつかないことになってしまった…」というようなトラブルを避けることができます。

席に戻ったら、「さっき、トゲがある言い方しちゃってごめんね。でも、大好きなあなたにわかってもらえなくて、すごく悲しかったんだ」というふうに、相手に言われた言葉に対しての自分の気持ちをやさしく伝えるようにしてみてください。


「夫の帰りが遅い時は鍋を洗え」とは?

鍋を洗うと怒りもスッキリ?その理由とは

鍋を洗うと怒りもスッキリ?その理由とは

今回のアドバイス、実は、私が結婚するときに、母に言われた言葉を元にしています。

それは、「夫の帰りが遅い時は鍋を洗え」という言葉でした。

鍋をキレイに洗うのって、女性にとってはとても重労働です。でも、イライラした気持ちをぶつけるようにして鍋に集中して洗うことで、夫を待つ時間を忘れることもできるし、鍋もキレイにできるし、一石二鳥だと言うんです。

確かに、イラっとしたとき、喧嘩をしてしまった時は、頭を違うところにシフトするということが大切です。それが、自分やパートナーの生活に役立つことで解消できたら、もっといいですよね。

お鍋でなくてもいいんです。シンクやお風呂など、溜まった汚れをピカピカにして頭もスッキリ扠せちゃいましょう!? ぜひ試してみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。