ワークマンのコスパ最強バイクウェア「イージス」がブランドとなる!

近年バイク乗りを中心に爆発的に売れているワークマンの防水・防寒ウェア「イージス」。2016年にイージスのブランド化が発表され、大幅にラインナップが強化されました。(関連記事:コスパ最強防水・防寒ウエアのイージスがさらに進化!

こだわりが詰まった大人気のイージスシリーズ。全6種のどれを選べば良いのか迷う人も多いはず。そこで今回、イージスシリーズ全種類のインプレッションをしたいとワークマンにお願いしたところ、なんと答えは「イエス!」。

朝晩の冷え込みが強くなり、気温も1桁台になってきた2016年11月の初旬に「イージス」「イージスオーシャン」「イージスPRO」「イージスシールド」「RIDE ONイージス」「イージス防寒つなぎ」の全6種類のイージスシリーズを実際に着用し、バイクで通勤してみました。※本記事に掲載されている価格や仕様は2016年当時のものです

【イージス、2017製品の発売前レビューはこちら
 

イージス 透湿防水防寒スーツ 上下セット 6800円

イージス透湿防水防寒スーツ

イージス 透湿防水防寒スーツ 上下セット 6800円(税込)


2015年モデルと同じ価格のまま改良が加えられた「イージス」。2015年モデルまで製造を委託していたアウトドアメーカーLOGOSの防水防寒ウェア「リプナー」のロゴが入っていましたが、今年から自社で製造。イージスオリジナルのロゴに変更されています。

着用時の暖かさは2015年モデルと変わらない印象。11月初旬の1桁台の気温であれば、Tシャツ・トレーナーの上にイージスを着用することで充分暖かく感じます。

ジャケットのポケットがジップ付きなので、ポケット内に入っていた物が運転中に落下する心配もありません。前タテも二重構造になっているので雨が進入しづらく、燃料タンクにジップが当たって傷つく心配もなし。

2015年モデルのイージスの欠点として、シート高の高いバイクに乗っていると、信号待ちで足をおろした際に突っ張る感じがありましたが、2016年モデルではしっかりと改良されています。

「後はパンツだけ改良して突っ張らないようにしてくれればバッチリですよ!」と昨年イージスの開発担当者に告げていたのですが、しっかりと改良してくれていました。実際に着てみると、確かに突っ張り感がない! ユーザーの意見を取り入れてくれるワークマンに感謝です。

ただし……、今年スクーターに乗っていて気が付いたのですが、意外とブレーキングの時などにパンツが滑ることに気がつきました。ぜひ2017年モデルではその点も解決してください!
 

イージスオーシャン 防水防寒スーツ 上下セット 6800円

イージスオーシャン防水防寒スーツ

イージスオーシャン 防水防寒スーツ 上下セット 6800円(税込)


釣り人をメインターゲットにしたという「イージスオーシャン」。ストレッチ素材を採用しつつも耐水圧は5000mm。イージスの耐水圧が10000mmな点を考えると、レインウェアとしての性能は劣ります。

上下ストレッチ素材を採用しているので動きを妨げにくく、動きやすい印象です。サイズ感はイージスよりもピッタリとしていて小さめ。イージスよりも細身でシンプルなシルエットになります。中にしっかりと着込みたいのであれば、通常よりもワンサイズ大きめを選ぶのがおすすめ。

ところで残念なことに、イージスオーシャンにはバイク乗りにとって致命的な欠点があります。イージスオーシャンはジップに止水ファスナーを採用しているので、前タテがないのです。そのためジップの金具部分がタンクに当たり、小傷が入ってしまう可能性があります。バイク乗りにとってこの点はいただけません。
 

イージスPRO 防水防寒 コート5800円 パンツ4900円

イージスPRO防水防寒コート+パンツ

イージスPRO 防水防寒コート5800円(税込)、パンツ4900円(税込)


軽量ポリウレタン素材を採用し、軽くてストレッチ性のある「イージスPRO」。防水性を最も考慮した生地表面はゴムっぽい感触で、しっかりと水をはじきそうです。

一方で透湿性能はないので、多少蒸れてしまうかもしれません。サイズはかなり大きめなので、普段着ているイージスと同じサイズかワンサイズ小さくても良さそうです。上下共にストレッチ素材で非常に軽量なため、動きやすくバイクに乗るときにもおすすめ。中にプロテクターを仕込む余裕もあります。

イージスPROは上下が別売りで、トータル10700円(税込)。合わせて購入すると他のイージスシリーズより若干高めの価格となりますが、パンツとジャケットが別売りであることでメリットも生まれます。雨の日にバイクウェアを多用していると、どうしてもジャケットよりパンツの方が先に駄目になってしまいます。パンツとジャケットが別売りの場合、買い替えはパンツだけでいいので、コスパが良くおすすめです。
 

イージスシールド 透湿防水防寒スーツ 上下セット 9800円

イージスシールド透湿防水防寒スーツ

イージスシールド 透湿防水防寒スーツ 上下セット 9800円(税込)


東北や北海道などの寒冷地限定で販売されている「イージスシールド」。レアなイージスですが、最近はワークマンのオンラインストアでも取り扱うようになりました。

襟とフードにボアを、インナーにトリコット(弾力・伸縮性が高く柔らかい生地)を採用しているのが最大の特徴です。着てみると確かに暖かいのですが、インナーにも暖かいボアを採用してほしかった……。

耐水圧はイージスと同等の10000mm。フードのボアは雨に濡れると不快に感じるかもしれません。イージスシールドにはポケットが多くついていますが、どれもジップがなくバイクで走行中は落下のリスクがあります。

雪国の防寒具として使うのにはとても良さそうですが、全天候型のバイクウェアとして使うのは難しいでしょう。
 

RIDE ONイージス 防寒ブルゾン 4900円

RIDE ON イージス防寒ブルゾン

RIDE ON イージス 防寒ブルゾン 4900円(税込)


「RIDE ONイージス」の防寒ブルゾンは厚めの防水生地を採用しており、シルエットは若干タイトめ。中に着込むなら、ワンサイズ上がおすすめです。ただストレッチ性がある素材を採用しているので、多少きつく感じても動きが妨げられる感覚はありません。

RIDE ONイージスには別売りでパンツもありますが、残念ながらこちらは広報用がないとのことでお借りすることができませんでした。パンツも立体裁断とストレッチ素材を採用しているので、初代イージスのように足の上げ下げでストレスを感じることはなさそうです。

しかしRIDE ONイージスにも前タテがありません。さらに縫い目の防水がなく、ジップも防水ファスナーではないので雨には弱そうな印象。

結果RIDE ONイージスという名前がついているものの、バイクには一番適していない印象を受けました。スクーターに乗って普段着感覚で着るのであれば良いかもしれません。
 

イージス防寒つなぎ 7800円

イージス防寒つなぎ

イージス防寒つなぎ 7800円(税込)


個人的に通勤でバイクを使っている人に一番オススメしたいのが「イージス防寒つなぎ」です。防水性能はイージスと同等の10000mm。シルエットはゆったりとしているので中に着込んでもきつく感じることはありません。

室内にいる格好にイージス防寒つなぎさえ着てしまえば、バイクに乗るときも完璧な防寒・防水対策ができます。前タテもついているので、タンクの傷も気にしなくてOK。シルエットがゆったりとしているからか動きを邪魔される感じもなく、中にプロテクターを仕込んでも大丈夫そう。素材もとても軽く仕上がっています。

上下がつながっているので、体感的に他のイージスシリーズよりも暖かく感じました。その上しっかりと透湿性能はあるので、蒸れることもありません。ジップ付のポケットがない点だけ唯一の欠点で、スマホを入れるのは怖いかもしれません。
 

6種類それぞれが個性を持ち、防寒性は抜群のイージスシリーズ!

  価格 メリット デメリット
イージス 透湿防水防寒スーツ 上下セットで6800円 ポケットがジップ付き、前タテが二重構造で雨が侵入しづらい パンツが滑りやすい
イージスオーシャン 防水防寒スーツ 上下セット 6800円 ストレッチ素材のため動きやすい、シルエットが細身 前タテなし
イージスPRO 防水防寒 コート~5800円、パンツ~4900円 軽量のストレッチ素材。個別に買えるため経済的 透湿性能がないため蒸れやすい
イージスシールド 透湿防水防寒スーツ 上下セットで9800円 雪国の防寒着としては最適 バイク用には装備が不適
RIDE ONイージス 防寒ブルゾン 4900円(ジャケットのみ) ストレッチ素材のため動きやすい 前タテなし、雨の日に弱い
イージス防寒つなぎ 7800円 装備が全体的に網羅されていて防寒、防水がばっちり ポケットにジップなし
バイクに乗ったときに合う・合わないはありますが、基本的にどのモデルも防寒性は抜群で、バイクに乗っていても寒さを感じることはありませんでした。

東京でも12月、1月になればもう少し気温が下がってきますが、十分にバイクの防寒着として使えそうです。またどのモデルも非常に安価なので、手を出しやすいです。

バイク用の防寒ウェアを探しているのであれば、
  • イージス透湿防水防寒スーツ
  • イージス防寒つなぎ
  • イージスPRO防水防寒コート+パンツ
の3つのモデルをおすすめします。

価格はイージスPROが若干高め。しかし軽量でストレッチ素材を採用しており大きめのサイズ感なので、安全対策のプロテクターを中に着けてもかさばらず、おすすめです。

価格の安さを考えれば2015年モデルと同じ価格で機能性がアップしたイージスやつなぎタイプがおすすめ。

通勤中もイージスシリーズを着用しているバイク乗りを見ることが増えてきました。これからが冬本番。手持ちのウェアで寒さを感じたら、ワークマンのイージスシリーズを検討してみてはいかがでしょうか。

■関連記事
コスパ最強防水・防寒ウエアのイージスがさらに進化!
バイカー絶賛!最強の防寒ウェアはワークマンにあった
ホンダvsワークマンvsモンベル、レインウエア徹底比較

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。