あのコスパ最強バイクウエア「イージス」に新作が登場

2015年モデルを着てインプレッションしました

前回の記事ではイージスの2015年モデルを着てインプレッション。2016年の新作はどんな展開になるのでしょうか?


以前ワークマンの防水・防寒ウエア「イージス」を紹介する記事を公開したところ、非常に大きな反響がありました。ウェブ上では話題になっていたものの、二輪メディアなどではまだ取り上げられていなかったこともありSNSなどでも多くの人に拡散して頂きました。

記事公開後にはワークマンオンラインストアにイージスの在庫確認の連絡が殺到し、急遽追加手配する自体にまで発展したそう。

このように多くのライダーに支持されたイージスですが、なんと新作登場のウワサが。

「2016年冬商戦にはイージスを製品ではなく『ブランド』として確立しシリーズ化するので展示会に来て下さい!」

というワークマンの広報担当者・柏田さんのラブコールを受けて、ワークマンの新作発表会に行ってきました。

イージス、2017製品の発売前レビューはこちら

イージスブランド製品が大幅拡張!まずはラインナップを紹介

■イージス2016年モデル 上下セット 6,800円(以下、すべて税込)
2016年モデルundefinedイージス

2016年モデルのイージス。発売は10月中旬ごろを予定しているとのこと


昨年まではアウトドアメーカーのLOGOSに生産を委託してOEM提供されていたイージスですが、今年はワークマンが製造する形に切り替わっています。

ロゴがイージスに変更された

ロゴがイージスに変更された


そのため昨年まではLOGOSの製品名「リプナー」のロゴが刻印されていましたが、2016年モデルからは「イージス」のロゴに。また、カラー展開もブラックとライムグリーンの二色となり配色も変更されています。

ただ、一見するとカラー以外はあまり変更されていないように思われるのですが、開発担当者である中村さんによれば、ライダーにとっての使い勝手がさらに向上したとのこと。気になる変更点は、後ほど詳しく説明します。

■【新ラインナップ】イージスオーシャン 上下セット 6,800円

イージスオーシャン

イージスオーシャン


ストレッチ生地を採用することで驚きの動きやすさを実現しているのが「イージスオーシャン」。

名前にオーシャンと入っている通りメインターゲットは釣り人だそう。釣り好きのスタッフに聞いたところ「ストレッチ素材を使っているとキャスティングはしやすそう」とのこと。

ワークマンスタッフによれば、もちろんバイクにもバッチリ使えます!とのことだったので製品発表後に試してみたいと思います。

■【新ラインナップ】イージス防寒つなぎ 7,800円

イージスundefinedつなぎ

イージス防寒つなぎ


つなぎは構造的に上下が一体になっているので風や雨が服の中に入ってきにくい特徴があります。

私も以前通勤で防寒つなぎを使っていたことがありますが、防水や透湿性能はなかったので蒸れはありましたし雨の時にはレインウエアを着る必要がありました。

防寒・防水で更に透湿性能を備えたイージス防寒つなぎは、今年の冬にぜひ試してみたい一品です。

■イージスPRO防水防寒コート 5,800円
■イージスPRO防水防寒パンツ 4,900円


イージスPRO防水防寒コート

イージスPRO防水防寒コート

イージスPRO防水防寒パンツ

イージスPRO防水防寒パンツ


イージスよりも価格が高めに設定されているイージスPRO。私はまだ試した事がありませんが、イージスよりもシルエットが太めに設定されていることからも中綿の量は多そうです。素材がストレッチ製のある素材なのが魅力です。

■【新ラインナップ】RIDE ON イージス防寒ブルゾン 4,900円
■【新ラインナップ】RIDE ON イージス防寒パンツ 3,900円


RIDE ON イージス防寒ブルゾン

RIDE ON イージス防寒ブルゾン

RIDEundefinedONイージス防寒パンツ

RIDE ONイージス防寒パンツ


厚地防水生地をを採用したRIDE ONイージスはストレッチ素材で動きやすくシルエットも一般的なライダースジャケットに一番近い製品といえます。縫い目の防水加工が施されていないので完全な防水仕様ではないのが残念。

■イージスシールド 上下セット 9,800円

イージスシールド

イージスシールド


東北地方や北海道でのみ販売されているレアイージスがイージスシールド。ワークマンのカタログにも掲載されていないレア商品ですが裏地に起毛を採用したモデルだそう。極寒地で好まれる仕様だということなのでライダーにも良さそうですが、オンラインストアでも販売されていないレアさ。東北在住の方は是非ためしてもらいたい。

本気で取り組んだというイージスのパンツ改造

2015年モデルはパンツがいまいちだった

2015年モデルはパンツがいまいちだった


以前の記事でも書かせて頂いた事ですが、2015年モデルのイージスはパンツにツッパリ感があり、車高の高いオフロードバイクに乗っている時などにストレスを感じました。

そこで、取材後にイージスの課題点を聞かれた筆者はとにかくパンツを何とかしてほしいと担当の中村さんに告げていましたが、今回久しぶりに再開した中村さんは開口一番……

「相京さんパンツ履いてみてください!今年のイージスのパンツは相京モデルですよ!不満はないはずです」。

パンツが劇的に改善されている!

パンツが劇的に改善されている!


ワークマンスタッフが大勢見守る中、進められるままにズボンの上から着てみました。感想としては確かに突っ張らなくなっています。

水がたまって浸水しやすいズボンの前タテ部分にも水抜きが採用されていた

水がたまって浸水しやすいズボンの前タテ部分にも水抜きが採用されていた


中村さん曰く、パンツは改良というよりは一から設計しなおしたといっても過言ではなく、股上部分の長さを変更しつつ、膝と股部分に立体裁断を採用することで徹底したツッパリ対策を施したそうです。

ワークマンの展示会に参加してイージスを含めて色々な製品を見ていると、製品の前には必ず開発担当者がおり製品の感想を求められました。私はバイク乗りの視点で色々なご意見を言わせて頂きました。

今回イージスがズボンを中心にモデルチェンジしてきたのも、リアルでは私や他の二輪関係者の声を聞いているのでしょうし、インターネットのユーザーの書き込みなどもかなり参考にしたそうです。

イージス以外のワークマン製品もバイク乗りを助けてくれる!?

2016年の新イージスと新しいラインナップの発売は、10月中旬ごろを予定しているとのこと。まだ関東地方は暖かいのでイージスの出番はありませんが、今年は展開を広げたので、今後各製品を実際に着てみてインプレッションをお届けする予定です。

また今年のワークマンは、イージスに以下の3つを加えた、4ブランドを主軸にブランディングを進めています。

■ヒートアシスト
作業着メーカーの本領発揮!現場のプロが認める防寒性能を有したブランド

■フィールドコア
動きを妨げないストレッチ素材を採用したウエアを多くそろえたアウトドアなどにピッタリのブランド

■ファインドアウト
スポーツにピッタリの機能性素材を採用したブランド

裏地がマイクロフリースでストレッチ素材を採用したエアライトストレッチウォームパンツを進めていただいた

裏地がマイクロフリースでストレッチ素材を採用したエアライトストレッチウォームパンツを進めていただいた


ヒートアシストやフィールドコアの担当者にも「バイクにもいけると思います!」という熱いコメントを頂いたのでいくつか試してみたいと思っています。

機能性に優れたバイク用ウエアはどうしても高額になってしまいますが、2016年新モデルのワークマンも私たちに手を差し伸べてくれそうです!

■関連記事
コスパ最強防寒着・新イージス6種をバイク通勤で試す
バイカー絶賛!最強の防寒ウェアはワークマンにあった
驚異の防水!ワークマンの新最強バイク用レインウエア




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。