【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

褒められ上手はモテ上手

褒められたとき、どんな風に反応しますか?

褒められたとき、どんな風に反応しますか?

「◯◯さんって、いつも素敵ですよね!」
「いえいえ、そんなことないですよ」
こんなやりとりをした経験はありませんか?

日本人の気性として、「遠慮」や「謙遜」が大好き。褒め言葉にも遠慮や謙遜をして、受け取らないということがとても多いんです。でもこの行動、とてももったいないですよ!

今回は褒められ上手になる方法、そして褒められ上手になってモテ男&モテ女になる方法を伝えます。まずは、なぜ相手の褒め言葉を受け取ることが、モテにつながるのか考えてみましょう。


謙遜のつもりが、相手の気持ちを踏みにじってない!?

相手は、あなたを想って勇気を出して褒めたのにそんなに否定しなくても……と思っているかも。

相手は、あなたを想って勇気を出して褒めたのにそんなに否定しなくても……と思っているかも。

自分が褒められた場合、
「えっ、私なんて全然ですよ!」
「そんなことありませんよ!」
「ウソ言わないで下さ~い!」
「またまた冗談はやめてください!」
……などと照れ隠しや謙遜のつもりで、即座に否定していませんか? 

しかし、褒めるほうの立場で、考えてみてください。誰かを褒めるとき、とくに相手が異性だったら、勇気が必要ですよね。相手は、「褒めたい」「喜ばせたい」と意を決して、あなたに伝えたのです。褒めるというのは、プレゼントと同じです。

相手はあなたを喜ばせたいと思って褒めた(プレゼントを用意した)のに、受け取りもせずに否定して(捨てて)しまったら、相手の気持ちを踏みにじることになってしまうと思いませんか?

褒めて相手が喜んでくれれば、褒めた側も嬉しいし、「もっとこの人を褒めたい!」と思うようになる――それがお互いの好意の始まりです。これが「褒められ上手」はモテ男・モテ女になれるゆえんなのです。まずは、褒められた事実を素直に受けとめ、「ありがとうございます!」「そう言われると、うれしいです!」という風に答えてみましょう。


自分を下げずに相手を上げる、「褒め返し」

尊敬するあなたに認められてうれしい、という視点でコメントしてみて

尊敬するあなたに認められてうれしい、という視点でコメントしてみて

さて、褒められた時、上手に受け取るのは前提の話。もう一つ、オススメの方法があります。それが「褒め返し」です。

例えばあなたが服装について「素敵なワンピースですね!」と褒められたとします。それに対して、「わぁ、ありがとうございます! でも、◯◯さんのスーツのほうがオシャレだと思いますよ!」。もしくは、「いつもオシャレな◯◯さんに褒めてもらえるなんて、嬉しいです!」というように、返答してみましょう。

このテクニックのポイントは、「あなたのほうがむしろ自分よりも上級者である。そんなあなたに認められたことが嬉しい!」というメッセージを込めていること。自分を下げてもだれもうれしくないですが、相手を自分よりももっと上げることで、「謙遜」の気持ちも表現できますね。これらを意識して、「褒め返し」をしてみましょう。きっと相手は、「人を褒めたら、自分も嬉しい気持ちになった!」と感じてくれるはずですからね!


モテる褒め上手になるための3ステップ

モテる褒め上手になるために重要なのは、下記です。
・褒められたら、否定せずに受け取る。
・自分を下げずに相手を上げて褒め返しする。
・褒められた人も、褒めた人も喜ぶ


褒めたときに、それを上手に受け取ってくれると嬉しいもの。だから、それができるとわかれば、周りの人がもっと日常的に褒めてくれるようになります。これがモテにつながっていくんです。

褒められても相手を突き返すようなコミュニケーションを続けることで、「もう褒めるのをやめよう」と思われてしまう前に、ぜひ自分自身を見直してみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。