肩こりの人は要注意!肩こりが原因の「老け顔」ってあるの?

肩こりが続くと、肩こりの症状以外に顔のコンディションに影響がでることがあります

肩こりが続くと、肩こりの症状以外に顔のコンディションに影響がでることがあります

私が肩こりに悩む方のお話を伺う時、チェックするのは肩こりの範囲だけではありません。「顔」のチェックも大切にしています。実は、肩こりを訴える人の中には、お顔の印象やコンディションが気になる方が少なくないのです。「肩こりがツラいせいで、いきいきとした雰囲気になりにくいのかしら?」とも思いましたが、そう単純なものではないようです。

肩こりが悪化すると、美容の悩みが起こり始める?

肩こりが関わる体調の変化には、様々なものがあります。自覚しやすいものの一つが「顔」の状態です。鏡を見たり、顔を触ったりするとすぐにご自身で気付く場合もあるようです。症状によっては、美容の悩みになってしまうものもあり、肩こりとともに顔のコンディションも改善させていきたいと願う声も少なくありません。

■肩こりに悩む人に多い「顔」に現れる症状とは
  • 顔が腫れぼったくなる
  • 疲れた表情をしている
  • 顔の筋肉がこわばっている
  • 顔色がすぐれない、くすみがち
  • 肌にかさつきが目立つようになる
  • 顔のバランスに左右差が生じる
  • 口が大きく開かない

肩こりが原因で顔に悪影響が出るのはなぜ?

肩こりとともに顔のコンディションに変化が生じやすい理由は、肩こりが起こりやすい頸部や頭部の筋肉は、顔面の筋肉にもつながっているためです。首の筋肉が張ることで、頸椎の可動性も部分的に悪くなる場合があり、それが顎関節の動きにも影響を与えると、口の開閉に違和感が生じたり、顔の歪みとなって表れます。

肩こりになりやすい人や肩こりのツラい症状に悩まされている人は、日々ストレスを抱えて過ごしていることが多いため、いつのまにか笑顔が減り表情の変化が乏しくなることもあります。すると、顔の筋肉もよりこわばりやすくなります。こわばりに加え、筋肉の動きが少なくなると、血流の滞りや皮下の水分停滞、血色不良に繋がる可能性があります。さらに自律神経のアンバランスから、肌のかさつきやすさが目立つ人もいるのです。

スッキリ顔に戻すために効果的なこと

頚椎の負担を軽減させる目的も含め、首から肩周りにかけての筋肉をリラックスさせることです。それに加え、顔の筋肉を意識的に動かして、血流やリンパの流れを改善させていきます。また、顔の腫れぼったい状態は、ついお酒を呑み過ぎてしまったとうい翌朝にも生じやすいため、お酒の飲み方にも気をつけたいものです。

楽にできる肩こり解消エクササイズを知りたい方は、「テレビを見ながらできる楽々肩こり体操」をご覧ください。

■好きな香りで簡単ホットパック
タオルが冷めたら再度、レンジで温め2~3回顔に当てましょう

タオルが冷めたら再度、レンジで温め2~3回顔に当てましょう


濡らしたタオルを電子レンジで約1分間温めます。そのままでも良いですが、好きな香りのエッセンシャルオイルを1~2滴タオルにしみこませ、目の周りを中心にタオルを置きます。緊張しやすい目の周りの筋肉をリラックスさせるとともに、心もホッと和ませましょう。

 

■軽く頬の筋肉をつまみ上げる
指の腹を使ってやさしくつまんで下さい。本来は気持ちよいものですが、不快な痛みを感じる場合はその部位を避けて下さい

指の腹を使ってやさしくつまんで下さい。本来は気持ちよいものですが、不快な痛みを感じる場合はその部位を避けて下さい

頬骨の辺りから顎のライン付近の範囲を軽く指の腹でつまみ上げます。上記のエッセンシャルオイルをしみこませたタオルをそのまま使用しても良いですし、タオル無しでもかまいません。左右対称的な部位をつまんでいくと、つまみ上げやすさ・硬さ・少し痛いかも……といった感覚的な違いが分かります。血流の滞りがちな側は、つまむときに硬さや少々の痛みを感じるかもしれません。3秒間つまみ上げたらパっと放して、位置をずらしてください。

■おでこの筋肉をほぐす
おでこをほぐす際は、目を軽く閉じるとよりリラックスすることができます

おでこをほぐす際は、目を軽く閉じるとよりリラックスすることができます

おでこの筋肉がほぐれると、まぶたが重く感じる・頭が重いといった症状の改善にも役立ちます。手のひらの手首に近い柔らかい部分をおでこに当てます。手のひらはおでこから離さずに、5回円を描くようにゆっくりとマッサージしたら、位置をずらして同様に行います。


顔には心の奥にしまいこんでいる感情や何気ない生活習慣の影響も表れるといわれます。嬉しいことがあった後やたっぷり睡眠がとれた日などは、顔の印象も良く見えることが多いものです。慢性化しやすい肩こり同様に、顔のコンディション低下も慢性化する可能性がありますので、しっかりケアしてスッキリした顔をキープしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項