最も大きく変化したのは「メッセージ」

アップルのiPhone/iPad/iPod touch用基本ソフト「iOS」の新バージョン「iOS 10」が、今年も秋に配信される予定となっています。iOS10は基本的な操作やインターフェース面での変化はあまり大きくありませんが、「メッセージ」や「マップ」などの標準アプリケーションが大幅にアップデートされたことで、使い勝手が大きく向上しているのがポイントです。

iOS 10については6月にその内容が発表されていますが、既にパブリックベータ版の配布は始まっています。そこで、6月の発表内容やパブリックベータ版の使用感などから、iOS 10の進化ポイントについて説明したいと思います。

  • 「メッセージ」がLINE並みの高機能に
iOS 10における最大の進化ポイントといえるのは、日常的なメッセージをやり取りする「メッセージ」アプリです。iOS標準のメッセージアプリは、従来、テキストや絵文字、写真などによるシンプルなメッセージのやり取りしかできませんでした。それゆえメッセージアプリはSMSやMMS(携帯メール)をやり取りする時だけ利用し、友達との日常的なやり取りはLINEなどでするという人が多かったと思います。

しかしながらiOS 10では、このメッセージアプリが大幅に進化。テキストや画像だけでなく、会話を楽しくする多彩な機能が搭載され、LINEなど多くのメッセンジャーアプリ同様、楽しいコミュニケーションができるようになったのです。

LINEでいうところのスタンプが利用できるようになったのはもちろん、吹き出しがの表示の仕方が選べるので、より多彩な感情表現ができるようになりました。さらにもっとインパクトを与える機能として、画面いっぱいに風船や紙吹雪が飛び交うなどの派手な演出も用意されています。
iOS10

新しい「メッセージ」では、LINEのようにスタンプを送ることも可能になった

iOS10

画面いっぱいの演出を加える機能も用意されている

手書きのメッセージを送る機能も新たに用意され、手書き文字やイラストによるコミュニケーションもできるようになったほか、プリントシール機のような感覚で、写真に手書きの文字やスタンプなどを加えて送ることも可能になっています。
iOS10

テキストだけでなく、手書きでメッセージを書いて送ることも可能に

他にも、絵文字の入力がしやすくなったり、YouTubeのURLを送るとサムネイルが表示されたりするなど、使い勝手を向上させる豊富な機能が搭載。このアップデートによって、メッセージはLINEなどのメッセンジャーアプリに匹敵するコミュニケーションアプリに進化したといえるでしょう。


「地図」や「写真」も利便性が向上

  • 「地図」で日本の交通機関の経路検索が可能に
「地図」アプリも、iOS 10で大きな進化を遂げたアプリの1つといえるでしょう。デザインが一新され、普段の行動を基に行きたい場所を予測し、その最短経路を提示してくれるなど、行きたい場所をより見つけやすくなったのが大きな進化ポイントです。

ナビゲーション機能も進化して使い勝手が向上し、周辺のガソリンスタンドやレストランなどをより素早く、簡単に探せるようになります。そして何より、日本のユーザーにとって大きな進化となるのは、日本の交通機関の経路検索に対応するということ。特に都心で電車を頻繁に利用する人にとって、経路検索は欠かせないもの。それだけに、この点は非常に嬉しいポイントとなるのではないでしょうか。

  • AIの導入で探しやすくなった「写真」
今回のiOS 10では、人工知能(AI)の技術を取り入れて進化した機能がいくつかあります。その代表的な機能の1つとなるのが、「写真」アプリに追加された「メモリー」機能です。

メモリー機能とは、AI技術で撮影した写真を自動的に分析し、その特徴を基に「山」「犬」「車」など自動的に分類して探しやすくしてくれたり、撮影した場所や時間などに応じて複数の写真を自動的にアルバムにまとめてくれたりするもの。顔の認識もできることから、特定の人だけが写っている写真を探すことも可能です。目的に応じた写真をより探しやすくなり、より思い出を振り返りやすくなったといえるでしょう。
iOS10

「写真」には、新たに撮影した写真をAIで自動分類し、探しやすくする「メモリー」機能が搭載機能が

  • 「ミュージック」は歌詞表示に対応
「ミュージック」アプリはデザインや構成が大幅に変更され、よりシンプルで見やすい構成となりました。歌詞の表示にも対応したことも、歌詞を重視する人にとっては嬉しいポイントといえるのではないでしょうか。

  • 「ホーム」アプリの追加
iOS 10で新たに追加されたアプリが「ホーム」です。これは、iOS 8より対応している「HomeKit」に対応した家電機器などを、iOSデバイス上からまとめて制御できるもの。従来、HomeKit対応機器を制御するには個別のアプリが必要でしたが、今後はホームアプリ上から全てのHomeKit対応機器を制御できるようになります。
iOS10

新たに追加された「ホーム」を使えば、HomeKit対応の家電などをまとめて制御できるようになる

もっとも、日本ではまだHomeKit対応機器自体があまり登場していないことから、ホームアプリは現在のところ、日本の多くのユーザーにとって重要性はあまり高くないでしょう。ですが今後対応機器が増えた時、家の家電機器をiPhoneで操作できるようになり、利便性が大きく高まることから、注目しておくべき機能といえるのではないでしょうか。
 


 

ロック画面が大きく変化し使い勝手が向上

  • スリープ・ロック解除方法が変更
アプリ以外の基本機能に関しても、いくつか改良されたポイントがあります。そのうちの1つが、スリープやロックの解除方法変更です。従来は電源ボタンを押すなどしてスリープを解除した後にフリックすることでロックを解除していましたが、iOS 10ではスリープ解除後、ホームボタンを押すことでロック解除されるようになります。

またiPhone 6s以降(iPhone SE含む)は、本体を持ち上げた時にスリープ解除がなされる「Raise to Wake」機能にも対応。ボタンに触れることなくスリープを解除し、通知を確認できるようになります。

  • 「Today view」の追加
ロック画面やホーム画面から、右にフリックすることで現れるのが「Today view」です。ここでは今日の天気やカレンダーのスケジュール、ニュースなどが表示されるので、ロック解除する必要なく予定などの確認ができるようになったのは便利といえるでしょう。ちなみにロック画面から左にフリックすると、カメラが起動するようになっています。
iOS10

ロック画面やホーム画面から右にフリックすると現れる「Today view」。今日の予定やニュース、天気などをまとめて参照できる便利な機能だ

  • 通知から直接メッセージの返信が可能に
通知機能も進化しており、ロック画面のまま、通知に表示されたメッセージに対して返信することも可能となっています。メッセージアプリ側の対応が必要となるため全てのアプリで利用できる訳ではありませんが、ロック解除する手間なく素早く返信できるのはメリットです。

  • 「コントロールセンター」が2画面に
画面下から上にスワイプすると現れる「コントロールセンター」が2画面に分割され、左右にフリックすることで画面を切り替えながら利用する形となりました。ちなみに1つ目の画面は設定のオン・オフやAirPlay、2画面目にミュージック関連の機能が配置されています。

  • 文脈に合わせて予測する「QuickType」
AI機能は文字入力用のキーボード「QuickType」にも活用されています。入力した文章の文脈を解釈して次の候補をリストアップするだけでなく、入力した内容によって場所や連絡先などを参照し、直接入力することも可能となります。

  • 「Siri」が標準アプリ以外にも対応
音で話しかけるだけで、必要な情報を検索できるエージェント機能の「Siri」ですが、従来はiOS標準のアプリにしか対応していませんでした。ですがiOS 10では、Siriをサードパーティー製のアプリと連携させることが可能になりました。これによってメッセンジャーアプリで返信したり、配車アプリでタクシーを呼んだりすることも、声で話しかけるだけでできるようになります。ただしこちらも、利用するアプリの側がSiriに対応している必要がある点には注意が必要です。
iOS10

「Siri」が標準アプリ以外にも対応したことで、話しかけるだけで配車アプリを使った配車の呼び出しなどができるようになった

ここまでiOS 10の主な新機能を紹介してきましたが、基本機能だけでなくアプリの大幅な進化によって、従来の不満が解消され、より便利に利用できるようになったといえるでしょう。新iPhoneにも期待が高まるところですが、新しい体験が得られるiOS 10の正式なリリースも、大いに期待されるところです。

最後に、iOS 10の対応デバイスは以下の通りとなっていますので、自分が持っている機種が対応しているかどうか、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

  • iPhone
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5
  • iPad
iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 9.7インチ、iPad Air 2、iPad Air、iPad 第4世代、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2
  • iPad touch
iPod touch 第6世代

【関連サイト】
iOS 10プレビュー - Apple(日本)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。