イベント目白押し! イギリス夏のおもなイベント

女王陛下の公式誕生日を祝う、華やかなパレードundefined©VisitBritainImages

女王陛下の公式誕生日を祝う、華やかなパレード ©VisitBritainImages

■6月第一から第三土曜のいずれか トゥルーピング・ザ・カラー(Trooping the Colour)【ロンドン】 
エリザベス女王の公式誕生祝賀式典で行われる軍隊パレード。バッキンガム宮殿近くの近衛騎兵練兵場「ホース・ガーズ」で行われ、ザ・マル沿道で騎馬兵や楽団のパレードが通過するのが見られます。

■6月中旬の5日間 ロイヤル・アスコット競馬(Royal Ascot)【アスコット】 
華やかなファッションの競演も有名な、アスコット競馬。女王陛下も毎日観戦される特別な社交イベントです。入場チケットの一般発売は毎年1月。人気イベントなので、手配は公式ウェブサイトからお早めに。ドレスアップして出かけましょう!

■6月最終週~7月第一週  ウィンブルドン・テニス選手権(Wimbledon Chapionships) 【ロンドン】  
初夏の風物詩、ウィンブルドン! 一般観戦チケット購入権は高倍率の抽選ですが、旅行会社などで手配可能な場合も。時間と体力に余裕があるなら、当日券の行列に並んでみるのもいいでしょう。手軽に雰囲気を楽しむだけなら、夕方以降の安売りチケットがおすすめです。

■7月下旬~ BBCプロムス(BBC Proms) 【ロンドン】  
ロイヤル・アルバート・ホールで2カ月にわたって開催される、世界的に有名なクラシック音楽の祭典。予約不要の立ち見席(かぶりつきアリーナまたは天井ギリギリのギャラリー)は5ポンドと格安なので、気軽に楽しめます。

■7月末から約2ヶ月間 バッキンガム宮殿の一般公開 【ロンドン】  
毎年夏の2カ月間に限り、エリザベス女王の公邸、バッキンガム宮殿が一般公開されています。毎年少しずつ公開内容が違うので、リピーターも飽きることがありません。また、チャールズ皇太子夫妻とウィリアム・ハリー両王子の公邸、クラレンス・ハウスも同時期に限定公開されています。こちらもおススメ!

■8月第一金曜~ エディンバラ・ミリタリー・タトゥー (Royal Edinburgh Military Tattoo)【エディンバラ】
8月はエディンバラが熱い!写真はエディンバラ城undefined©VisitBritainImages

8月はエディンバラが熱い! 写真はエディンバラ城 ©VisitBritainImages

エディンバラの夏の夜を華やかに彩る軍隊パレード、ミリタリー・タトゥー。パレードは約3週間、日曜を除く毎日行われていますが、人気のイベントなので、チケット手配はお早めに!

■8月いっぱい エディンバラ・フェスティバル・フリンジ (Edinburgh Festival Fringe) 【エディンバラ】  
注目の若手から一流パフォーマーまで、世界中のエンターテイナー1万8000人 がエディンバラに集結! 2000あまりのショーが行われる他、街のあちこちでストリート・パフォーマンスも。エディンバラが熱気に包まれる3週間です。

■8月下旬 国際ビートルズ週間(Beatle Week Festival)【リヴァプール】
ビートルズの生まれ故郷で毎年開催される、ビートルズ・ファンの祭典。ライブやレコード・フェア、ビートルズゆかりの品のオークションなど、ファンにはたまらないイベントが盛りだくさんです。

■8月最終日曜・月曜 ノッティングヒル・カーニバル (Notting Hill Carnival)【ロンドン】
ヨーロッパ最大のストリート・カーニバルで、屋台やライブなど見所盛りだくさん!なお、この日は通 行止めや地下鉄駅の閉鎖、バスの迂回など、さまざまな交通規制があるので、ロンドン交通局のサイトで事前にチェックを。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。