前バージョンからさらに機能がアップした「PowerDirector 8」

サイバーリンクのビデオ編集ソフト「PowerDirector」のバージョンアップ版「PowerDirector 8」が発売されました。今回は、そのPowerDirector 8のレビューをお届けいたします。
▲「PowerDirector 8」のボックスショット

▲「PowerDirector 8」のボックスショット


バージョンアップには、今までの機能にさらに便利な機能が追加されるマイナー的なバージョンアップと、いままでとは別の切り口から開発された新しい機能が追加されるステップアップ的なバージョンアップ2種類があるように思われます。

車でいえば、ボディーデザインは大きな変化がないけど、機能がアップしたバージョンアップ。また、デザインも機能も一新されたバージョンアップでしょうか。

今回のPowerDirector 8は、どちらかといえば前者のバージョンアップ。編集画面のデザインなどは、PowerDirector 7と大きな違いはありません。しかし、その中身はといえば、前バージョンとは比較にならないほど機能アップしており、まったく別のソフトといえるくらいの機能アップが図られています。
▲「PowerDirector 8」の編集画面。

▲「PowerDirector 8」の編集画面(画面クリックで拡大)


新機能についての詳細はサイバーリンクのWebサイト等で紹介されていますが、主な新機能をまとめてみました。
  • シャドウファイルの作成による快適なハイビジョン映像の編集が可能
  • 標準画質の動画をハイビジョン並みの画質にアップコンバートする「ビデオエンハンスメント」機能の搭載
  • 最大16のトラックタイムライン、9トラックのPiP(Picture-in-Picture)、4トラックまでのオーディオトラックに対応
  • デュアルモニタ出力に対応。プレビュー画面を独立したディスプレイに表示させることも可能
  • 編集画面を自由に調整可能
  • Intelの新コア「Core i7」のほか、NVIDIAの「CUDA」、AMDの「ATI Stream」に対応し、CPU/GPUの最適化による高速なレンダリングの実現
難しそうな機能が並びますが、わかりやすくいえば、次のように機能アップされたということです。
  • ハイビジョンのきれいな画質を活かした、スムーズな編集ができる
  • 編集画面の各パネルサイズを自由に調整できる
  • 編集後のデータ出力が高速にできる
もっとわかりやすくいえば、
  • きれいな映像を思い通りに編集し、きれいなまま高速に出力できる
ということですね。

ということで、ザックリとガイド的に注目したい機能をご紹介しましょう。沢山ある機能の中から、ガイドが注目した機能を、新旧の機能を織り交ぜてセレクトしていますので、その点をご了承ください。

なお、体験版がサイバーリンクのWebサイトからダウンロードできるので、合わせてご利用ください。