使わなきゃ損!インターネットバンキングとは

ネットバンキングとは、銀行との取引をインターネットで行うことです。 給料日など混んでいる時に銀行ATMにわざわざ並ばなくても、口座の残高照会や振り込みができる便利なサービスなので、ぜひ使いこなしたいもの。インターネットで利用できる主な取引には次のものがあります。 自分が使っている銀行のネットバンキングでできることもチェックをしてみましょう。

●主にインターネットバンキングでできること

・残高照会
・入出金明細の照会
・振り込み
・振り替え
・定期預金の預入や解約
・宝くじの購入
・外貨預金や投資信託などの購入
など
※サービス内容は銀行によって違います

銀行の特典サービスもチェックしておこう

まず自分が給与振り込み口座に設定している銀行のインターネットバンキングのサービス内容をチェックしてみましょう。インターネットバンキングと銀行が提供している特典サービスを組み合わせて使うと、手数料がお得になるなどのメリットがありますので、ぜひ利用したいものです。

例えば、三井住友銀行を給与振り込み口座に使っている人の場合、インターネットバンキング「SMBCダイレクト」は特典サービスの「SMBCポイントパック」と組み合わせると、条件を満たすことでATMの時間外手数料が無料になるなどのメリットがあります。積もり積もって大きな出費になりがちな銀行の手数料は、金利が低い今、できるだけ安く抑えたいものですよね。以下に三井住友銀行のネットバンクを例にしてメリットを解説します。

SMBCポイントパックは、「口座(残高別金利型普通預金)」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」をご契約した人にポイントの付与や手数料の割引を提供

SMBCポイントパックは、「口座(残高別金利型普通預金)」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」を契約した人にポイントの付与や手数料の割引を提供(画像は三井住友銀行HPより引用)



Web通帳でいつでも取引明細の閲覧ができる

SMBCダイレクトにログインすると、最大15ヶ月分の取引明細を閲覧することができます。取引明細はPCからダウンロードしてプリントもできますし、CSV形式のファイルもエクスポートできますので、家計の管理にも、とっても便利。もうATMに並んで残高照会をしたり、こまめに通帳記入をしたりする必要はありません。

振込も住所変更も24時間自宅でOK

SMBCダイレクトで所定の手続きをすれば、振込や住所変更などもオンライン上で24時間できるようになります。銀行で長時間待たされるストレスから解放されるだけでなく、夜中に手続きをしても時間外手数料がかかりません。

定期預金の管理も自由自在

三井住友銀行の定期預金「特典付積立<りぼん>」の臨時の追加預入や積立明細の一部解約も、SMBCダイレクトの中からいつでも手続きができます。ちょっと今月は余裕があるなというときに移しておけば、無駄遣いを防げるのではないでしょうか。

振込手数料がお得に

SMBCダイレクトからの振込なら、条件を満たすことで、窓口に比べて手数料が最大432円もお得になります。(詳細はこちら
振込手数料の一例

振込手数料の一例



また、SMBCダイレクトから手続きすることで、三井住友銀行の本支店あての振込手数料108円が無料になりますので、使わない手はありませんよね。

公共料金の払込も自宅で完了できる

税金や公共料金、各種料金などの支払いができるPay-easy(ペイジー)。納付書や請求書にPay-easyのマークが付いていれば、わざわざコンビニや銀行の窓口へ行かなくても、SMBCダイレクトから払い込むことができます。インターネットバンキング(SMBCダイレクト)のメニューから「税金・各種料金の払込」を選択して払込書等に記載された「収納機関番号」、「お客さま番号(または納付番号)」、「確認番号」等を入力し、払込内容を確認後に支払が完了します。

Pay-easyの画像

Pay-easyはこんなマーク


ATMオートロックサービスでいざという時にも安心

SMBCダイレクトから無料で申し込めるATMオートロックサービス。万が一キャッシュカードを落としてしまった場合に、ATMからの出金を完全に防御することができます。また、普段あまりキャッシュカードを使わない方であれば、一時的にロックを解除して出金後は自動で再ロックをかけるといった使い方もOK。ロックしている間も、SMBCダイレクトからの他口座への振替や振込は、行うことができます。

使い方がわからないときはチャットで相談

SMBCダイレクトの使い方がわからないときは、チャットで問い合わせるのが便利。毎日9:00~21:00まで使えます。また、SMBCダイレクトを利用していれば、資産運用・ローン・保険といったお金に関する相談もインターネットで相談することが可能。「相談したいけど、営業されるのは苦手……」といった方におすすめです。

チャット利用イメージ

チャットを開くと、こんな風に話しかけてくれます。


「SMBCダイレクト」は、三井住友銀行の口座を持っていれば、申し込み後すぐに様々な銀行取引が始められます。(詳しい申し込み方法はこちらをご参照ください。)PCやスマートフォンで見られるWebサイトのほか、スマートフォン専用のアプリもありますので、気になった方は一度開いてみてはいかがでしょうか。

ATM手数料優遇でお得!メガバンクの特典サービスには注目を

以上は三井住友銀行のインターネットバンキングについて解説しましたが、他のメガバンクについてもお得な優遇サービスが用意されていますので、ご自身のメインバンクの情報をぜひチェックしてみてください。

●三菱東京UFJ銀行の場合
普通預金口座『スーパー普通預金(メインバンク プラス)』と『三菱東京UFJダイレクト』を利用することで、優遇が受けられます。預金残高や給与振り込み口座に指定されている、住宅ローンの利用などの判定条件をもとに、「ホワイトステージ」「シルバーステージ」「プラチナステージ」の3段階に優遇内容が分かれており、ATM手数料、コンビニATM手数料、ダイレクトを利用しての他行振り込み手数料などがそれぞれ優遇されます。

●みずほ銀行の場合
『みずほダイレクト』と『みずほマイレージクラブ』を利用することで、取引状況によりATM時間外手数料無料などの優遇サービスを受けられます。条件としては、給与の受け取りまたは各種預金残高が30万円以上など。資産運用残高ありまたは預金残高が500万円以上でダイレクトによる月4回まで他行振り込み手数料無料などのサービスも。

※各銀行のサービス内容については変更する可能性もありますので、詳しくは各銀行のHPを御覧ください



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。