60歳で完全リタイア。年金と貯蓄だけで老後資金は足りる?

老後のお金が少ないのではと不安になる

老後のお金が少ないのではと不安になる

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、老後を迎え、今後が資金的に心配になってきた60代の男性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
もっちゃんさん(仮名)
男性/無職/60歳
京都府/持ち家・一戸建て

■家族構成
妻(60歳/無職)

■相談内容
老後が大変に不安です。何歳まで生きることができるでしょうか。事情により、今後働いて収入を得ることはありません。

■家計収支データ
「もっちゃん」さんの家計収支データ

「もっちゃん」さんの家計収支データ




■家計収支データ補足
(1)加入保険の内訳
・夫/がん保険(終身払い終身保障、入院・夫1万5000円/妻1000円、診断給付金・夫100万円/妻60万円)=保険料4930円
・夫/終身保険(終身払い、死亡保障200万円、入院特約・夫婦とも1万2500円)=保険料6000円

(2)公的年金、他の支給額
・60~64歳
夫/62歳から3年間で307万円、妻/60歳から5年間で210万円
・65歳以降
夫/月額14万5000円、妻/月額 9万円
・他に個人年金保険より65~75歳までの10年間年金受け取り
夫/年額72万円、妻/年額48万円

(3)自宅リフォームの必要性
近いうちに発生することはほぼなし

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 100歳まで生きても資産の目減りは1割以下
アドバイス2 必要以上に不安になることはかえってマイナス
アドバイス3 気になるなら家計をスリムに
 
アドバイスの詳細はこちら>>