成田国際空港エリアを現代アートの拠点に

JR成田線・下総松崎駅から徒歩30秒のカフェ

JR成田線・下総松崎駅から徒歩30秒のカフェ、TOAST AND HONEY


都心から電車で1時間あまり、成田国際空港につながる千葉県成田市の森と里山を舞台として、ランドアート・プロジェクト「ふわりの森」が始動しています。空港を囲む森を現代アートの森にすべく、過疎化が進む町の空き物件をカフェやギャラリー、アーティスト・イン・レジデンスの施設にリノベーションして国際的なアートの拠点とする試みです。

ディレクターは国内外で活躍するアーティスト、シムラユウスケさん。故郷である成田市の小さな駅前の古い一軒家を改装し2015年12月にオープンしたカフェ「TOAST AND HONEY(トースト アンド ハニー)」を、このプロジェクトの入口と位置づけています。

青空に飛行機が見える静かな田園風景と森。近くには豊富なエステメニューが揃った日帰りの黒湯天然温泉「大和の湯」もひかえています。日が沈めば高層ビルやネオンの光に邪魔されない夜空に星々が輝くこの土地へ、現代アートと温泉を巡る小旅行をしてみませんか。

現代アートとコーヒーのサードプレイスカフェとして

カフェTOAST AND HONEYとして再生された木造家屋は、かつては小さなうどん屋さん。改装にあたり、シムラユウスケディレクションのもとで国内外のアーティストがコラボレーション。元からあったランプシェードの内側には、Kaikai Kiki所属のアーティスト、佐藤玲さんがイラストを描きました。

店内のそこかしこにシムラさんやアーティストの作品、地元の子どもたちの作品がちりばめられて。

店内のそこかしこにシムラさんやアーティストの作品、地元の子どもたちの作品がちりばめられて。


昭和時代のうどん店の面影とカリモクのソファ、ファイヤーキングの食器、現代アートが融合し、独特の面白い空気感を醸し出しています。

一杯ずつハンドドリップするスペシャルティコーヒーは、「物語を開き、思考するコーヒー」がコンセプト。ハワイ、インドネシア、ブラジル、コロンビアの豆を組み合わせたT&Hオリジナルブレンドには、チョコレートのようなビター感と甘さが漂います。

T&Hオリジナルブレンドはシムラさんがさまざまな農園のスペシャルティコーヒーの試飲を重ねて完成。

T&Hオリジナルブレンドはシムラさんがさまざまな農園のスペシャルティコーヒーの試飲を重ねて完成。



「TOAST AND HONEYのコンセプトであるサードプレイスは、ファーストプレイスを『自宅』、セカンドプレイスを『職場』、そしてサードプレイスを『目的を持ち集まれる場所、未来や夢の話が出来る場所』と定義しています」とシムラさん。

「現代アートプロジェクトのゲートとして、アート作品が楽しめるカフェとして、夜中までスペシャルティコーヒーが楽しめるカフェとして、夜に星を見に来る場所として、楽しんでもらえたらと思います」

「HONEY GOLD COFFEE」はオリジナルブレンドに地元養蜂場のはちみつを加えた、甘くて優しい一杯。トーストにもこのはちみつが使われます。

「HONEY GOLD COFFEE」はオリジナルブレンドに地元養蜂場のはちみつを加えた、甘くて優しい一杯。トーストにもこのはちみつが使われます。



東日本大震災と母校の閉校を経て

2011年の東日本大震災で被災した成田市と栄町。震災以降も空港周辺の里山は過疎が進行しており、2013~2015年の2年間で8校もの学校が閉校になっています。その中に、シムラユウスケさんの母校である酒直小学校(さかなお小学校)も含まれていました。

畳でくつろげる小上がり

畳でくつろげる小上がり


シムラさんは139年もの歴史を持つ母校がなくなることを惜しみ、2014年に地域アートプログラム「SAKANAO139/記憶美術館プロジェクト」を企画。小学校の生徒たちと地域の人々、国内外のアーティストたちが協力しあい、校舎を記憶の美術館にするというテーマを掲げてさまざまな特別授業とワークショップに取り組むと同時に、地域と繋がる場所を育ててきました。

この白いウサギが「ふわり」。眠る看板猫とともに。

この白いウサギが「ふわり」。眠る看板猫とともに。



「ふわりの森」とは、シムラさんがドローイング作品のモティーフにしてきた白いウサギのキャラクター「ふわり」にちなんだ命名。成田国際空港とその周辺エリアを空港+アートラウンジにすべく、ふわりの森アーティスト・イン・レジデンス「FAIR(フェアー)」を立ち上げてアーティストを招聘します。

国内外で注目を集めるアーティストたちが滞在・制作・交流しながら国際的なアーティストヴィレッジを形成する。そんな環境において、「隣の席はアーティスト」(シムラさん)という開かれた場所がカフェTOAST AND HONEYなのです。

「東京オリンピックもひとつの軸に、成田国際空港をアジア最大のアート空港へと進化させていきたい。2020年には「空港都市国際芸術祭 ふわりの森 ART PARADE」を開催し、NARITAに現代アートをインストールしていくことで国際的なアートハブを創ります」

看板猫ムンク

看板猫ムンク



ニューヨークをはじめとして海外で活動する機会も多いので、成田から東京に行くよりも、空港発ニューヨークのほうが心理的に近いかもしれない――そんな話をうかがっていると、看板猫のムンクがソファまで遊びに来ました。

カフェからFAIRとギャラリーまでは徒歩3分、大和の湯までは徒歩約15分。たとえば正午から14時まではカフェとギャラリー、14時からのんびり散歩して大和の湯でエステと温泉と夕食、というコースはいかがでしょう。

空港から2駅、週末にも都心から簡単にアクセスできる場所。日本家屋をリノベーションするホテルプロジェクトも始まります。シムラさん「星を眺めながらスペシャルティコーヒーをお楽しみください」

空港から2駅、週末にも都心から簡単にアクセスできる場所。日本家屋をリノベーションするホテルプロジェクトも始まります。シムラさん「星を眺めながらスペシャルティコーヒーをお楽しみください」


menu

T&Hオリジナルブレンドコーヒー 400円
HONEY GOLD COFFEE 400円
T&Hガパオライス+コーヒーセット(地元野菜の自家製ピクルス付))1000円

shop data

TOAST AND HONEY(トースト アンド ハニー)
【住所】千葉県成田市大竹295
【TEL】なし
【OPEN】金12:00~22:00、土12:00~24:00、日祝12:00~22:00
【CLOSE】月~木(祝日の場合は営業)
【最寄り駅】JR成田線「下総松崎」駅より徒歩30秒

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。