松本隆一の値引き生情報「ボルボvsベンツの一騎打ち」

雑誌「月刊自家用車」で私が担当する「松本隆一の値引き生情報」に寄せられた読者からの値引き体験談をお届けするこの連載。

今回はボルボV40 の値引きを狙う東京都在住の46歳男性・X氏からのレポート。対抗候補となるのはメルセデス・ベンツGLAクラス、レクサスCT、BMW2シリーズ、フォルクスワーゲンゴルフです。
VOLVO V40 D4 R-デザイン

VOLVO V40 D4 R-デザイン

MERCEDES-BENZ GLAクラス

MERCEDES-BENZ GLAクラス

LEXUS CT

LEXUS CT

BMW2シリーズ

BMW2シリーズ

VOLKSWAGENゴルフ

VOLKSWAGENゴルフ


ボルボを狙うなら、メルセデス・ベンツとの競合をあおっていくと大いに有効。とくに、今回のX氏のように「妻はベンツ派。説得するには値引き条件や下取り額の上乗せが必要」とか「父は外車を買うならやっぱりベンツだと言っている」などとやるといい。また、レクサスやBMW、VWをぶつけていくのも効果的です。

では、X氏からのレポートをどうぞ

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

「妻はベンツ推し。説得するには……」このセリフに熱血男が燃えた!

狙いはボルボV40。ただし、妻は「外車にするなら、やっぱりベンツ! 最近出たGLAがかっこいい!」とのこと。私もベンツに魅力を感じているので、この2車を対象にクルマ選びを開始することにした。

折しも、ボルボは初売りキャンペーンとしてV40ローン金利0%を実施。広告を見ると「1月11日までの契約」という条件が付いている。これを逃してはいけない。

というわけで、1月3日にディーラーまわりを開始する。まずはボルボへ。セールスさ
んに「V40の購入を検討している」と伝えると、すかさず試乗車を用意してくれた。

自慢のディーゼルエンジンから生み出されるトルクの太さは想像以上! 正直、快感を覚えるほどの走りっぷりだ。この試乗によって「欲しい!」という気持ちは一層UP! 希望のグレード「D4 R - デザイン」は200台限定の特別仕様車。それだけに、当初は「値引きはできません。ただし、金利ゼロのローンが利用できます」みたいな売り方をしてくると思っていた。ところが、いきなり10万円引きを提示。

また、これとは別に有料の「2年延長保証」を無料サービスしてくれるとのこと。ただし、下取り車ジュークの査定額は70万円と思ったほどではない。ともあれ、初回の見積もりとしてはまずまずの成果だろう。セールスさんは熱血タイプで、またまだ上乗せはききそうだ。

その足でベンツへ。GLAの見積もりを出してもらうと、支払い総額はV40より安くなった。ベンツ推しの妻は気分を良くしている。

2車とも好条件を提示してきたので、大いに迷う。いずれにしても、初売りキャンペーン中に決めなければならないので、ボルボvsベンツの一騎討ちにもち込むことを決意。ベンツGLAの好条件をもって、ボルボを再訪問。競合を伝えると「頑張ります!」と大いに燃える。車両本体値引きだけでなく、付属品割引も前回より数段UP! 私が下取りの70万円に不満顔を見せると「わかりました。いろいろあたってみます!」と力強い返答。
ボルボ

その後1週間、仕事帰りに販売店に寄ったり、メールで連絡したりと交渉を重ねる。その結果、V40とGLAの支払い総額はほぼ同等となる。

本命・V 40は車両本体値引き45万円、付属品値引き10万円に上乗せ。さらに下取りはなんと100万円にUP! 5年ローンの金利は0%で、これを値引きに換算すると約20万円。すなわち、下取りのUP分30万円とゼロ金利分を含めると、実質的な値引きは105万円に到達したことになる。

ちなみに、下取り車ジュークはネット一括査定を申し込み、高額を提示してきた買い取り専門店3社にあたったが、どこも「100万円は無理。とてもそこまで出せない」と降参。GLAの最終条件を取った上で、ボルボに乗り込む。

X氏「私はV 40を購入したいと思っています。ベンツ志向の強い妻を説得するために決定的な条件を提示してください。お願いします!」
セールス担当「わかりました! Xさんの思いを受け止めます」

車両本体値引きを45万円から52万4956円引きにUPしてくれたので、ついに気持ちをかためる。いったん戻って、妻を連れて最終訪問。

妻「まだベンツに未練が残っていますが、フロアトレイセットとナンバーフレームを無料サービスにしてください。それからガソリン満タンも。OKなら判を押します」

さすがに当初は難色を示したが、最後はこちらの熱意に根負けして了承。付属品34万4456円から15万2000円引きで、車両本体値引きと合わせると67万6956円引きに成功。

「おー、カッコいい~!!」という家族3名のハモりが新愛車への第一声。エンジン音、キビキビした走り、重低音サウンド、追従機能の便利さ。大満足で週末が楽しみです。

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

松本隆一の値引き採点 評価は5点満点で「5」

ということで、X氏からのレポートをお届けしましたが、私の値引き採点は5点満点で「5」。買い得感はめちゃめちゃ高い、ウルトラC!です。
ボルボV40 D4 R-デザイン

ボルボV40 D4 R-デザイン

  • 車両本体価格 459万円
  • トータル値引き 67.7万円(8%税込み)
  • 値引き率 13.7%
ベンツ派の奥様を武器にボルボを上手に攻略しています。その奥様の“ 最後のひと押し”も見事でした。ボルボはこのところ大幅な値引きを出していますが、ここまで取れたら大成功。下取り車の損得勘定をしっかりやっている点も高く評価します


さらに値引きについて知りたい方は「月刊自家用車アーカイブスforカーコン・マーケット」もチェック!

月刊自家用車(内外出版社)

月刊自家用車(内外出版社)

■こちらのコンテンツは「月刊自家用車」2016年5月号(内外出版社)内の記事を転載・一部改変したものです。

「月刊自家用車」は車を安く買って、かしこく付き合うための、お役立ち情報が満載の自動車専門誌。ユーザーの立場から編集する新車バイヤーズガイド、 ニューモデルのスクープ、試乗インプレッションをはじめ、知っておきたい値引き情報をお届けしています。オフィシャルサイトはこちらから!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。