2018年7月31日、火星が地球に大接近!

真夜中に、南東から南の空を見上げると、ひときわ明るくて、赤く輝いている星が目に飛び込んできます。その星は、"火星"。地球のひとつ外側にある惑星です。実はちょうど今、火星が地球に接近中。そして、もっとも地球に近づく日が、7月31日なのです! 地球と火星の距離は、約5800万kmまで縮まり、2003年以来、15年ぶりに「大接近」となります。
 

火星が「スーパーマーズ」になるとき

地球が太陽の周りを1年(約365日)かけてひと回りするのに対して、火星は約1年10ヵ月(約687日)かかります。言い換えると、地球のほうが火星よりも公転周期が短く、太陽の周りを速く1周するということ。

地球

いつの日か、この地球から火星へ移住する日がくるかも!?

そのため、地球と火星は離れていても、だんだんと距離が縮まり、やがて地球が火星に追いついて隣り合わせになる瞬間がやってきます――ここでちょっと、自分の前を歩いている人を追い越す瞬間を想像してみてください。肩と肩が触れ合うくらいに近づいて、その人の真横に並びますよね。まさに、そんなイメージ――これが、地球と火星が最接近するときで、およそ2年2ヵ月ごとに起こります。

月が地球にもっとも近づくタイミングで満月になると「スーパームーン」と呼ばれますが、火星も地球に最接近したときに「スーパーマーズ」になるというわけです。最接近する頃、火星は明るくて大きく見えるため、観察の絶好機となります。

赤い色合いが印象的で、明るさはマイナス2等級超え。夜空でかなり目立っているので、すぐに見つけられるでしょう。
 

小接近から大接近まで、毎回変わる接近距離

火星は、約2年2ヵ月の周期で地球への接近を繰り返していますが、2つの天体の距離は毎回同じではありません。なぜなら、火星の軌道が完璧な円形ではなく、少しゆがんでいるから。さらに、最接近の周期が約2年2ヵ月とハンパなので、地球と火星が隣り合わせになる位置(最接近する位置)が毎回ずれてしまい、距離が大きく変わってしまうのです。最接近といっても、その距離は約6000万kmから約1億kmまでと幅があります。
火星の最接近日と距離

2014年から2027年までの、地球と火星の最接近はこんな感じ。2018年は「大接近」となります!


前回(2016年5月31日)、火星が地球に最接近したときの距離は約7500万kmで「中接近」といったところでしたが、今回(2018年7月31日)は、約5800万kmまで距離が縮まって「大接近」となるわけです。

大接近は、約15~17年ごとにおとずれます。ちなみに、次回の大接近は、17年後の2035年です。
 

9月上旬まで明るさが続き、年内は観察が楽しめる!

地球と火星が接近する年は、最接近日に話題が集中しがちですが、その前後でも十分に観察できます。とくに9月上旬までは、最接近日に劣らぬ明るさで見頃です。

仮に、南の空を見上げるとしましょう。その場合、火星が見られる時間帯の目安は次の通りです。

・7月31日前後:真夜中頃
・8月中旬:21時頃
・9月上旬:20時頃

以降、南の空に火星が見える時間帯は少しずつ早まっていくとともに、見え方もだんだんと暗くなっていきます。しかし、年内は1等星よりも明るく光っているので、肉眼でもよく見えます。

2018年は「火星イヤー」といっても過言ではありません。大接近してスーパーマーズになる7月31日はもちろんのこと、猛々しく輝く赤い火星を、今年いっぱい楽しんでほしいと思います。

【関連記事】
人気上昇中! 「スーパームーン」の魅力とは
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。