TOP > シクリッド > 南米産小型シクリッド

レタカラ・タイエリ
画像提供:オオツカ熱帯魚

レタカラ・タイエリ

学 名:Laetacara thayeri(Steindachner, 1875)
通称名
英 名
分 布:南米:アマゾン川流域(ブラジル、ペルー)
サイズ:12cm TL
Temp :22-28℃
pH  :pH6.5-7.5


1875年にスタインダックネリーに記載されてており、観賞魚としても古くから知られ、以前はアエクィデンス(Aequidens)属とされていた。拠って古い書籍などでは、その様に記載されている。

眼から体側中央を背びれの辺りに走る黒いバンド以外、これと言った特徴もないが。丸みを帯びた体型、シクリッドとしては温和な性格が特徴だろうか。協調性は高い方だが、あくまでもシクリッド科のため、混泳には注意を払いたい。

飼育は容易で、各種人工飼料から冷凍赤虫まで問題なく食べる。水質への適応範囲も広いが、弱酸性から中性の水質を維持してやれば、問題なく飼育できるだろう。良いペアさえ得られれば、繁殖も容易とされる。

参考WEB
FishBase



■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。