TOP > 気水魚・その他 > メコンフグ

メコンフグ
画像提供:オオツカ熱帯魚

メコンフグ

学 名:Tetraodon cochinchinensis(Steindachner,1866)
通称名
英 名
分 布:メコン川、チャオプラヤ川流域:ラオス、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、マレーシア
サイズ:20cm TL
Temp :24-28℃
pH  :pH7


20cm程度に成長する中型のフグで、性格は到って獰猛。同種他種を含め、混泳は止めておいた方が無難だ。自分と同サイズ程度の魚にも襲い掛かるなど、凶暴かつ肉食性が強い。拠ってメダカなどの小魚、クリル、肉食魚用の人工飼料を与える。幼魚の頃は、冷凍赤ムシなどを与えると良いだろう。

飼育には塩分は必要なく、中性付近の水質を維持するとよい。他種同様、水質の急変は病気の発生を招く恐れがあるので、定期的な管理を心がけたい。メコンフグの名称で幾つかの種が輸入されているらしい。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。