最近のコインランドリーは進化している?

実は年々、店舗数が増え続けているコインランドリー。「暗くて入りにくい」「衛生面が気になる」というイメージを持つ女性も多いと思いますが、最近は利用客のほとんどが主婦や独身女性の店舗も少なくないそうです。今、コインランドリー業界に何が起こっているのでしょうか。

水原希子が出演するEDWINの最新CMでは、外国のような深夜のコインランドリーが舞台になっています。



実はここ、日本なんです! インテリアがオシャレなばかりではなく、ドライブスルー式の施設や、洗濯が終わると自動で知らせるメール送信サービスまで登場しています。昔は自宅に洗濯機を持たない単身者や学生の利用が多かったコインランドリーが、女性から人気が出ている理由とは? 真相を探るべく、今回は実際に体験してみました。

うわさのコインランドリー「ECO WASH CAFE」に行ってみた

向かった先は、EDWINの動画で撮影場所となった、最新のコインランドリー「ECO WASH CAFE」。最寄りは東京都府中市にある京王線飛田給駅、味の素スタジアム近くにあります。

外観を目の当たりにして、改めてオシャレさにびっくりしました。ガラス張りの外装は、中の様子がよく見えて入りやすい造り。看板の「CAFE」の文字も気になります。家から持ってきた布団を抱えて、いざ突入!
外観

コインランドリーらしからぬ外観。大きい駐車場があり、車で訪れやすいのもうれしい

木目調の広い室内は、ぬくもりのある印象です。ガラス張りの恩恵は中に入っても実感。外からの日差しが室内を照らし、それだけでぽかぽかと気持ちがいいです。
内装

開放的な室内には自然光が差し込み、明るく快適です

カフェ

奥にはカフェスペースが。となりにドラッグストアもあるので、待ち時間はお買い物にも楽にいけますね

undefined

このずらりと並んだ洗濯機・乾燥機はすべてスウェーデン発の100年以上続くブランド「エレクトロラックス」製

店舗の内装は、エレクトロラックス社のある北欧の建築をイメージしてつくられています。北欧では日照時間が短いため、家で洗濯をする家庭は多くありません。みんながコインランドリーに集まり、そこで交流がうまれる文化があるのだとか。「ECO WASH CAFE」もそんな空間になれば、と心地よさを追求した設計となっています。

「ECO WASH CAFE」はココがすごい!

今日はコインランドリーを運営されている会社の采女(うねめ)さんに使い方をレクチャーしてもらうことに。まずは「最新のコインランドリーはココが違う」というポイントを教えてもらいました。

□洗濯乾燥機は合計2000万円以上! ヨーロッパの潜水艦が採用する高性能モデル
「ECO WASH CAFE」に導入されている機材は先に述べたように、すべてエレクトロラックス社製。特にパワーが強い業務用の大型機材が使われています。その実力を表す例として、同じモデルの洗濯乾燥機がヨーロッパの潜水艦でも採用されているのだとか。店内にある機材を合わせると、そのお値段、なんと2000万円以上! 家庭では使えない高性能マシンを気軽に使えるのも大きなメリットの一つです。

□火力の強いプロパンガスを使用! 節電・節水ができ、ダニも抹消
洗濯機や乾燥機にはプロパンガスを利用しています。何がすごいのかというと、そのパワー。有名な中華店では、「厨房の火はプロパンガスに限る」というほど火力に定評があります。高温で洗濯ができるため、節電・節水につながり、さらにはダニや細菌が死ぬという利点づくし。見えないところでも仕上がりに差がでます。

□女性も安心! 防犯もしっかり対策
密室感がなく、ガラス張りの外装のため外から中がよく見えるようになっています。防犯カメラが常に作動していますし、すぐ近くに警察学校があるという立地も安心。女性の一人客が多い要因になっています。

実践! 最新の洗濯機で羽毛布団を洗ってみる

性能の良さを聞いた後なので使ってみたくてしょうがありません。実際に、洗濯をさせてもらうことに。本日持ってきたのは、冬の間活躍していた羽毛布団。いつもならクリーニング店に持って行っていたのでコインランドリーでの洗濯は初めてです。どのような仕上がりになるのでしょうか。采女さんに使い方のコツを教えてもらいながら実際に洗ってみます。

まず、コインランドリーで気になる衛生面。「ECO WASH CAFE」では洗濯槽の予洗い機能がついています。しかも無料だというからうれしい。予洗い後、早速布団を入れて回してみます。
大きいドラム式の洗濯槽にはたくさん入れることができます。

20キロ対応のドラム式洗濯槽では、羽毛布団なら一度に2枚洗濯できます

回ってる

スタートボタンを押すと、洗剤が自動投入されました

自動投入される洗剤は、洗浄能力が高く、除菌効果のある専用のものが使用されています。20キロ対応の洗濯機は30分で800円。采女さんによると、「洗濯機は詰められるだけ詰めても、しっかりと洗える」のとのことなので、冬用の布団も持ってくれば良かった!と少し後悔……。

30分経ち、洗濯が終わった布団たちを乾燥機に移します。洗濯機と違い、乾燥機はなるべく洗濯物が少ないのがベスト。「たくさんの空気に触れると早く乾き、仕上がりもふわふわになります。こだわるのであれば大きい乾燥機を使用するのがおすすめです」

100円で6分回る乾燥機では毛布は40分が目安だったので、700円を入れて42分に設定します。洗濯物と一緒に、静電気を防止する「ソフター」も投入!
ソフター

「ソフター」を入れると仕上がりがふわふわになるばかりではなく、花粉がつきにくくなるのだとか。店舗内の自販機でひとつ100円で購入できます

乾燥機が回り始めました。あとは待つだけ。すると、「エレクトロラックスの乾燥機はすごいですよ」と采女さんがあるものを見せてくれました。
フィルター

乾燥機の下からフィルターを引っ張り出してくれました。すごいホコリ!

「掃除機を開発したエレクトロラックス社の技術は乾燥機にも生かされています。マシンの下部に吸引機が内蔵され、乾燥させながら吸引を行っています。なので布団のホコリやダニの死骸も取り除くことができるんですよ

おお!こんな機能があったとは……さすがエレクトロラックス。ハウスダストが気になる小さい子の布団なんかはぜひこの乾燥機を利用したいですね。

そして回すこと約40分後――

乾燥機の中をのぞきこんでびっくり! ふっかふかです。布団が雲のようふくらんでいます。
手をボスッとうずめていくと、ふわふわ加減がよくわかります。洗濯する前と全然違う!

手をボスッとうずめていくと、ふわふわ加減がよくわかります。洗濯前と全然違う!

洗濯前のくたっとした布団とは別物のよう! しかもダニや細菌もいなくなり、目に見えないところまで大満足の仕上がりです。

300円でピカピカ! 靴の専用洗濯乾燥機を使ってみる

先に紹介したCMでは、洗濯機に靴を入れるシーンがありましたが、実際は洗濯機で靴の洗濯はNG。店内には靴専用の洗濯乾燥機も設置されているので利用してみました。

洗濯槽の中をのぞくと、洗車マシーンを彷彿とさせる黄色いブラシがついています。手強い汚れも、これがゴシゴシ取ってくれそうです。洗濯200円、乾燥100円、合わせてなんと300円で靴を洗うことができます。しかし喜ぶのはまだ早い。重要なのはしっかり落ちるのか、ですよね。
洗濯前のスニーカー>白いだけに、土ぼこりなどが目立ちます

洗濯前のスニーカー。白いだけに、土ぼこりなどが目立ちます

洗濯後のスニーカー!おおっ!白い!

洗濯後のスニーカー。おおっ、白い!

そして出来上がりはこちら。し、白い! つま先部分の黒く擦れた汚れは落ちませんでしたが、十分満足。これで300円はうれしいです。「味をしめて、家中のスニーカーを持ってきてくださるお客さまもいらっしゃるんですよ(笑)」……采女さん、私もそれやっていいですか?

合計1600円で完成! お財布にやさしい本格的クリーニング

今回私が洗濯をした布団は、都内のクリーニング屋でお願いすると3000円~6000円が相場。しかし、ここではしっかり乾燥までしてもかかった費用はたったの1600円。洗濯に800円、ソフターが100円、そして乾燥に700円です。今回は布団1枚でしたが、毛布やタオルも持ってきて一緒に洗えば、コストパフォーマンスはさらに上がりそう。
ボルネオ

地球にもやさしい「ECO WASH CAFE」。利用料の一部はボルネオの環境保全に使われる仕組みになっています

想像以上の使い勝手&仕上がりの良さに、「次は何を洗濯しに来ようか」とつい考えるのが楽しくなってしまいます。新型コインランドリーにはかつて言われていたような暗くて入りにくいイメージはなく、むしろ積極的に選んで利用したくなる魅力ばかりでした。女性客が増えているのも納得です。

毛布など大きいものだけではなく、小さいお子さんが使うタオルや汚れが頑固なスポーツユニフォームなど、少しこだわりたい洗濯にも良さそう。大型乾燥機は家事の時短に一役買ってくれること間違いなしです。女性の強い味方になってくれる新型コインランドリー。全国的にはまだ店舗数が多くはないものの、今後注目したいスポットですね。

撮影/泉 三郎
 
<DATE>
ECO WASH CAFE

住所 東京都府中市白糸台3-37-12
営業時間 AM5:00~AM0:00

14kg洗濯機 600円/30分
20kg洗濯機 800円/30分
30kg乾燥機 100円/6分

洗濯物の例
夏布団、毛布、こたつ布団、羽毛布団、カーテン、ダウン、防水性のコートなど
※洗濯前に洗濯表示をご確認ください



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。