フレンチ・ランジェリー現代までの歴史

Aubade

女性の魅力を引き出すフレンチ・ランジェリー

フランスのランジェリーがお洒落なのは、ランジェリーがファッションと同じようにフランスの女性たちにとって大切な文化になっているからです。日本の下着は、体をまもる衣料としての機能の役割が重視されますが、まだまだ発展している途中です。日本の下着も、フレンチ・ランジェリーのように、今後更にお洒落に進化していきます。

記事「下着の歴史とフレンチ・ランジェリーの魅力」「1950―70年代フレンチ・ランジェリーの進化」に引き続いて80年代からの現代までのフレンチ・ランジェリーを紹介します。

1980年代ブラック・ビューティ

フレンチ・ランジェリー展

Aubade,BARBARA,PRINCESSTAM.TAM、IMPLICITE

1980年代のファッションのワードローブは、黒が主流になり、ボディ・コンシャスなものが流行り始めます。美しいボディラインを魅せるボディスーツが誘惑のシンボルとなります。さらに伸縮性の良い繊維ライクラ糸を組み合わせることで、より着心地の良いボディスーツの制作が可能となりました。

この頃オーバドゥからタンガが発売され、人気のボディスーツなどの新しい商品とともに、50年代に流行ったセクシーなランジェリーセット(ストッキング・ガーターベルト)への回帰が起こり、セクシーなフレンチ・ブランドのランジェリーセットが脚光を浴びます。便利なパンティストッキングだけではなく、ガーターベルトでセクシーなお洒落も楽しんだのです。

伸縮性の良いライクラ糸により、着心地のよいランジェリーが開発され、更にお洒落で着心地の良いランジェリーに進化していったのです。

1990年代以降のランジェリー

フレンチ・ランジェリー展

MAISON LEJABY,LISECHARMEL,PRINCESSETAMTAM,PASISIONATA,LOU

90年代に入ると、フランスのファッション界は様々なデザイナーのコレクションが注目されます。同じようにランジェリーでも、ボーイッシュ、フェミニン、ドット、ストライプ、チェック、レザー使いなど様々なデザインが生み出され、フレンチ・ランジェリーはファッションの流行とともに進化していきます。

季節ごとにたえまなく形も素材も、模様も色も変化し、女性たちが心地よく身につけられて、美しく魅力的になるためのランジェリーの選択が大きく広がりました。

着けていないようなヌードカラーのブラ

フレンチ・ランジェリー展

PASSIONATA,IMPLICITE,CHANTELLE,BARBARA,MAISON LEJABY

一方でランジェリーの素材技術の発展とともに、肌との一体化したバストラインを作るブラジャーが注目されます。アウターに響かず、今までにない優しいつけ心地のブラジャーは、柔らかく、ナチュラルなバストラインを作ってくれます。
第二の肌となったランジェリーは、流行より個性を大切にし、女性の要望を反映させた商品が次々と誕生しました。

さらにお洒落に!女性のあこがれのランジェリー

フレンチ・ランジェリー展

CHANTELLE,MAISONLEJABY

身に着けることで肌にタトゥーをしたようなエレガントなランジェリー。女性の体のアクセサリーのようなお洒落なランジェリーです。

自然の厳しさから体をまもる目的で作られた初期の下着、フレンチ・ランジェリーは、ファッションの変化に合わせて、女性のお洒落のために変化してきました。そして、フレンチ・ランジェリーは、お洒落に着心地よく女性の生活になくてはならない永遠の憧れとなったのです。

2016年秋冬の最新のランジェリー

パリ国際ランジェリー展

2016年1月23日から27日までパリで開催されたパリ国際ランジェリー展のファッションショー。

1月23日~25日パリで開催されたパリ国際ランジェリー展。トレンドショーでは、2016年秋冬の新しいランジェリーのファッションショーが華やかに開催されました。女性にとってなくてはならないランジェリーは、女性を輝かせるために、さらにお洒落に進化していきます。


【参考文献】
「フレンチ・ランジェリー展 TOKYO 2014」資料より

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。