健康リスクのある家

部屋が寒いのを我慢していませんか?

部屋が寒いのを我慢していませんか?

健康リスクのある家は断熱に問題があります。大きな窓があるにもかかわらずシングルガラス(単板ガラス)であったり、壁にはしっかりと断熱材が入っているのに床下にはなかったなど、さまざまな不具合をみつけることがあります。

寒さ・温度差をなくすためにはそれぞれ敷地の環境や平面計画によっても違います。敷地全体における平面計画が決まったら周辺環境を読みながら住まいの寒さ・温度差などを検討し対策を立てることです。特に寒さや温度差は身体に大きな負担をかけ、死にもつながります。

寒さはこんな病を発生させます

日本人の3大死因は、がん・脳卒中・心臓病で、原因は高血圧や糖尿病などによって引き起こさせるケースがあります。これらは生活習慣によるものですが、外部環境による発生要因もあります。それは住宅の寒さです。特に冬は心臓・脳・呼吸器系疾患の死者が多いことがデータから読みとれます。

【自宅での心臓・脳・呼吸器系疾患死者数が冬に増幅】
住環境が死亡原因に与える影響その1 気象条件・死亡場所と死亡率の関係

出典: 羽山広文 他 『住環境が死亡原因に与える影響その1 気象条件・死亡場所と死亡率の関係』,第68回日本公衆衛生学会総会,2009


寒さを引き起こす2つの現象をチェック

コールドドラフトをチェック
開放的な空間が欲しいため吹抜けにあこがれる人が多くいます。いざ吹抜けを設けて住んでみると夏は気持ちがよいが冬は寒いという人がいます。間取りをみると吹抜け部分の1階に大きな開口部が設けられていました。

なぜ寒いのかといえば、それはコールドドラフトといって、室外の冷たい空気が冷やされて、窓の室内側の表面が冷たくなります。そのため窓付近の室内空気も冷やされて下降気流が生じ、下に冷気、上に暖気が集まって室内に温度差が生じてしまうのです。対策としては二重サッシ(内側にインナーサッシ)にする。または天井ファンなどで空気を拡散してあげることです。

ヒートショックをチェック
冬は室内から外へ熱が大量に逃げていきますので、温度差が発生しやすくなります。その結果起床時の居間、廊下、冬のトイレ・浴室はとても低くなります。人間は大きな温度差のある部屋を行ったり来たりすれば血圧の急変動が起こります。これがヒートショックです。

入浴による死は年間1万人を超えています。たとえ亡くならないまでも、脳血管疾患による後遺症で介護が必要になるケースもあります。浴室に限って言えば、対策として暖房設備の導入や保温力のあるユニットバスを選択することです。
undefinedundefined

室温が10℃程度とすると、起き上がって布団を出た途端に20℃以上の温度差を感じます。このヒートショックこそが健康の大きなリスクで注意が必要です。  


寒さ対策はバッチリ!夏は?

壁の断熱はしっかりチェック、窓の結露対策も内側にインナー樹脂サッシを設けたので、熱を逃がさず効率よく部屋を暖める事が出来るという建て主もいます。冬の寒さ対策は良いかも知れませんが夏はどうでしょうか?

冬場に効果を発揮した高い断熱性能ですが、真夏はまったく逆効果になるのです。うまり本来なら夜中に起こる建物内部から外部への放熱が、断熱性能によって妨げられてしまい、朝方には室内に熱がこもってしまうのです。

自然換気をすればよいのですが、夜間の防犯問題もあります。対策としては、窓ガラスを遮熱性能のあるLow‐E複層ガラスを選び、さらには天井扇を設けて強制的に通風することです。天井扇はタイマーのあるものを選び、夜間のみつけておくとより便利でしょう。

〈断熱ガラスは北側に〉
undefinedundefined

  室内の暖かい空気を逃がさず、同時に太陽光のぬくもりを取り入れます。


〈遮熱ガラスは南側に〉
undefinedundefined

太陽光を反射し日射熱が室内に入るのを防いでくれます。  

【関連記事】

注文住宅をカタログで徹底比較!

LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。