冷気が入り込む・部屋の熱が逃げる…窓が原因なら

1. カーテンは床につく長さで厚い生地のものに

窓は直接外気に触れる部分ですので、部屋の中でも一番空気が冷やされてしまう箇所です。まず注目したいのはその素材。やはり厚手で保温性の高い素材の方がより冷気を防ぐことができます。それから「長さ」が重要なポイントです。床に引きずるくらいの長さにしましょう。

出典: 冬の節約は「スキマ」を埋めて [節約] All About

2. カーテンを窓枠ごと外から覆うようにかける

窓とカーテンの間の冷気が漏れないよう、カーテンのかけ方にひと工夫を加えましょう。スキマを減らすためには、枠の内側ではなく、枠ごと外から覆うようにかけること。上部はカーテンボックスで覆ったり、サイドから冷気が漏れないように巻き込むようにかけるとさらに効果が上がります。

出典: 冬暖かく過ごす、すぐできる簡単プチリフォーム [住宅リフォーム] All About

3. 窓の断熱アイテムを使う

窓の断熱強化ができる便利なアイテムを利用するのも手。窓に貼るだけで二重ガラス構造が作れる透明フィルムや、窓ガラスとレースカーテンの間に取り付けることで外部の冷たい空気から守ってくれる断熱カーテンなど、様々なアイテムがでています。

出典: 窓の断熱はDIYで!おすすめ断熱アイテム【7選】|All About(オールアバウト)

4.暖房機器を窓の下に置く

窓際の冷たい空気は対流で下へ向かって流れていきます。つまり窓の下に暖房器具を置けば、冷えた空気をすぐに暖めてくれるので、室内へ冷気が流れることがありません。ただし、カーテンの下に火が出る暖房器具を置くのは着火する恐れがありNG。

出典: 冬暖かく過ごす、すぐできる簡単プチリフォーム [住宅リフォーム] All About

足元が冷える…床が原因なら

5. カーペットの下に遮熱シートを敷く

築年数が古い家は、床下に断熱材が無く、フローリングの下はすぐ地面ということもあります。そんな状況では、いくら室温を上げても足元は寒いまま。一番手軽なのが、遮熱シートを敷いてからカーペットを敷くこと。ラグマットを一枚敷くだけでも効果がありますので、試してみてください。

出典: Amazon.co.jp : 山善(YAMAZEN) 省エネホットマット(約2畳用) HM-21 : ホーム&キッチン

すきま風が入る…ドアが原因なら

6.室内のドアならおしゃれなドアクッションで対策

部屋の寒さをさらに加速してしまうのが、ドアからのすきま風。対策として手作りで簡単に解決できてしまうのがドアクッションです。お気に入りの布地を使って自分好みに作ってみるのも楽しそう。

出典: お部屋ポカポカ、欧米発“ドアクッション”を作ろう [時短生活] All About

7.隙間テープを貼る

昔からすきま風を防ぐアイテムとして活躍してきた「すきまテープ」。窓まわりだけでなく、ちょっとしたドアのすきまからの冷気の浸入も防いでくれます。

出典: Amazon | セメダイン 隙間風・ホコリ・騒音防止 すきま用テープN-4 20mm×15mm×2m TP-165 | 作業用両面テープ | 産業・研究開発用品 通販