TOP > ナマズの仲間 > その他 > チャカ・バンカネンシス

チャカ・バンカネンシス
画像提供:オオツカ熱帯魚

チャカ・バンカネンシス

学 名:Chaca bankanensis(Bleeker, 1852)
通称名:チャカチャカ
英 名:Angler catfish
分 布:マレーシア、インドネシア、ボルネオ
サイズ:20cm
Temp
 :24-28℃
pH  
:6.0-7.2


「チャカチャカ」と表記され販売されることが多いが、Chaca chacaとはインドに分布する別種でほとんど流通しない。また、チャカ属には前述の2種以外にも、ミャンマーに分布するChaca burmensis Brown & Ferraris, 1988を含めた合計3種が記載され、一般的に見かけるのはバンカネンシス種である。

その特異な外見から好き嫌いが分かれるところで、水槽内でも底砂に潜ったままほとんど動きがなく面白みにかける。

口を広げると可也の大きさになり、待ち伏せて小魚や小エビなどを捕食する。水質にはそれ程うるさくなく、こなれた飼育水で管理すればそれほど飼育は難しくない。サイズの割りに口が大きいため混泳魚には注意が必要。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。