厳冬のトマムに氷のファンタジーワールドが出現

北海道では最も寒いエリアの一つ、占冠(しむかっぷ)村にある星野リゾート トマムでは、12月から3月の厳冬時期にだけアイスヴィレッジと呼ばれる氷の街が出現します。

スケートリンクや氷の遊具をはじめ氷のバー、氷のスイーツカフェ、氷のフラワーギャラリー、そして実際に宿泊できる氷のホテルなどなど、そのすべてが氷、氷、氷……。まさに、かつてディズニーアニメが描いた「アナと雪の女王」の世界ではありませんか。

北海道ガイドである私が、これから皆さんをそんなメルヘンの世界にご案内いたします。しっかりと防寒着を着込み、ホカホカ・カイロも準備できたら、さあ、出発!
undefinedundefined

厳冬のトマムに出現した氷の街


ファミリーで楽しめるアイスヴィレッジ

ホテルからエリア内循環バスに乗って、アイスヴィレッジの入口に移動すると、最初に目に入るのは「氷のメインゲート」。ここを通り抜けると、真っ白な雪の道と透明な氷のドーム、そしてブルーにライトアップされた白樺林という幻想的な世界が皆さんを迎えてくれます。
undefinedundefined

氷のメインゲートから会場へ


本当にここは日本かと疑ってしまうような顔も凍り付く氷点下の気温! でもパワフルなちびっ子たちはそんな寒さをものともせず親たちの手を引っぱり、一目散に直行するのは人気の「氷の滑り台」。滑り台が設置された雪山を駆け上がり、歓声を上げながら次々と滑りおりてきます。
undefinedundefined

ちびっ子たちに人気。氷の滑り台


ひとしきり氷の滑り台を楽しんだ後、彼らが次に目指すのはライトアップされたアイスリンク(有料)。寒さをこらえながら氷上で一緒に手を取りスケートを滑る親たちの頭をよぎるのは、オリンピックの表彰台に立つ未来の我が子の姿なのでしょうか。
undefinedundefined

カラフルにライトアップされたアイスリンク


たっぷりと遊んだ後、冷えた体を暖めるならこれが一番。氷のスイーツカフェでは、焼き台に手をかざしながらマシュマロを焼く子供たちの姿も見受けられました。
undefinedundefined

冷えた体には焼きマシュマロが一番!


氷のバーでほろ酔い気分

アイスヴィレッジではもちろん大人の雰囲気も充分楽しめます。まず訪れたいのは「左党」のお楽しみスポット、「バーアイスウッド」。建物は言うにおよばず、店内のカウンターからテーブル、椅子に至るまで、すべて氷で作られています。

メニューのオススメは氷のグラスでいただくおしゃれなカクテル。バーテンダーのお嬢さんが手際よくお酒をブレンドし、氷のグラスに注いでくれます。
undefinedundefined

カクテルは氷のグラスで


氷のグラスでキーンと冷えたカクテルを一口飲めば、お腹の中はドーンと熱い塊で満たされ、体もすぐにポッカポカ。日本一「しばれ(寒い)」が厳しいクールな氷の中でもなんのその、ほろ酔い気分で楽しい会話も弾みます。
undefinedundefined

ほろ酔い気分で会話が弾む (写真は2016年のものです)


氷のティーパーティーにようこそ!

アルコールはちょっと苦手というあなた、森の特別席でいただくこんなスイーツはいかがですか? 2018年2月のバレンタインシーズン限定企画で、その名もおしゃれな「氷のティーパーティー」

「パーティーの準備はこちらにできております。」と、係の方に案内された「お茶席」はライトアップされた林の中に作られた特設野外カフェでした。
undefinedundefined

ライトアップされた林の中に作られた特設野外カフェ


氷のテーブルに氷の長いす、そして氷のスタンドの上には、カラフルなプチ・スイーツたち。この可愛い姿を眺めていると、思わずつまんでみたくなるような、でも反面食べるのがもったいないような複雑な気持ちに陥ってしまいます。
undefinedundefined

カラフルなプチ・スイーツたち


氷の席についたら、ファンタスティックなお茶会の始まりです。暖かいポットと一緒に、アイスヴィレッジのドームをイメージした特製スイーツ「アイス・スペシャリテ」も運ばれてきました。飴細工のドームの下には、いちごを使ったおいしそうなティラミスが……。
undefined

ドームからおいしそうなティラミスが!


お好みのスイーツをお皿にとりわけ、暖かい紅茶を注いで、いただきま~す!
undefinedundefined

暖かい紅茶を注いで、いただきま~す!


マカロンも美味しいし、このモンブランもいける。ティラミスも甘さを抑えた上品な味です。あれを食べ、これを食べながら知らず知らずのうち美女と野獣の名曲「ビー・アワー・ゲスト」を口ずさんでいました。楽しいメロディーにのって今まさにポットが歌い、お菓子たちが踊りだすのでは…幻想的にライトアップされた木々と可愛いスイーツを眺めていると、そんな「トマムの魔法」に取り込まれてしまうかも知れませんね。
undefinedundefined

ポットが歌い、お菓子たちが踊りだすかも……?


まだまだある、アイスヴィレッジの見所

アイスヴィレッジの魅力はこれだけではありません。カラフルな花びらを氷の中に封じ込めた「氷のフラワーギャラリー」や……
undefinedundefined

氷のフラワーギャラリー


氷の露天風呂や氷の湯上がり処を兼ね備え、実際にそこで宿泊できる「氷のホテル」も。
undefinedundefined

氷のホテルにある「氷の湯上がり処」


そして必見は、ヴィレッジのフィナーレを飾る花火!
undefinedundefinedundefined

フィナーレを飾る花火


ちびっ子が喜び、友達同士やカップルもハッピーな気分になれる「極寒のメルヘンワールド・トマムのアイスヴィレッジ」、皆さんもぜひここに遊びに来てみませんか?

アイスヴィレッジのエリアマップ
undefinedundefined

  

【アイスビレッジのDATA】
入村料 :ザ・タワー、リゾナーレトマムの宿泊者は無料、一般500円 
アイスリンク(貸し靴含む):大人1000円、小学生500円、未就学児無料

氷のティーパーティー

期間 2018年2月1日~28日 
時間 17:30~18:30、19:00~20:00、20:30~21:30 (要予約)
料金 大人3000円、小学生2000円
注:氷のティーパーティーは2月末で終了しますが、3月からは雪上車が牽引する移動式バー「絶景シャンパンバー」が登場します。
undefinedundefined

絶景シャンパンバーのイメージ (写真提供 星野ゾート トマム)


宿泊施設:ザ・タワー、リゾナーレトマム
問合せ先:0167-58-111
オフィシャルサイト
https://www.snowtomamu.jp/special/icevillage/

関連記事
粉雪も絶景も! トマムスキー場で欲張りリゾート体験


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。