TOP > アナバスの仲間 > グラミィ・その他

ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー
画像提供:オオツカ熱帯魚

ゴールデン・ハニードワーフグラミー

学 名:Colisa sota ver
通称名
英 名:Golden Honey Gourami

分 布:改良品種
サイズ:5cm
Temp
 :23-28℃
pH  
:6.0-7.0


全身が淡い黄色に染まる、ハニードワーフグラミーの改良品種。原種では、繁殖期の雄以外は地味な体色だが、本種の場合、普段からそれなりに美しく、愛嬌のあるゆったりとした泳ぎも相まって人気が高い。餌は何でも良く食べる。

原種と同じく繁殖期の雄は、喉元が青黒く染まり、全身がオレンジ色に色づき、そのコントラスは非常に美しい。飼育繁殖共に容易だが、稚魚のサイズが小さいため初期試料にインフゾリアが必要なことから、稚魚の育成自体は若干難しいだろう。

特に攻撃的とは言えないが、大人しい魚同士で混泳させると、少々気の強い面を見せることもある。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。