年初から芸能界に激震

DAIGOと北川景子の結婚は、以前から交際が伝えられており大きな衝撃は無かったです。金融市場での言い方では、よくFRB議長が使う手ですが、事前に交際を示唆するなど「市場との対話」ができていたからでしょう。

しかし、「市場との対話」がまったくなく、芸能界の激震となったのが、今までまったくスキャンダルの無かった清純派タレントのベッキーと、人気バンド、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との熱愛報道です。また、以前から噂はあったものの、国民的人気グループSMAPの中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、ジャニーズ事務所から独立、木村拓哉は事務所に残る方向ですが、グループはこれで事実上の解散となるとの記事が1月13日の日刊スポーツ1面に掲載されています。

ベッキーについては記者会見で長崎の実家への訪問を認めていますし、「SMAP解散」については、ジャニーズ事務所が、協議・交渉の事実を認めていますが、実際に解散するなど、今後の展開は判りません。しかし、実際に「SMAP解散」となれば、様々な方面に影響がありそうです。最も影響を受けそうなのが、テレビCMでしょう。

ベッキーは、現在10社のテレビCMに出演しているようです。
(太田胃散、花王 「バブ」シリーズ、ケイ・オプティコム「mineo」(マイネオ)、スズキ『アルト エコ』、スタジオアリス、ソースネクスト株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、ナガセ、NTT都市開発、ローソン)SMAPはグループとしては、現在2社のテレビCMに出演しているそうです。(セブン&アイ・ホールディングス、USJ)その他、SMAPは個人でもかなりの社数のテレビCMに出演しています。

既に、ベッキーを起用するローソンがベッキー出演の弁当のテレビCMを一時取りやめると決定し、太田胃酸もベッキーが出演しない別のCMに差し替えることを決めているようです。SMAPとCM契約中のUSJ も解散なら「なんらかの対応をとらなければ」とコメントしています。

このような有名タレントを活用したテレビCM製作には多額の費用が掛かっており、事前に製作して、テレビCMを放映しています。今回のように、多数のテレビCMに出演している有名タレントに問題が起こると、数多くのテレビCMを差し替えることになります。当然、事前に想定していない状況なので、急遽テレビCMを製作する可能性があり、テレビCM制作会社にはベッキー・SMAP特需が発生することになります。今回は、ベッキー熱愛・SMAP解散で特需が想定される銘柄として、テレビCM製作会社を3社、ご紹介致しましょう。

AOI Pro.<9607>(東証1部)

■会社概要・福の神注目ポイント
AOIundefinedPro. undefinedWEB

AOI Pro.  WEB

AOI Pro.は、東京都品川区大崎に本社があるテレビCM制作大手企業です。ネット動画と中国展開に注力しています。テレビCMでは、auの「三太郎シリーズ」を製作しており、大人気です。

500株以上保有すると、株主優待で全員にクオカードと、抽選で20名に自社子会社撮影付オリジナル写真集が貰えます。

■株式データ
株価 910円
単元株数 100株
予想PER(連)12.13倍
実績PBR(連) 0.96倍
予想配当利回り 2.75%
時価総額 約126億円

ティー・ワイ・オー<4358>(東証1部)

ティー・ワイ・オーundefinedWEB

ティー・ワイ・オー WEB

ティー・ワイ・オー<4358>は、東京都品川区上大崎に本社があるテレビCM製作会社です。「戦国無双」などのアニメ作品を子会社で制作しています。

株主優待で、500株以上保有すると、抽選で2名に自社グループ会社オリジナルアニメーション制作、DVD等が貰え、1,000株以上保有すると全員にオリジナル・クオカードが貰えます。

■株式データ
株価 192円
単元株数 100株
予想PER(連)10.00
実績PBR(連) 2.15倍
予想配当利回り 2.6%
時価総額 約122億円

東北新社<2329>(東証ジャスダック)

東北新社undefinedWEB

東北新社 WEB

東北新社<2329>は、東京都港区赤坂に本社があるテレビCM製作、外国映画の日本語版製作、衛星放送のチャネル運営、映画の製作配給など、映像の総合企業です。

■株式データ
株価 785円
単元株数 100株
予想PER(連)13.44倍
実績PBR(連) 0.53倍
予想配当利回り 1.78%
時価総額 約373億円

*株式データは、2016年1月14日終値データ
*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社や証券会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。