毎日が賑やかなハルム・マニス

ハルム・マニスはジャカルタの中心地であるスディルマンエリアにあります。こちらでも丁寧に作られたインドネシア料理を楽しめます。ララ・ジョングランとは対照的に、ハルム・マニスの店内は明るい雰囲気です。ほぼ毎日ミュージシャンが生演奏しており、ギターを片手に座席まで近づいてきて歌声を披露してくれます。もちろんリクエストも可能。インドネシアの曲以外に、有名な曲であれば海外の曲にも対応してくれます。リクエストをした場合は少額で構わないのでチップを渡しましょう。

entrance

少しわかりにくい場所にあるが、このマークが目印


そしてハルム・マニスの名物といえばなんといっても「サテ(インドネシア風の串焼き)」です。複数のサテメニューが用意されていますが、注目は「サテ サトゥ メーター(Sate Satu Meter)」。「1メートルのサテ」という意味で、その名の通り様々なサテが1メートル並んでサーブされます。オーダーをすると店員が一斉に「サトゥ メーター!!」と発声し、一瞬店内が盛り上がります。ただ、とても1人や2人で食べきれる量ではないので、ご友人と訪問することをお勧めします。最低でも4人は欲しいところです。もちろん少量のサテも用意してありますので、少人数の場合はそちらを楽しみましょう。
counter

写真奥のカウンターの中で1mのサテが焼かれる


<DATA>
■Harum Manis(ハルム・マニス)
住所:Pavilion Apartment Retail Arcade,Jl. KH. Mas Mansyur Kav. 24, Jakarta
TEL:62 21 5794 1727(英語可)
営業時間:11:00~23:00(定休日は店舗までご確認ください)
Web:http://www.harum-manis.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。