【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「イタイ大人」にならないために

いつの間にか「イタイ大人」になっていたらショックですよね。

いつの間にか「イタイ大人」になっていたらショックですよね。

30代、40代になって学生時代の同級生に会うと、若い頃は皆同じようだったはずなのに、年齢が上がるにつれて「かっこいい大人」と「イタイ大人」、2つのタイプに分かれているように感じませんか? 

それは、もしかすると身に着けてきたコミュニケーションマナーの違いが分かれ道かもしれません。洗練された大人になるために身に着けておきたい会話やファッションの心がけについてお伝えします。

コミュニケーションは「自分の」年齢によって変わる

大人には大人のコミュニケーションがあります。

大人には大人のコミュニケーションがあります。

コミュニケーションというと、相手との接し方・話し方を指すと考える人が多く、「相手が目上だから、年下だから……」という相手の年齢によってその方法が変わるものだと思いがちです。しかし、コミュニケーションは、相手の立場や年齢によって変えるだけでなく、自分自身の年齢によっても変化させていかなければなりません。実はこれが重要なポイントなのです。

では、自分が若かった頃と、自分が大人になってからのコミュニケーションは何が違うのでしょうか。そして、何を変えていかなければいけないのかをお話ししていきます。

「相手がどう受け取るか」を考えた会話

若い頃は自分が言いたいことをそのまま伝えるのがコミュニケーションでした。自分の思ったこと、感じたことをそのまま相手に伝えるストレートな言葉は若々しさや初々しさを感じますし、それも若さゆえの魅力にもなり得ます。逆に言うと、たとえ相手が返しにくい答えであっても、「若いから」という理由で許されてきたとも言えます。

でも、ある程度の年齢を超えたら、相手が話しやすい会話を考えることが必要になってきます。「自分がこう言ったら、相手はこう返してしてくれるだろうな」、そして、「こういう話をすれば相手も喜んでくれるだろう」という考え方で、会話を事前に計算するのが大人のコミュニケーションです。

つまり、自分の思ったことを言ってスッキリ! というのは大人のコミュニケーションではありません。

たとえるなら、バレーのトスと同じです。どんなトスで渡せば、相手は受け取りやすくなるのか、次へ繋ぎやすくなるのか。相手のことを思って発言する、会話をすることを心掛けることが大人の会話のマナーになります。

ファッションは「相手へのプレゼント」

メイクやファッションも、相手に与える印象を重視しましょう。

メイクやファッションも、相手に与える印象を重視しましょう。

会話以外にも、見た目が与える印象もコミュニケーションの一部です。ファッションやメイクにも大人のマナーがあります。

会話と同じで、「相手が自分のファッションを見てどう思うか」ということを考えるということです。若い頃は、自分に合うメイクや自分の好みのファッションをするのが当たり前で、まるで周囲と競うように着飾ったりすることもあったかと思います。

でも、そんな自分が輝いていた20代の頃のファッションやメイクを、40代、50代になっても続けていたら……やはり、まわりからは見ればイタイ人になってしまう可能性が高いですよね。

大人になったら自分がやりたいファッションやメイクで突っ走るのではなく、相手に好感を持ってもらえる、「相手へのプレゼント」になるファッションを考えられることが「かっこいい」のではないでしょうか。

「年齢を重ねることを楽しむ」のがかっこいい大人

若者と張り合うのではなく、若者があこがれる大人を目指しましょう。

若者と張り合うのではなく、若者があこがれる大人を目指しましょう。

簡単に言えば、若いころの自分をキープしようと無理して頑張るのは「イタイ大人」。年下の世代から憧れられて、ああなりたいと思われるような「かっこいい大人」を目指してみませんか?

若者に対して「年齢を重ねることを楽しんでいる」ことを大人の余裕と微笑みであらわしましょう。「大人って楽しいものだよ。早くこっちにいらっしゃい!」と、若者たちに胸を張って言える大人を目指せばいいのです。若い頃にはなかった、年齢を重ねる楽しさというものがきっと見つかるはずですよ。

例えば、ファッションでも少しでも若く見せようとか、流行を追っかけようと努力するのではなく、逆に「5歳上の年上に見せるファッション」を心がけてみてください。

私の今の目標は、「かっこいいマダム」「素敵なオバサマ」になることです。皆さんも洗練された大人のコミュニケーションで、「あんな素敵な大人になりたいな」と思われるような、「かっこいい大人」を目指してみませんか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。