「ヘルスケア」アプリで知らないうちに歩数が計測されている

「最近太ってきたな」と感じたら、まずは簡単な運動から始めたいもの。通勤や日々の生活で歩く距離を増やすだけでもカロリー消費になりますね。ではさっそく、iPhoneを持って歩きましょう。「なぜiPhone?」と思った人に朗報です。実はiPhoneには歩数や移動距離を計測する機能があるのです。そして、すでに計測は開始されているのです。

今までの運動の記録を見るには、「ヘルスケア」アプリをタップします。iPhone 5s以降の機種では、特に設定しなくても「歩数」と「ウォーキング+ランニングの距離」が計測されています。さらに、iPhone 6以降の機種では、「上がった階数」が計測されています。

icon

「ヘルスケア」をタップする。ヘルスケアはiOS 8以降で提供されている。

dashboard

「ヘルスケア」のダッシュボード画面。過去7日間の運動が表示される。

day

「日」、「週」、「月」、「年」をタップすると、その期間の記録が表示される。


他のアプリとデータをやりとりできる

「ヘルスケア」は、他のアプリとデータをやりとりすることができます。例えば、運動量を計測する「活動量計」のデータをヘルスケアにまとめたり、連携アプリに記録した体重やBMI値を別のアプリに参照させたりすることができます。

ここでは、ウェラブル機器「Misfit Shine」の計測データをヘルスケアと連携する方法を紹介します。

misfit

連携するアプリ(ここでは「Misfit」)を起動し、ヘルスケアに書き込み/読み出しを行う項目を許可する。上記のような画面を表示するアプリが多いが、ヘルスケアの「ソース」をタップして該当アプリをタップし、許可することもできる。

sleep

「ヘルスケアデータ」をタップし、連携させたい項目をタップする。ここでは「睡眠」をタップする。次の画面で「睡眠分析」をタップする。

dashuboardon

「ダッシュボードに表示」をタップする。

bunseki

睡眠分析のデータが蓄積されると、「睡眠分析」のデータもダッシュボードで確認できる。


まさかのときのために「メディカルID」

ヘルスケアには、「メディカルID」という項目があります。メディカルIDとは、体調不良などで意識を失ったときに、周囲の人へあなたの持病や使用中の薬、緊急連絡先などを知らせることができる機能です。iPhoneのロック画面に表示されるので、パスコードを知らない人でも参照できます。まさかのときのために登録しておくと安心です。

medicalid

「メディカルID」をタップし、「メディカルIDを作成」をタップすると入力欄が表示される。知らせたい情報を入力しておこう。メディカルIDは、ロック画面の「緊急」をタップし、「メディカルID」をタップすると表示される。


いつもそばにあるiPhoneを役立てられる「ヘルスケア」アプリで、無理のない健康管理を進めましょう!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。