プロ野球/プロ野球 関連コラム

来季の高橋巨人は7人の外国人選手がカギを握る

ヤンキースから自由契約となっていたギャレット・ジョーンズ外野手と巨人の契約が基本合意。これで在籍外国人選手は7人(育成選手を含めると9人)となり、熾烈な一軍枠競争が展開されそうだ。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

外国人選手の熾烈な一軍枠競争

巨人は12月16日、ヤンキースから自由契約となっていたギャレット・ジョーンズ外野手(34)との契約が基本合意したと発表した。

1年契約で年俸250万ドル(約3億500万円)。この年俸は近年の巨人では破格の数字だ。1995年に年俸3億4000万円で入団したシェーン・マック級の大型契約。高橋由伸新監督に対するサポートの大きさを物語る。

ジョーンズは、2009年のパイレーツ時代から6年連続2ケタ本塁打を記録。2012年には4番に座って27本塁打をマークした左の大砲だ。今季はヤンキースで打率.215、5本塁打、17打点と低迷したが、獲得した堤GМは「ポイントゲッターとして期待している。当然、100(打点)打ってくれたら御の字だけど、打点には重きを置いてもらいたい」と期待している。

巨人は今オフ、前ロッテのルイス・クルーズ内野手と年俸2億4000万円で契約した。これで在籍外国人選手は7人(育成選手を含めると9人)となり、熾烈な一軍枠競争が展開されそうだ。

新加入だが、投資額からするとジョーンズ、クルーズは入り、最高勝率に輝き、2年総額2億8000万円で残留が決まったエース格のマイルズ・マイコラス投手も確定だろう。そうなると残り一軍外国人枠は1人で、マシソン、ポレダ、メンドーサ、アンダーソンらが争うことになる。

在籍4年間で通算240試合に登板、今季も主にセットアッパーとして63試合に登板したスコット・マシソン投手は、チームメートの信頼も厚い。チーム事情からすると先発左腕のアーロン・ポレダも外せない。この2人の争いになる可能性は強いが、高橋新監督にしてみれば、嬉しい悩みかもしれない。


外国人選手は日本人選手への刺激にも

嬉しいといえば、この外国人選手たちによって、日本人選手も大いに刺激を受けることだ。

一塁と外野を守るジョーンズ、二塁・三塁・遊撃とすべてのポジションで高いパフォーマンスを見せるクルーズの加入は、内、外野でチームを一気に活性化する。また、エースになってもらわなければ困る菅野や、チームの柱である坂本や長野も期するものが生まれるだろう。この相乗効果は、優勝を逃した巨人に必要なものなのだ。

ラミレス、グライシンガー、ゴンザレス、クルーンらを擁した2009年は、小笠原や阿部と融合して日本一に輝いた。来季、ジョーンズ、クルーズ、マイコラス、マシソン、ポレダらを擁する高橋巨人が、菅野、坂本、長野らと見事融合して日本一奪回を果たさなければならない。
【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon でプロ野球の関連商品をチェック!楽天市場でプロ野球グッズをチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます