アクアリスト初心者のG.H.D.Gさんからの投稿。

上部式フィルターに、CO2の添加なし。決して水草にとっては良い条件ではないが、その様な環境でも育成可能な強健種をセレクト。上部フィルターの影になる背面には、立体的なナチュラル系のパネルを配してあるのも潔い。

今流行の水景とは異なるが、熱帯魚の飼育をメインとした水槽での、お手本となるレイアウトだろう。定期的な換水さえ怠らねば、きっとどれも上手く育ってくれることだろう。

我が家の自慢のアクアリウム#12

水槽詳細


水槽サイズ
600×360×300

フィルター
上部フィルター
照明
20w×2灯 
底床
ろ過一番サンド
CO2
未添加
肥料
--


使用した水草


アマゾンソード、アヌビアスナナ、ミクロソリウム、ウィローモス、カモンバ

飼育生物


ネオンテトラ、ブラックネオンテトラ、ラスボラヘンゲリー、ゴールデンハニードワーフグラミー、オトシンクルス、コリドラスパンダ、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、ドワーフペンシルフィッシュ、ブラックモーリー


皆さんの自慢のアクアリウムを「All About 熱帯魚」サイトで紹介してみませんか?我こそは!という方は、ガイド宛てに( aquarium@im.allabout.co.jp )下記の要項を添えてご応募ください。
  • お名前(ハンドルネーム可)
  • 水槽の写真 or 自慢の愛魚の写真
  • 簡単な水槽データー(水槽サイズ、フィルター、照明、底床、CO2添加の有無、etc)

  • HPをお持ちの方は、サイトURL

皆様からのご応募お待ちしております。



他のレイアウトを画像から探す!

他のレイアウトを画像から探す


関連リンク
水草オンライン図鑑
疑問解決アクアクリニック


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。