日経平均株価は2万円まであとわずかという水準

2015年も残すところ1ヶ月とあと少し。11月は郵政三社の新規上場もあり、日経平均株価は現在、1万9000円台を回復し、2万円まであとわずかという水準まで上昇しました。

今年うまくNISAを活用できて儲かったという人もいれば、使いこなせなかくて株を買い損ねたという人もいるでしょう。

そこで今回は、残りわずかな期間でNISAを活用したいと考えるいる人や、来年はNISAで何を買おうかと考えている人のために、PER(株価収益率)が10倍以下かつPBR(純資産倍率)が1.5倍以下の条件でファンダメンタルズから割安と判断でき、かつ3カ月前から年初来高値を更新している上昇トレンドにある銘柄をスクリーニングした結果をご紹介します。

ただし、現在は日経平均株価も一時期に比べれば高値水準にあり、これから年末年始に向けてどのような株価動向になるのか不透明な状況だとも言えます。不用意に損失を被るリスクを回避するためにも、他のテクニカル指標の併用する等して、買い時を分析していくことが大切です。

今回は、NISAという枠を活用するため100万円以下の銘柄で探してみました。(11月20日現在)
1

楽天証券スーパースクリーナー画面

これらの銘柄は、あくまでもテクニカル指標でスクリーニングを行った検証結果ですので、株価がこれから先必ず上昇するという保証はありません。ですが、勘に頼って売買を行うよりはテクニカル分析を行った分だけ信頼性は高まると言えるでしょう。みなさんも投資する際にはスクリーニングを行ったり、テクニカル分析をぜひ実践してみて下さいね!


※投資の判断につきましては、ご自身の責任でお願いします。

◎テクニカル分析でのスイングトレードがメインです。【無料講座プレゼント中】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。