【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

あなたはどっち?髪は女性の印象を左右します

イラスト:陽菜ひよ子

イラスト:陽菜ひよ子

 「年齢なんて符号よ」なんて思っていても、外見の衰えには逆らえないもの。女性はふだん鏡で見て目につく、肌のシミやシワ、たるみや中年太りばかりを気にしがちですが、実は他人から目につきやすくあなたの印象に繋がりやすいのは「髪」だったりします。あなたは大丈夫?


イケアラフォーは、ヘアケアまで手を抜かない!

「髪は女の額縁」とはよくいったもの。いつも美しい髪を保っているので、実年齢より若く見られることもあるのがイケアラフォー! 白髪ケアやカラーリングはもちろん、加齢による「うねり対策」のトリートメントも万全で、清潔感や女性らしさが漂います。髪のプロである美容師にも相談し、自分の髪質や状態に合わせたスタイルやヘアケアのアドバイスを参考にして取り入れています。


痛アラフォーは、手抜き術の天才!?

加齢による変化は誰にでもあるものですが、その対処法はさまざまです。痛アラフォーの場合は、「加齢でうねりの出てきた髪はショートにする」「ボリュームダウンした髪はひっつめお団子ヘアにする」「根元から伸びる白髪隠しは帽子を被って隠す」……このように、ケアするよりもごまかすほうにエネルギーを注ぎ、天才級の手抜きを発揮(笑)。

何も手入れせずとも美しく健康な髪でいられたのは、若いうちだからこそ。飾り立てるものではなく「美しさを保つためのケア」は、アラフォーあたりから差がついてきます。顔の造作は変えられなくとも、パーツの美しさはケア次第で磨き上げることができます。ケアよりも手を抜くことにエネルギーを注ぎ始めるのは“オバサン”の入口ですよ、ご用心!


■イラスト/陽菜ひよ子
イラストレーター・漫画家。名古屋在住。パレット・クラブスクール卒。
主に女性や子供向けに、書籍・雑誌・広告・テレビなどを中心に幅広く活躍。
初書籍『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所刊)絶賛発売中!
公式サイト http://www.hiyoko.tv/
FBページ https://www.facebook.com/hiyokodagane

■アラフォー女性は「bliss」をチェック!
美しく最高な毎日を手に入れる。いつだって、答えは私のなかに――。ダイエット、ファッション、恋愛、グルメ……大人の女性に向けて、日々の生活や仕事をより輝かせるための情報をお届けしているFacebookページです。
https://www.facebook.com/bliss.allabout

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。