【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

今こそ好印象! 手書きのコミュニケーション

日ごろの好印象が恋に発展……?

日ごろの好印象が恋に発展……?

良いとはわかっていてもなかなか実践できないという声をきくことも多い、手書きのコミュニケーション。でも、無理なく書く方法を見つけて習慣にできれば、仕事でもプライベートでも、相手の心に残る人になれる確率が高まります。日頃の好印象が恋心に発展……なんてこともあるかもしれません。

今回は、普段づかいの文房具「付せん」で、気軽に手書きをする方法についてご紹介します。取材に協力してくれたのは、スリーエム ジャパン株式会社文具・オフィス事業部でポスト・イット® 製品のマーケティングを担当している、伊藤優理さんです。


世界の「付せん」コミュニケーション

付せんのついた書類

日常のちょっとしたメモにも便利

ガイド吉戸(以下ガイド):会社員時代、一番よく使っていたのが75mm×25mmの長方形の付せんでした。仕事に使うのはもちろん、お菓子や書類に一言メッセージを添えるのに便利なので、引き出しに常備していたんです

スリーエム伊藤優理さん(以下伊藤さん):
そのサイズの製品は、目印としてもちょっとしたメモとしても使えるので、日本で人気がありますね。アメリカでは、75mm×75mmの大きな正方形タイプが一番人気です。カラーも、日本ではパステル系が好まれますが、欧米では蛍光カラーが人気など、国によって違いがあります。

ガイド:
海外では鮮やかな色と大判サイズ、日本では優しい色と使いやすいサイズ感が好まれるんですね。

伊藤さん:
そうなんです。日本人は小さい枠のなかにきちっと文字をおさめて書きますが、アメリカだと75mm×75mmのサイズに「Thank you」と一言大きく書く、といった使い方をしていますね。日本では、漢字を書くために細いペンを使うことが多いので、ベースの付せんは淡い色の方が読みやすいということもあるのかもしれません。

ガイド:
なるほど。そんな違いがあるんですね。日本は、付せんの種類やデザインもとても豊富ですよね。単なる目印ではなく、コミュニケーションツールのひとつとして活用され始めていると感じます。

伊藤さん:
そうですね。日本の文房具はバリエーションが豊富で、海外でも注目されています。ちょっと変わった付せんなどをお土産として持参すると喜ばれますよ。

ガイド:
ギフトとして活用するアイディアは、日頃のコミュニケーションでも役立ちそうですね。簡単なラッピングをしたものを用意しておけば、ちょっとしたお礼として使えそうです。シンプルなデザインのものなら、男性にも喜ばれそうですし。

>>ワンランク上の付せんの活用法をご存知ですか?