写真の明るさを調節する、<露出補正>機能


swallow1

未補正で撮影。早朝の暗い時間のため、全体が暗く写っています。陽の出の雰囲気が出ていますが、鳥をメインに撮りたい場合は、露出補正で画面を明るくできます


画面全体の明暗を調節する<露出補正>という機能があります。

1ページの説明のように動物が黒っぽく写ってしまうときなどは、<露出補正ボタン>で露出をプラスにすれば画面は明るくなり、失敗を防げます。プラスの数字が大きくなればなるほど、明るく写せます。逆に画面が明るく白くなってしまうときは、露出をマイナスにするだけで明るさを抑えて写すことができます。

swallow2

露光補正でプラスに調節。鳥が明るく写りました


なお、カメラの機種によりダイヤルで調整するもの、ボタンで調節するものなど様々なので、詳しくはマニュアルの「露出補正」の欄を参考にしてください。

camera2

露出補正ボタン

この機能は、ファインダーを覗きながら押せる位置にボタンがついていないので、いったん画面から目を離さなくてはなりませんが、シャッター速度や絞り、ISO感度など面倒な操作で調節する必要がなく、手早く明るくしたり暗くしたりできる、便利な機能です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。