10月8日、ファーストリテイリング<9983>は、2015年8月期の決算短信を発表しました。売上高1兆6817億円、当期利益1173億円と過去最高の業績でした。ところが翌営業日、株価は大きく下げてしまいました。(TOPIXは上げているのに)

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

EPSが増加トレンドにあるファーストリテイリング

過去からの大きな流れを見てみましょう。

下の図は、ファーストリテイリングの1株当たり当期純利益(以下、EPSと言います)に20を掛けた金額の推移を棒グラフにしたものです。(ここでは「バリューチャート」と呼びます。)1997年から2015年までの推移を表示しています。

【図1undefinedEPS×20の推移】

         【図1 EPS×20の推移】



このグラフを見ると、ファーストリテイリングのEPSは増える年もあれば減る年もあるけれど、大きなトレンドとしては増加してきていることがわかります。
日本経済が停滞してきたこの20年の間に、これだけEPSを増やしてきた企業もあるんですね。どうせ投資をするなら、業績が停滞している企業よりも、このような増収増益を続けている企業に投資したいものです。